Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「青い影」の「白い影」


ある方からいろんなアーティストのライブ音源を集めたCDRを送っていただきました。全てご自身が行かれて録音されたもの。その1曲目に収められていたのが大瀧さんの曲でした。タイトルが「別れのコラージュ」。

「別れのコラージュ」?

聞いたこともないタイトル。

このライブが行われたのは1980年12月16日。調べたら『A LONG VACATION』発売の3ヶ月前に行われたLET'S DEBUT AGAINと題されたライブ。


どきどきしながら曲を聴いたら聞き覚えのあるイントロが流れてきてすぐにそれが「スピーチ・バルーン」だとわかりました。歌詞も『A LONG VACATION』に収録された「スピーチ・バルーン」の詞とほぼ同じ。作詞はもちろん松本隆さんです。

ちなみに「スピーチ・バルーン」は大瀧さんが「スピーチ・バルーン」というタイトルで歌う前にスラップスティックが「デッキ・チェア」というタイトルで歌っていますが、そちらの森雪之丞さんが書いた歌詞とは全く違います。


ちょっと気になってネットを調べたら、このときのライブの音源がYouTubeに貼られているのがわかりました。




このYouTubeの音源はもう少し前のMCから収録されていて、そこで大瀧さん、こんな発言をしてるんですね。


次もバラードで、最初は「スピーチ・バルーン」ってタイトルで、そのあと「別れのコラージュ」っていうタイトルになりましたけど、どっちにするかいまだに迷ってる、っていうか決めかねております。アルバムを買ってお確かめいただきたいと思います。

ということで、このライブでは「別れのコラージュ」というタイトルで歌われたと。でも、歌い終えた後は「『スピーチ・バルーン』でした」って言ってますね。

それはさておきポイントは歌詞。さっき、『A LONG VACATION』に収録された「スピーチ・バルーン」の詞とほぼ同じだと書きましたが、実際違うのはただ一つの単語だけ。「スピーチ・バルーン」を聴き慣れた人であればすぐにわかります。それは曲の出だしの最初の言葉「白い影は人文字」。後にアルバムに収録された「スピーチ・バルーン」は「細い影は人文字」。「細い」が「白い」と歌われてるんですね。

YouTubeのコメント欄を見ると、こんなコメントが。


細い影は人文字~だろ!頼むよ。(^^♪


白い影は~ 歌詞間違えてますねw


こんなふうに歌われた歌詞の違いをすぐに”間違い”と判断してわざわざ指摘する人ってなんなんでしょうね。時系列的に考えればこちらのライブの方が先なのに。「w」をつけるのも死ぬほど嫌い。


とはいえ、僕も聴いた瞬間、時系列を忘れて、おっ、間違ってると思いました。でも、すぐにこれが『A LONG VACATION』発売前のライブであることを思い出して、歌詞を確認しながら聴きました。で、結局違っていたのは「白い」だけ。

大瀧さんのそれなりのファンであれば、松本さんが書いた詞を大瀧さんが”歌い間違えて”レコーディングしたものがそのままアルバムに収録されたというのがいくつもあることはよく知っているはず。実際にはただ単に歌い間違えたというよりは、歌いやすさを考えてか、あるいは場合によっては詞の内容に納得がいかなかったりしてのことだろうと思います。


で、この「白い影」のことを考えながら、数日聴き続けて、はっとあることに気がついたんですね。これってあれじゃん、と。

それはこの曲のイントロのアレンジ。基本的には『A LONG VACATION』に収録された「スピーチ・バルーン」とほぼ同じですが、ちょっとだけ違うというか、どこかで聴いたことのある曲のイントロに似ていると。なかなか出てこなくて、それがようやく今朝わかりました。

誰もが聴いたことのあるはずの、プロコル・ハルムのこの曲。邦題は「青い影」。原題は「A Whiter Shade Of Pale」。「White Shade」は「白い影」。




ということで歌詞間違いでもなんでもなく、あの段階では「白い影」という歌詞で歌われる曲だったわけです。果たして本来の松本さんの歌詞が「白い影」だったのか「細い影」だったのかはわからないけど。

さて、『A LONG VACATION』に収録された「スピーチ・バルーン」。歌詞が「細い」になったこともありますが、プロコル・ハルムの「青い影」っぽさは薄められています。おそらくレコーディングは終わっていたはずなので、ミックスの段階で「青い影」っぽい演奏をしていた楽器の音を外したのではないかと思います。

でも、ほんのりと残ってますね。「青い影」の「白い影」が。


[PR]
# by hinaseno | 2018-08-18 12:47 | ナイアガラ | Comments(0)

武蔵小山のアゲインの石川さんから、先日8月11日、石川さんの誕生日に行われた「マスターの自由自在 Vol.3」を録画したDVDを送っていただきました。

今回は、会場に来ていた人を呼び込んで話をする時間をこれまで以上に長くとられていたんですが、そのときのゲストとのやりとり(それを聞いている他のお客さんたちの様子を含めて)なんともいい雰囲気だったんですね。アゲインという場で石川さんが築き上げられてきたコミュニティの素晴らしさに感動すら覚えました。

今から11年前の2007年の暮れに行われた大瀧さん、内田樹先生、石川茂樹さん、そして平川克美さんとのトークで、その年の3月に店を始めたばかりの石川さんに司会の平川さんから「どうですか? アゲイン」と訊かれて、石川さん、こう答えられてたんですね。


地元っていうキーワードが出てきたの。地元の人たちが、なんかいい感じでここを使っていただけるというのがあるんで、これをもうちょっと伸ばしたいなっていう気がしているんですけれど。

このときから10年たって、アゲインでイベントをし続けられている人たちとのトークをしながら、きっと石川さんもご自分のされてきたことは間違いなかったという確信のようなものを抱かれたはず。

で、石川さんがそんな感慨に浸っているはずの状況で登場されたのが平川克美さん。主役の石川さん、あるいはアゲインとそこに集う人たちのことを賞賛とまではいかなくてもそれに近いような言葉を期待していた石川さんを見事に裏切るような言葉のオンパレード。会場は爆笑に次ぐ爆笑。石川さん「呼ぶのを間違った」と言ってましたが、正直言えば、僕としてはこれぞ期待通りの平川さんでした。

ってことでその平川さんの話のとりわけよかったところを貼っておきます。平川さんってほんとうに類まれなエンターテナーですね。

これがその1。



で、こちらがその2。楕円の話が出てきます。



「ショボクレた店」「ショボクレたコミュニティ」って表現が最高ですね。石川さんの複雑な表情がなんとも笑えます。

ところで「ショボクレ」といえばクレイジー・キャッツの「ショボクレ人生」。先ほど紹介した2007年のトークで、アゲインの話の前に大瀧さんが「ショボクレ人生」の話をしています。ってことで「ショボクレ人生」を。




[PR]
# by hinaseno | 2018-08-16 14:28 | 雑記 | Comments(0)

喫茶余白


今日から9月2日までの3週間、神戸の外れの小さな海街、塩屋の、海の見える駅から10分ほど歩いたところにあるジャンクションカフェ(784JUNCTIONCAFE)で、喫茶余白が始まります。ジャンクションカフェの店主の方が夏休みをとられるこの期間、店主が余白珈琲さんになって珈琲店を開くというイベント。余白珈琲さんたち、塩屋に移ってまだ数ヶ月しかたっていないけど、すっかり身内になっているようです。

営業時間は15:00~21:00。夕暮れの時間ですね。近くに住んで入れば毎日でも行くのだけど。季節も、時間も、場所も何もかも最高。そして美味しいコーヒー。たまらないですね。

ああ、そういえばその喫茶余白で食事を用意されるのがshizuka gohanさん。実は彼女、前回塩屋に行ったとき、たまたま余白珈琲さんの家で一緒になった人です。そのときにはまだ京都に住まわれていたんですが、この8月に塩屋に引っ越されたそうです。いろいろと縁を感じますね。彼女との再会も楽しみです。


ところで一週間前に余白珈琲の大石くんから、喫茶余白に添える音楽を考えてほしいというなんとも嬉しいメールをもらいました。テーマは「昼下がりから夕方に、コーヒーを飲みながら聴きたい音楽」。

ぜひぜひということで引き受けましたが、かなり難航。当初はCD1枚にする予定でしたが、結局「昼下がりから夕暮れに聞く」side-Aと、「日が沈んでから閉店まで聞く」side-Bの2枚作りました。どっちに入れたっていい曲がいくつもあるけど。

基本的には静かな会話や読書、あるいはぼんやりの邪魔にならない音楽(ほとんどが古い音楽ばかり)を選びましたが、ふと我に返ったときに耳に入って「おっ」と思ってもらえるような曲であればいいなと。


ところで今日は水曜日。台風の影響でこちらも雨が降ったりやんだり。今、雨雲を確認したら塩屋のあたりにもうっすらと雨雲のようなものがかかっています。もしかしたら初日は雨のウェンズデイになるかもしれないね、と言ってたんですが、どうやらそうなるのかもしれません。

その「雨のウェンズデイ」を入れようかどうしようかといろいろ考えて、結局やめて、かわりに同タイプの「Water Color」のカラオケ・バージョンを入れることにしました。こちらも雨の歌だけど、降る雨の量がちょっと少ないかなと。


さあ、今は2時。あと1時間でスタート。最初にジャンクションカフェの扉をたたくのは誰だろう。

a0285828_14094943.png


[PR]
# by hinaseno | 2018-08-15 14:11 | 塩屋 | Comments(0)

山の向こうへ


今日もまた松本穂香さんの話。でも、その前に、お盆の時期になると毎年必ず見ている映画を一昨夜見ました。

岩井俊二監督の『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』。

考えたらもう20年見続けていることになります。いろんな理由があるとは思いますが、宮澤賢治の『銀河鉄道の夜』が入り込んでいるのも大きな要因なんでしょうね。

『LOVE LETTER』と出会って以来ずっと岩井監督のファンであり続けているんですが、この『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』と『LOVE LETTER』は特別。REMEDIOSというアーティスト(麗美のこと)による音楽も素晴らしいし。


で、ちょっとだけ古い話になるんですが、その岩井監督が大絶賛した若い女性の映画監督がいました。で、4月に放送された『情熱大陸』でその人を特集したんですね。岩井監督がぜひ見てとツイートしていたので録画して見ました。


監督の名は松本花奈さん。なんとまだ20歳。

『情熱大陸』が取材していたときに松本花奈さんがちょうど撮影していたのが3月にフジテレビで放送された『平成物語』という番組でした。実はその『平成物語』に主演していたのが松本穂香さんだったんですね。

ちょうど3月のライブで世田谷ピンポンズさんが歌った「すみちゃん」で松本穂香さんのことを知って、彼女のInstagramを見るようになった頃に彼女が撮影していたのが『平成物語』でした。それが放送されるときに録画しようかと思ったんですが、結局録画しなかったんですね。監督が松本花奈さんだとわかっていたら録画してたんだけど。


ただ、昨日ふと録画していた『情熱大陸』を見たら松本穂香さんがちらっと映っていたんですね。『平成物語』は『情熱大陸』と局が違うのでドラマのシーンは流れなかったんですが、撮影したシーンを松本花奈さんがチェックしている場面が少しだけ流れて、そこに自転車の後部座席に乗っている松本穂香さんが映っていました。

a0285828_12370549.jpg


さて、その松本穂香さんが主演している『この世界の片隅に』の第5話が一昨日放送されたんですが、その放送後に彼女の歌う「山の向こうへ」という曲が配信されたんですね。ピンポンズさんのツイートで知って、早速ダウンロードしました。作曲は久石譲さん。これがいい曲なんです。松本穂香さんの声もいいし。ちなみにこれがレコーディングしている松本穂香さん。

a0285828_12381406.png


最後に、その松本穂香さんが3日前の8月11日にこんなツイートをしました。

a0285828_12392299.png


すごいね。まちがいなく大きな流れが来ています。


[PR]
# by hinaseno | 2018-08-14 12:39 | 音楽 | Comments(0)

このところ、あれやこれやのためにいろいろと考えたり、何かを作ったりする日々が続いています。声をかけていただけるというのはうれしいこと。


さて、今日は8月11日。

8月11日といえばアゲインのマスター石川さんの誕生日。その誕生日にアゲインで行われるのが「マスターの自由自在 Vol.3」。さて、今回はどんな話を用意されているんでしょうか。スケジュール表の紹介には「内容は開催日がヒントです」と書かれています。昨年5月、武蔵小山の商店街を石川さんと高橋和枝さんと一緒に歩いたときに、立ち寄ったカフェで石川さんが語られたのがこの言葉でした。


「古関裕而は誕生日が僕と同じ8月11日で、人に言うとたいてい『へえ~』で終わっちゃうんだけど、これは僕にとってすごいことなんだ」

ってことで今日のイベントでは「へえ~」で終わらないことが語られることになりそうです。楽しみですね~(プレッシャーかけたでしょうか)。

で、この日のために僕もあるものを作りました。全部で39人分。お近くの方、あるいはお時間がある方はアゲインに行ってみてください。

Open:15:00 / Start:16:00、入場料1,000円とのことです。


話はころっと変わって。

最近はこのブログに何か願いことを書いたらその願いが叶う、ということが何度も起きているんですが(今年は特に多い)、またひとつ願いが叶ったんですね。

先月16日、世田谷ピンポンズさんの新しいアルバムが出るとわかったときに、こんな願いごとを書いていました。


松本さんをモデルにした「すみちゃん」も今回のCDに収録されることになったので、ぜひ松本穂香さんの耳に届いたらと思っています。

で、一昨日、「耳に届いたら」どころではない話が入ってきたんです。なんとあの松本穂香さんが『喫茶品品』へのコメントを寄せられたんですね。こちらがP-VINEの告知。一応そのコメントを貼っておきます。


懐かしいような新しいような…世田谷ピンポンズさんの曲は
ワクワクするメロディから始まる素敵な曲ばかり。
とくにすみちゃんは私にとって大切な曲になりました。
皆さんにもぜひ聴いて頂きたいです。
女優 松本穂香

いや、すごいですね。今年の3月、世田谷ピンポンズさんのライブで「すみちゃん」という松本穂香さんをモデルにして書いた曲を聴いてから、ぜひその曲のことを松本穂香さん本人に知ってもらいたい、聴いてもらいたいと思っていたので、なんだか自分のことのように嬉しいです。


それにしても松本穂香さんという女優には縁を感じずにはいられません。

もともとドラマなんか全然見ないので最近の俳優もアイドルも全然知らないのに、ピンポンズさん経由で松本穂香さんのことを知ったら、不思議なほどいろんなものが繋がってきたんですね。

改めて整理してみると、きっかけはNHKの朝ドラ『あまちゃん』の能年玲奈さんですね。姫路の木山捷平研究の一番のポイントであった「南畝町(のうねんちょう)」のことをいろいろと調べていく中で「南畝」という変わった地名つながりで能年玲奈さんのことを知り『あまちゃん』を見るようになります。

で、その番組には大瀧詠一エッセンスがいろいろとつめこまれていることがわかってくるんですね。ドラマで使われていた松田聖子のポスターは「風立ちぬ」のときのもの。さらに大瀧さんが曲を提供した2人のアイドル、薬師丸ひろ子と小泉今日子が出演。

僕がとりわけ惹かれたのは小泉今日子の娘時代の役をしていた有村架純さんだったんですが、その有村さんを主演にしたNHKの朝ドラが『ひよっこ』。そして『ひよっこ』で「すみちゃん」の役をしたのが松本穂香さん。松本さんは『あまちゃん』を見て女優を目指したそうです。

その松本穂香さんが、能年玲奈さんが声を演じた『この世界の片隅に』の「すずさん」役をテレビドラマでするようになる。世田谷ピンポンズさん経由で松本さんのことを意識してまもなくのことでした。

『この世界の片隅に』がテレビドラマ化されるとわかったときに、主演の「すずさん」は能年玲奈さんしかいないと多くの人が思ったように僕もそう信じていました。でも、結局、3000人のオーディションで選ばれたのが松本穂香さん。これを縁と言わずしてなんと言おう。

その『この世界の片隅に』も4回目が放送されました。「すずさん」の声は能年玲奈さん以外に考えられなかったのに、今ではすっかり松本穂香さんの声に馴染んでしまいました。


実はその3回目を見ていたときに、びっくりすることに気がついたんですね。それは闇市へ砂糖を買いに行った「すずさん」が道に迷ってある街に入り込んだ場面。それは実は遊郭街なんですね。

ちなみにアニメの映画ではこんなシーン。

a0285828_13141857.png

a0285828_13143072.png


その街がドラマでドラマで映ったときに、遊郭に惹かれる僕としてはどこで撮影されたんだろうと考えたんですね。このシーンです。

a0285828_13144512.jpg

a0285828_13145706.jpg

a0285828_13150324.jpg

映り出された町並みを見ていて、はっと。見たことあるぞと。

『ALWAYS 三丁目の夕日』が撮影された岡山の西大寺の五福通り。確認したらやはり。車で15分くらいで行けるところに松本穂香さんが来ていたとは。あそこは商店街で遊郭はなかったはずだけど。

ちなみにこれは5年前に五福通りに行ったときに撮った写真。

a0285828_13151865.jpg


上に貼ったドラマの写真の一番最後のカットを撮影したちょうど反対側から撮っていました。

今度行ってみよう。松本さんが何かにサインとかしてないかな。


ところでP-VINEのページに貼られているこの「カーニヴァルの晩」のミュージック・ビデオ最高ですね。

お盆を持った踊り、覚えなきゃ。




[PR]
# by hinaseno | 2018-08-11 13:18 | 音楽 | Comments(0)