Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

2018年 02月 10日 ( 1 )


一杯の珈琲の物語@尾道


前々回、時宗の話になったので、時宗つながりで。

時宗といえば、この常称寺という寺。

a0285828_13141101.jpg


場所は尾道。この寺の写真、以前貼っていたような気がしたんですが、調べたら貼っていなかったですね。


ここを訪れたのは2年前の2016年9月10日。

その日、僕は日が暮れるまで『東京物語』のロケ地(探していたのは「とみ」と「しょうじ」の墓でした)を歩いて、で、夕方から始める世田谷ピンポンズさんのライブが始まるまでどこかで時間潰しをしようとライブ会場である弐拾dBという古本屋さんの近くをぶらぶらしていたらいい感じの寺が見つかったので、そこで腹ごしらえをすることにしたんですね。小さな境内の観音堂の廊下に座っておにぎりを食べながら本堂を眺めていたら「時宗」というのが目に入ったわけです。

あっ、時宗だと。


一遍、時宗、踊念仏好きで、お寺巡りをするのも好きだったんですが、時宗の寺を訪れたのはたぶん初めて。しかも例によって”たまたま”。

家に戻って調べたら尾道には時宗の寺がたくさんあることがわかって、なかでも『東京物語』の中で香川京子さんが歩くシーンとして使われた場所のすぐそばに西郷寺というあまりにも素晴らしい時宗の寺があることがわかって、どうしても見たくなってひと月後に訪ねたんですね。その時のことはこの日のブログに書いています。あいかわらず「縁」って言葉を使っています。

僕にとってはいろいろと縁がありすぎる大好きな海街、尾道で、「無縁」の原理を身につけている時宗の寺に出会ったというのもなんとも楕円的というか楕縁的な話。


楕縁的な話といえば、余白珈琲さんたちは備前の福岡にある長船駅で別れた2日後、旅の最後に尾道に立ち寄ったようです。そのときのことが少しInstagramに書かれていましたが、これがとびっきり素敵な話だったんですね。


もともと余白珈琲さんたち2人は岡山で一泊、今治で一泊して大阪に戻る予定だったらしいんですが、ふと思いついて予定を変更して尾道に一泊することにしたようです。もしかしたら立ち寄るかもしれませんとは言っていたけど。

そう、彼らは尾道の弐拾dBに行ったんですね。ただその日は平日。弐拾dBさんの平日の営業時間は深夜の23:00から27:00。ということで余白珈琲さんたちが弐拾dBに行ったのは深夜。

確かその日はすごい寒波が日本を襲ってきていて、元病院をそのまま使っている弐拾dBさんは普通でも冬は寒そうだけど、その日はとんでもなく寒かったはず。でも、だからこその暖かい物語というのが生まれたようです。


店内にいたのは弐拾dBの店長さんと余白珈琲さん2人とたぶん数人の客。みんなでストーブを囲んで小さな声で話をする。それぞれの現在のこと、将来のこと。もしかしたら世田谷ピンポンズさんの話も出たのかもしれません。

ふと、大石くんはカバンの中にほんの少しだけ珈琲豆が残っていることを思い出します。たぶん旅に出る前にはきっとカバン一杯に珈琲豆を入れていたはずですが、あちこちでいろんな形で”贈与”したり(僕もいただきました)、ときには自分たちで飲んでいるうちにほとんどなくなってしまったんですね。でも、ちょうど一杯分だけ残っていた。残していたのか、たまたま残っていたのかはわからないけど。

その一杯分の珈琲豆を挽いて、ストーブの上のやかんの湯を注いで一杯の珈琲を入れて、ストーブを囲んだ人たちみんなで回し飲み。そしてまたそれぞれの”答えのない”話を続ける。


いや、うらやましくなるような物語です。

いくつもの「たまたま」や、ふとした思いつきのようなことで生まれた物語だとは思いますが、こういう素敵な時を作れるというのもやっぱり「縁」なんでしょうね。

そういえば弐拾dBさんがこのときの写真をツイートしていたのでちょっとお借りします。

a0285828_13155564.png


よく見ると大石くんの着ているのはビートルズのトレーナー。

ドリッパーもテーブルも真円ですが、なんとも楕縁的な風景。一遍さんもきっとニコニコしていることでしょう。


楕円的というか楕縁的といえば、昨日、松村圭一郎さんがミシマ社の三島さんと対談されたそうなんですが、場所がなんと福岡だったんですね。岡山(備前)の福岡ではなく九州の福岡。

タモリさんもブラタモリで言っていたように九州の福岡の地名の由来は備前福岡。松村さん、岡山の福岡のこと、話されたでしょうか。


[PR]
by hinaseno | 2018-02-10 13:18 | 雑記 | Comments(0)