人気ブログランキング |

Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

2019年 05月 22日 ( 1 )



最初にうれしい話を二つ。実はびっくりするようなすごい方から過去のブログに関するコメントをいただいたんですね。ブログやっててよかったなあと心から思いました。たいしたブログではないんですが、時々そんな奇跡のようなことが起こります。

それから山本善行さんと清水裕也さんの『漱石全集を買った日』の増刷が決まったそうです。こちらもとてもうれしいニュース。一人でも多くの人にあの本が届いてほしいです。


さて、ころっと変わって、こんな歌から。


朝起きてラジオのスイッチを入れて
波の状態をチェック
サーフィンに行けるかどうかを知るために
するとDJが今日はサーフィンをするにはもってこいの日だと教えてくれる
彼女と僕が今日もいい1日を過ごせるってこと
さあ、サーフィンに出かけよう

これはビーチ・ボーイズの1961年のデビュー・シングル「サーフィン」の歌詞。

ハワイを舞台にした村上春樹原作の映画『ハナレイ・ベイ』を見ていたら、その日の波の状態をDJが語っているシーンが出てきて、この「サーフィン」の歌詞のことを思い出しました。

いいですよね、朝、ラジオをつけてその日1日の過ごし方が決まるという生活。サーファーになろうかな。


ところで今、僕がいちばん好きなDJはというと、実は村上RADIOでアシスタントをされている坂本美雨さん。坂本龍一、矢野顕子さんの娘さんですね。美雨さん、聞けば聞くほど好きになりました。最近は昼前に放送されている「ディア・フレンズ」をときどきエアチェックしてます。


さて、DJといえば、やはりラジオの深夜放送のDJですね。

これは『東京人』という雑誌の2011年3月号の表紙。特集は「青春のラジオ深夜放送」。

a0285828_15164453.jpeg

4人の人気DJの写真が並んでいますが、全員わかります?

僕は左上の野沢那智さんの顔を知りませんでした。右上が谷村新司。右下が愛川欽也。

で、左下。

マイクの前でドーナツ盤をくわえているあまりにも有名な写真。これは1967年の写真とのことですが、この人こそ、この写真の10年後の1977年に大瀧さんの「ゴー!ゴー!ナイアガラ」にゲストで登場した”ハワイ”出身のチブ・メーカーさんなんですね。

『東京人』のこの号にはもうひとつ、同じ時期のチブ・メーカーさんの写真がありました。この写真も最高ですね。

a0285828_15165664.jpeg

チブ・メーカー。正式な名前は亀渕昭信さん。チブ・メーカーって、亀渕(かめぶち)を逆から読んだだけのこと。ハワイ出身っていうのも、たぶんカメハメハ大王と「カメ」つながりというイージーな理由のはず。

まあでも、ハワイのK-poiという放送局が出したレコードの話をしていたので、亀渕さんの話に行くにはいい流れだなと。

そういえばいちばん驚いた「たまたま」の話といえば、「ゴー!ゴー!ナイアガラ」に亀渕さんがゲストに来た時、どれだけオールディーズに詳しいかを試すために大瀧さんが亀渕さんにぶつけたのが1959年6月のヒットチャートだったこと。K-poiができたのが1959年の5月だったので。


ところで『東京人』のこの号に載っている亀渕さんと秋本治さんの対談、亀渕さんラジオ愛にあふれているんですが、この中で亀渕さん、こんなことを言ってるんですね。


たとえば、どこにでもあるチェーン店のカフェもいいけれど、小さくて、あまり客は入らないけれど昔からの客がいて、その親父が息子を連れてきたり、その息子がまた成長して子供を連れてくるような町の喫茶店があるとしたら、ラジオはどちらかというと、後者を求めている。テレビや新聞と差別化するには、間口を狭く、深くしなければいけない。だから、昔も今も人気のある番組は、コアファンがいるし、とてもマニアック。


そうそうと言いたくなるところですが、この対談からすでに8年の歳月が流れて、ラジオ、とりわけ亀渕さんがずっと関わってきたAMのラジオの置かれている状況はさらに大きく変わっています。町の喫茶店が置かれている状況と同じく、かなり厳しい状況になっているんですね。そんな中で開かれたのがアゲインで行われた伊藤銀次さんと亀渕さんとのトークイベントでした。


by hinaseno | 2019-05-22 15:18 | 音楽 | Comments(3)