Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

2018年 03月 21日 ( 1 )


今日は雨のウェンズデイ


今日は、雨のウェンズデイ。

なんて書き出しで、書いている人が今日は多いんでしょうね。いや、場所によっては雪のウェンズデイのところもあるみたいだけど。


1981年の3月21日に『A LONG VACATION』が発売されたのをかわきりに、翌82年の3月21日に『ナイアガラ・トライアングルVol.2』、そして1984年の3月21日に『EACH TIME』が発売されたことから、いつしか3月21日はナイアガラの記念日になって、ある時期から3月21日には大滝詠一、ナイアガラ関係の作品が発売されるようになりました。

それは大瀧さんが亡くなってからも続いていて、今年は『夢で逢えたらVOX』と『EIICHI OHTAKI Song Book III 大瀧詠一作品集Vol.3「夢で逢えたら」』。残念ながら今日は届きそうにないので、『A LONG VACATION』のB面を聴き続けています。その1曲目が「雨のウェンズデイ」。松本隆さんが書いた詞ではこのアルバムの中で一番好きです。いや、松本、大瀧コンビの曲のすべての作品の中で一番と言っていいと思います。これほどに風景と心情を重ね合わせた詞はほかにない。


 壊れかけたワーゲンの
 ボンネットに腰かけて
 何か少し喋りなよ
 静かすぎるから

  海が見たいわって言い出したのは君の方さ
  降る雨は菫色 Tシャツも濡れたまま
  wow wow Wednesday

 哀しみにも慣れたね
 いつも隣りにいるから
 君はクスッと笑い顔
 とても綺麗だよ

  さよならの風が君の心に吹き荒れても
  ただぼくは知らん顔続けるさ だって今日は
  wow wow Wednesday

 昔話するなんて
 気の弱い証拠なのさ
 傷つけあう言葉なら
 波より多い

  海が見たいわって言い出したのは君の方さ
  降る雨は菫色 時を止めて抱きあったまま
  wow wow Wednesday

調べてみたら1981年3月21日は土曜日。例によって暇なので1981年以降3月21日が水曜日だった日を調べてみたら今年を含めて6回でした。一応並べてみると1984年、1990年、2001年、2007年、2012年、2018年。そのときどきでいろんな場所に住んでいたけど、この3月21日が雨のウェンズデイだった日は今年が初めてだったような気がします。貴重な1日。


ところで『ロンバケ』以降、大瀧さんのファンになった人であれば、必ずこの「雨のウェンズデイ」的風景を車で探しに行ったはず。僕も海沿いの道を車で走っては、おっ、ここは、て感じの場所を見つけては車を停めていたものでした。もちろんカーステから常備していた「雨のウェンズデイ」を流して。


ふと、松本隆さんはどこの場所をイメージしてこの詞を書いたのかと考えました。想像の風景だったかもしれませんが、もとになった風景はきっとあったはず。

そういえば松本さんの自伝的小説である『微熱少年』(1985年)に、雨のウェンズデイの詞のもとになったような場面が出てきたなと思って、久しぶりに読み返してみたらなんと実在する地名が。

それが出てくる場面を引用しておきます。


 菫色の雨が降っていた。
 霧のように細かい雨粒が、空中を漂いながら肩に舞い降りてきた。雲の切れ間から六月の太陽が顔を出すと、雨粒は水晶の粉をまぶしたようにキラキラと風に踊った。
 浅井にせがんで借りた、スバル360のまるいカーブのついたボンネットは、鏡のように流れる雲を映してた。ドアに寄りかかって、ぼくは海を見ていた。水滴がはりつき、何も見えなくなったサングラスを外して、Tシャツのネックに吊した。
 長者ヶ崎の駐車場には、数台の車がパーキングしていたが、人の影はなかった。

車はワーゲンではなくスバル360ですね。スバル360はフォルクスワーゲンのビートルをもとにして作られているので形はよく似ているけど、「壊れかけたスバルの」ではちょっとイメージが壊れちゃいます。

『微熱少年』ではこのあと「ぼくのTシャツの肩は雨で濡れて黒ずんでいた」という言葉も。まさに「雨のウェンズデイ」の世界がここにあるんですね。


さて舞台となっている長者ヶ崎。知らない地名でしたが、パソコンってパッと調べられて、パッとその場所の風景を見れるから本当に便利。

場所は神奈川県の三浦半島の西側の海岸。三浦半島といえば池澤夏樹の『スティル・ライフ』に出てきた雨崎もありましたね。名前的にはそっちの方が「雨のウェンズデイ」っぽいけど。

とりあえずネット上から長者ヶ崎の駐車場の写真を一枚。ワーゲンが停まっている写真は残念ながら見つかりませんでした。

a0285828_14263359.png

この場所、夕日を見るのには絶好の場所みたいですね。天気がいいと富士も見えるようです。


[PR]
by hinaseno | 2018-03-21 14:30 | ナイアガラ | Comments(0)