Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

荷風がいかに成島柳北という人を敬愛していたか。
例えば荷風の父親の墓は雑司ヶ谷の墓地(木山捷平が一時期その近くに住んでいて何度も散策していた場所ですね)にあるのですが、そこに成島柳北の墓があることを昭和2年に知り、それ以降、荷風は正月になると必ず雑司ヶ谷に行き、父親とともに柳北の墓に手を合わせています。書けば切りがないのですが、例えば昭和3年1月2日の『日乗』。

自動車を倩ひて雑司ヶ谷墓地に往き、先考の墓を拝して後柳北先生の墓前にも香華を手向け...


柳北の墓が雑司ヶ谷墓地にあることを知って荷風が始めてそこに行ったのは昭和2年1月2日のことですが、興味深いのはその前日の元日の日記。こんなことが書かれています。

燈下柳北の硯北日録蔓延元年の巻を写して深更に及べり


実は荷風は大正15年(12月から昭和元年)の暮れから昭和2年の1月にかけて柳北のいろんな日誌を、まさに写経のように筆写していました。このとき『航薇日記』を写したかどうかはわかりませんが、川本さんの『荷風と東京』によれば、丸谷才一は荷風の『断腸亭日乗』の文体は柳北の文体に倣っていると喝破したとのこと。柳北なくして『断腸亭日乗』はありえなかったんですね。

荷風が成島柳北の『航薇日記』を写したことが『断腸亭日乗』に書かれているのは、実は岡山にやってくる前年の昭和19年の暮れ。写したばかりだったんですね。残念ながら荷風が写したものは翌昭和20年3月10日の東京大空襲で焼失してしまうのですが。

十一月十六日
成嶋柳北の航薇日誌を写す。この紀行は花月新誌に連載されしことあれど柳北当時の手澤本とを校合するに異同甚多し。もと今戸に住みたりし医師磐瀬氏の家には柳北が手澤本より筆写せし良本あり。過日この良本を借り得たればまた一部を写し置かむと思へるなり。


十一月廿一日
柳北の航薇日誌三巻を写し終りぬ。余が始てこの遊紀をよみしは明治三十年比岸上質軒の編輯せし柳北全集の出でし時なり。今その原本を筆写するに臨み新に感じたることは、全文にみなぎりし哀調しみじみと人の心を動かすものあり。又紀中に現来る人物奴僕婦女に至るまで温厚篤実なりしことなり。過去の日本人の情愛に富みたりし事はアルコツクの著書にも見えたる事なり。今日戦乱の世にあたりて偶然明治初年の人情を追想すればその変遷の甚しき唯驚くのほかはなし。明治以降日本人の悪るくなりし原因は、権謀に富みし薩長人の天下を取りし為なること、今更のやうに痛歎せらるゝなり


この時期、荷風は運良く『航薇日記』の原本から写した本を手に入れたんですね。これを写しているときに、まさかその8か月後にこの『航薇日記』の舞台となっている場所に来ることになるなんて夢想だにしなかったでしょう。
11月20日の『日乗』には荷風のこんな感想が書かれています。

全文にみなぎりし哀調しみじみと人の心を動かすものあり。又紀中に現来る人物奴僕婦女に至るまで温厚篤実なりしことなり。


荷風は、柳北が岡山の地で接した「温厚篤実」な人々に実際に触れることになったわけです。

ちなみに、『航薇日記』の「薇」は岡山の昔の地名である吉備、あるいは備前、備中。備後の「備」のことなのですが、柳北は「薇」の方を好んで使い、このあたりの別の地域名である「山陽」と合わせて「薇陽」と表現しています。荷風が『日乗』の中で岡山を「薇陽(ときどきは黄薇)」と表現しているのは柳北にならっているのですね。

このあたりのことは荷風が隅田川のことを「濹」という字を使って表現したことにもつながります。荷風の『濹東綺譚』の「作後贅言」にはこんなことが書かれています。

幕府瓦解の際、成島柳北が下谷泉橋通の賜邸を引払ひ、向島須崎村の別荘を家となしてから其詩文に多く濹の字が用い出された。それからあまねく濹字が再び汎く文人墨客の間に用いられるやうにんつたが、柳北の死後に至つて、いつともなく見馴れぬ字となった。

で、荷風はその字を借りて、隅田川の東の地域を「濹東」と表現したんですね。

荷風の『濹東綺譚』といえば、もう一つ印象的な場面があります。小説の冒頭で、主人公である「わたくし」が「土手下の裏町」で、ある古本屋に立ち寄ります。そこで古本屋の主人が「わたくし」にこう問いかけます。

「檀那、花月新誌はお持合せでいらっしゃいますか。」

これに対して「わたくし」は即座にこう答えます。

「持っています。」

「花月新誌」は成島柳北が創刊した雑誌。『航薇日記』はそこに5年間連載されていたんですね。「わたくし」に即座に「(花月新誌を)持っています」と答えさせていることで、「わたくし」が成島柳北のファンであることを示しているんですね。わかる人にはわかるでしょ、って感じでしょうか。
この冒頭の部分、あるいはその題名の「濹」の字のことを考えると、『濹東綺譚』は明らかに成島柳北に捧げられたものになっています。

その柳北と荷風が、二人だけのキーワードのように使った「薇陽」という岡山を表す言葉。個人的には心から大切にしたい言葉になりました。実は数年前、始めて『断腸亭日乗』のこの部分を読んだときには、この「薇陽」という言葉が岡山の地を表す言葉だなんて、全く気づきませんでした。

ちなみに成島柳北が『航薇日記』で最初に「薇陽」という言葉を使っているのは、なんと姫路から舟で岡山に入り、ちょうど牛窓の港に着いた日でした。「薇陽」という言葉は牛窓で生まれていたんです。

薇陽ハ風景播州よりも勝りたるところ多し

[PR]
# by hinaseno | 2013-04-08 11:43 | 文学 | Comments(0)

平松さんの果樹園(晴耕園)のある丘の麓に到着した荷風。三門の家からは2時間くらいかかったとのこと。朝10時過ぎに出発したとのことですから、着いたのは昼過ぎくらいですね。で、ここから丘に登ります。

こゝより羊腸たる石径を登ること三四丁。平松氏の家に達す。石径に沿ひ其果実を紙に包みし果樹林をなしたり。


くねくねとした石の道。石段とかがあったんでしょうか。歩いた道のりが「三四丁」ということなので数百メートル。おそらく丘の高さは数十メートルだったはず。でも、そこから荷風はこんな風景を眺めています。

階除の花壇に立つに渺茫たたる水田を隔てゝ左方に岡山の市街を望み、右方に児島湾口の連山、...


岡山市の市街が見えるのはわかります。それから児島湾口の連山、これはおそらく金甲山などの山でしょう。でも、びっくりするのはそのあと。

牛窓の人家を見る。


いくらなんでもこの場所から直線距離で30km以上ある、いくつもの山の陰に隠れているはずの牛窓の、しかも人家が見えるなんてちょっと考えられません。仮に1000メートルくらいの高さの山があっても無理なはず。荷風の行った日は秋のように爽やかに澄んだ青空が広がっていたにしても、その手前の西大寺のあたりを望むこともできなかったはず。
でも、荷風が僕の(そして川本三郎さんの)好きな町である牛窓のことを『断腸亭日乗』に書いていることが何よりもうれしかったです。荷風は牛窓という町のことを知っていたんですね。そして、荷風には牛窓が見えていたと思いたいですね。

それから荷風は平松さんから望遠鏡を借りてぼんやりとかすんだ小豆島を見ます。

園主旧式の遠目鏡を出し連山の彼方に烟の如く小豆嶋を見るべしとて、審に地理を説く。


その小豆島を見たとき(もしかしたら寒霞渓のことを平松さんから聞いたのかもしれません)、荷風はある人物のことを思い浮かべます。それはあとで。

さて、僕が辿り着いた妹尾の春辺山に、果たしてそのような風景が望める場所があるのか、で、できればそこには果樹を植えた畑があり、道は石段であれば間違いないのですが。

春辺山に登る道として教えられたのは、北の方から登って行く道でした。車でも通れそうでしたが歩いて登ることにしました。道は舗装されてはいましたが昔ながらの道。道の両脇には新しい家、古い家が混在していました。果樹を植えた畑もあちこちに見られました。晴れた日であれば本当に気持ちのいい丘。まさにその名前の通り、春のような野辺が拡がっていました。でも、遠くの風景が望めるような場所にはなかなか行きつきません。
とりあえず、ひたすら高い方を目指して登っていたら、驚いたことに山の頂上の手前で道がなくなってしまいました。目の前にあるのは家を建てるために削られた高さ5メートルくらいの崖。近くに登れそうな道も見当たらず、どうしようかと思いましたが、ここまで来て引き返すわけにもいかないので、その崖をよじ上りました。
a0285828_14412888.jpgで、登った場所はちょっと広い平地になっていました。遠くを望めそうな場所も見えてきました。その平地を歩いていると何かを発掘したような跡が。で、そこにはこんな案内板が。この山は地元に人からは「稲荷山」と呼ばれているとのこと。そして山の上には妹尾太郎兼安という人が築いた洲浜城という城があったんですね。後で調べたら妹尾太郎兼安は平家とのつながりが深く、源平の合戦にも平氏側の武将として登場しているのですが、倶利伽羅峠の戦いで敗れて木曽義仲に捕らえられています。その倶利伽羅峠の戦いで平氏を率いていたのが平維盛、荷風の書いた戯曲の主人公ですね。僕が白石橋のたもとの古本屋さんでたまたま手にとった荷風全集に載っていたものでした。

さて、看板のある遺構のわきには道が2つありました。南に向かう道と東に向かう道。南に向かうとどこまで行くかわかりませんでしたので、車の置いてある方向である東の道に向かいました。するとその道は途中から石段となり、突然、こんな風景が開けました。
a0285828_14415786.jpg

「左方に岡山の市街を望み、右方に児島湾口の連山」と荷風が書いているような風景。そばには果樹園もある。ここだって思いました。

でも、違ってたんですね。後で家に戻って確認したら荷風が行ったのは「妹尾」ではなく「妹尾崎」という場所。ここからは2kmほど北の場所にある丘でした(ここから見えた風景は荷風が見たものとほぼ同じだとは思います)。なんというミスをしてしまったんだろうと思ったのですが、あとでいろいろ調べてみて、これはあまりにも幸福な間違いでした。もし、7月のあの日、荷風がこの場所のことを誰かに聞いていたならば、あるいは荷風が書写したはず"あの本"を岡山まで持ってきてそれを読み直していたならば(実際にはそれは東京大空襲で偏奇館とともに焼失したのですが)、きっとこの場所まで足を延ばしたにちがいありませんでしたから。

その本とは、荷風が最も敬愛していた幕末の人物、成島柳北が著した『航薇日記』。
荷風は7月13日の日記にこう書いています。平松さんに望遠鏡を貸してもらい、遠くに小豆島を見たときのこと。

余小豆島の名を聞き成嶋柳北が明治二年にものせし航薇日記中の風景を想起して却て一段旅愁の切なるを覚えたり


でも、このとき、荷風は自分がいた妹尾崎の丘のわずか半里(2キロメートル)ほど南の所に成島柳北が滞在していたことを知る由もありませんでした。

旧幕臣である成島柳北は今から144年前(荷風がやってきたときの76年前ですね)の明治2年の秋に、この妹尾の地にやってきました。柳北が滞在した戸川成斎の陣屋があったのは、まさにこの丘のすぐ南の麓。丘の上の洲浜城はその戸川氏の城でもあったんですね。そのあたりの歴史的なことはこちらの方のブログをご覧下さい。で、柳北はもちろんこの丘に何度か登り、その周辺を歩いています。僕はそんな場所に行っていたんですね。

荷風も自分が敬愛する成島柳北が滞在していた地のすぐ近くまで行っていたことを、この2月後に、やはり運命的としか言いようのない形で知ることになります。でも、それらの話は「昭和20年7月の荷風」の物語からははずれてしまいますね。それについてはまた後日改めて。もしかしたらいきなり「明治2年10月、11月の柳北」というタイトルで始めるかもしれません。どれだけの人が興味を持ってくださるのか...。でも、荷風にとって運命的であったように、僕自身にとってもあまりにも運命的なことのように思えてならないことが続きました。

ところで先日示した7月13日のこの地図には、平松さんの果樹園のあった場所から、自分の歩いていない南に道を延ばして(でも赤い線が引かれています)「妹尾町」と書き、そのそばにこう記しています。

「柳北人生曽逝の地」

これはおそらく後でこのことを知って地図に書き足したんでしょう。もしかしたらそのときに彩色したのかもしれません。荷風の喜びが伝わってきます。
a0285828_1453851.jpg

[PR]
# by hinaseno | 2013-04-07 14:57 | 文学 | Comments(0)

白石橋を越えて向かったのは妹尾(せのお)という場所でした。荷風は白石橋を渡ってからの風景をこんなふうに描写しています。

倉づくりなる農家の立ちつづくあひだに清流盈〻たる溝渠の迂曲して通ずるあり。樹陰の桟橋に村の女の食器を洗ふあり。窓の下に繋げる田舟に児童の小魚を捕ふるあり。これ等田園の好画図は余のこの地に来つて初めて目にするところなれば徒歩のつかれを知らず。道を村媼に問ふこと再三。


a0285828_14425497.jpg荷風が書いている通り妹尾に近づくにつれて、あちこちで水路に出くわします。小さな橋がたくさんあって、歩いて渡るのにはいいですが、車では渡ることができず、何度も行き止まりになって、「村媼」ではなく、いろんな人に「道を問ふこと再三」でした。
でも、こんな水路を眺めていると、70年前の荷風が見た風景、つまり樹陰の桟橋で食器を洗う女性の姿や、窓の下に繋げる田舟で小魚を捕っている子供たちの姿が見えるようです。実際、このあたりのいろんな場所で子供たちの遊んでいる姿を見ることができました。

a0285828_14432166.jpgで、車で通れない道やら橋やらに出くわしては何度も何度も引き返して、ようやく平松さんの果樹園があったと思われる、妹尾の丘の麓に辿り着きました。これがその丘です。だいたい僕が前もってイメージしていた通りの高さの丘でした。地図にはこの山の名前は載っていないのですが、山の麓に住んでいる人に伺ったら春辺(はるべ)山という名前がついているとのことでした。昔の万葉集か何かの歌にも歌われてるとのことでした。後で戻って家にあった岡山文庫の『岡山の風物』の「妹尾」のところを調べたらこんな歌が載っていました。でも、残念ながら、だれが、いつ詠んだものかは書かれていませんでした。

煙に立つ春辺の里は古の 難波の御代の気色こそすれ


というわけで、僕は荷風が見たような風景が本当に見えるかどうか、この山に登ってみることにしました。実は結構大変でした。
[PR]
# by hinaseno | 2013-04-05 14:46 | 文学 | Comments(0)

荷風が平松さんの農園に行くまでに見た「薇陽」の風景。戦時中で、しかもつい数日前には直線距離で10kmも離れていない東の市街地周辺で激しい空襲があったとはとても思えないような、のどかな牧歌的な風景が描かれています。
そして、やはり荷風は川、そしてそこにかかる橋に目を留めます。

河流、堰、堤防、石橋等の眺望一ツとして画趣を帯びざるはなし。河は笹ケ瀬川と云。橋は白石橋と云。


白石橋。
荷風がこの日歩んだ場所でどうしても見ておきたかったのがこの橋でした。
本当は荷風の歩んだ道を行けばよかったのですが、荷風が歩いたはずの現在の国道162号線ではなく、途中までは少し北の国道242号線を通って行きました。
国道242号線を通って西に向かっていたら、笹ケ瀬川の手前のあたりにモールのようなものがあり、そこの一画に書店があったので、ちょっと立ち寄ってみました。実は岡山に戻っても新刊書店に立ち寄ることはめったにありません。立ち寄るのは古書店ばかり。

広い店内をぶらぶらと見ていたら、郷土関連の本を集めたコーナーが目に留まりました。当たり前のことではありますが、ネット上の書店や、あるいは姫路の書店では絶対に目にすることのない本ばかり。で、平積みにされている本で特に惹きつけられたのが小西伸彦著『鉄道遺産を歩く―岡山の国有鉄道』という本。発行は吉備人出版。吉備人出版といえば、このブログで何度も紹介した『瀬戸内シネマ散歩』を出版している所ですね。いい本出しています。カラー満載。著者の小西伸彦さんについても店の人にお墨付きを頂きました。

a0285828_90474.jpgちょっとその本を紹介すると、たとえば、荷風の地図にも描かれていて、一カ月後には荷風も乗っている吉備線(昔は何度か乗ったことがあります)の備前一宮あたりの写真。左の備前一宮駅は吉備線に残っている木造駅舎だったとのこと。でも2008年に取り壊されているんですね。それから備前一宮駅のプラットホームも、あるいは右のページの吉備線に一部残っている築堤も花崗岩で造られているとのこと。おそらくは近くの万成でとれたものなんでしょうね。へえ〜ってことが多いです。実家にある駅についても知らなかったような話が。いい本買いました。

本屋といえば。白石橋に到着して車を止める所を探していたら、橋を渡った所によく名前を知っている古本屋の本店が。まさかこんなところにあるなんて思いも寄りませんでした。というわけで、車をそこの駐車場にとめて、とりあえずは白石橋を見に行くことに。

a0285828_911051.jpgかなり車通りの激しい道にかかっている橋なので、残念ながら橋は荷風が渡った時のような石橋ではなく、コンクリートの橋になっていました。おそらくは元はその名と通り白色の花崗岩(御影石=万成石)で造られていたんでしょうね。橋名を記したものがどこかにないかと探したのですが、残念ながら見当たりませんでした。でも、まあ、この橋を今からほぼ70年前の夏の日に荷風が渡ったことだけは確か。

さて、白石橋を見た後、車を止めた古本屋さんへ。本はびっくりするほどいっぱい。でも、この後行かなくてはならない所もあるし、日も暮れかけ、天気も崩れかけ。ざあーっと見てたら『荷風全集』の端本がいくつか。手にとった一冊に「平維盛」が収められているのを発見。荷風が書いた歌舞伎の台本ですね。どうしようかなと思いましたが、いろいろ考えて結局やめました。
後で考えてみたら、たまたま手にとって、ぱらっと開いたページに「平維盛」があったというのも、すごく運命的な出来事でしたので、やはり買っておけばよかったかなと、少し後悔しました。

で、白石橋に別れを告げて、平松さんの晴耕園があった丘に向かいました。
a0285828_913266.jpg
[PR]
# by hinaseno | 2013-04-04 09:04 | 文学 | Comments(0)

荷風が昭和20年7月13日に向かったのは岡山市の西の庭瀬という場所の近くに住む平松という人の家でした。この日の日記の最後に小さな字で(昨日の引用では括弧をつけた部分)その住所が記されています。
「備前国都窪郡福田村妹尾崎晴耕園」。
現在の岡山市南区妹尾崎。平松さんはここに果樹園をもっていたんですね。
果樹園の名前が「晴耕園」。晴耕雨読の「晴耕」です。
こんな時代にこんな田舎に住む一人の老人のおそらくは小さな果樹園にこんな名前が本当についていたのでしょうか。なんとなく僕は荷風が平松さんの暮らしぶりを見て、果樹園の名前をあとで勝手に作ったのではないかと思っています。

荷風がなぜ平松さんの家を訪ねたかは日記に書かれている通り。
平松さんは荷風が空襲を受けたときに滞在していたあの弓之町の松月を営んでいた人だったんですね。おそらくは荷風に松月を紹介した池田優子さんに平松さんが妹尾崎に住んでいることを聞いて、宿が焼けて払っていないままになっていた宿代を払いに行こうと思ったんですね。空襲で焼けてしまったことや、その後の混乱状態のことを考えれば、別にあえて支払いに行く必要はなかったような気もします。平松さんが、荷風の生存を知り、そんなに遠くない所に住んでいることを知って宿代を催促してきたようにも思えません。きっと、まるで秋のようにさわやかに晴れ渡った青空を見て、散策のついでに行ってみようと思いついたんだと思います。

考えてみると、荷風が父も当時住んでいた岡山市弓之町にあった松月に滞在することになったのはいろんな意味で運命的な気がします。きっかけはその前に泊まっていた岡山ホテル(名前は一流っぽいのですが)の「食膳あまりに粗悪」だっために、耐えられずに池田優子さんに相談して松月を紹介してもらったんですね。
その松月を営んでいた平松さんがたまたま妹尾崎に住んでいた。荷風も平松さんも空襲で命を落とすことがなかった。空襲後、荷風が住むようになった三門も平松さんの住んでいた場所からそんなに遠くはなかった。もちろん荷風は散策することが好きだった。いろんな条件が荷風を運命の場所に運んで行くことになります。

ところで、荷風はこの平松さんに歌(俳句)を捧げています。
荷風が平松さんの家を訪ねて行ってからひと月あまり後の8月20日に(この間に終戦を迎えています)平松さんが荷風の滞在していた家にやって来て荷風と会っています。この日の日記の最後にこんな言葉が添えられています。

  果樹園の主人平松氏に贈る
 桃つくる翁めでたき齢かな  荷風


妹尾崎に住んでいた平松さん、あるいはその子孫の方々は、荷風によってこんな歌が贈られていたことを果して知っているのでしょうか。
[PR]
# by hinaseno | 2013-04-03 10:51 | 文学 | Comments(0)