Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

牛窓暮色(その5)


昨日の夕方、ちょこっと牛窓に行ってきました。いくつか確認したい場所があったので。暮色までの時間はいれなかったけど。

その話の前に、ひと月前に牛窓に行ったときに撮った写真をもう一枚。『港町』に倣ってモノクロで。

a0285828_13043474.jpg


牛窓にはいい路地がいくつもありますが(まだ歩いたことのない路地もいっぱい)、ここは一番好きな路地の奥の方。牛窓で最もディープな感じの場所といってもいいかもしれません。古い街並みが続くしおまち唐琴通りから入るんですが、何度行ってもどこから入るんだっけ、となります。

で、昨日、そのしおまち唐琴通りからこの場所までの風景をビデオで撮ってきたのでそれを貼っておきます。途中、別の路地からおじさんが出てきて、ちょっと動揺しています。



ビデオに映っているように、この路地、突き当たりに階段があるんですね。それを登ると妙福寺というお寺があります。そのお寺には木蓮の木があって、3月末になるとそれを見に行ってます。

ここの一番の見所は、その階段の手前にある井戸。そこにいつもびっくりするくらい多くの猫がいるんですね。

でも、先月、久しぶりに行ったときにはそこに猫が一匹もいなかった。一体どうしたんだろうと。

ちなみに上に貼った写真はその階段の手前を左に曲がって山の上に登る坂道を撮ったもの。いい感じの坂道だったので、また今度来たときに登ろうと思っていたら、『港町』でまさにそこを登っていくシーンが出てきてびっくり。


ところでこの場所を見つけたきっかけのこと(以前書いていたような気がしましたが書いていなかったですね)。想田さんが牛窓でいろいろと撮影しているのを知った少し後、ニコニコ食堂のそばの小料理屋さんに行ったら、最近牛窓を舞台にした映画が撮られて、それが上映されたばかりだということを教えてもらいました。それが『晴れのち晴れ、ときどき晴れ』という映画。主演はEXILEの人ですがよく知りません。

DVDが発売されてすぐに借りて観ました。この映画、あのニコニコ食堂が舞台になっていてびっくりだったんですが、正直ストーリー的にはどうでもいいような映画(怒られる?)。

ただ、ひとつ印象に残った場所があったんですね。それが主演の白石美帆さんが座っていたこの石段のある路地。

a0285828_13052252.jpg


次にこの石段の上から下の路地を撮ったシーンも映りました。

a0285828_13054835.jpg


ここはいったいどこだろうと思って、この写真を持って小料理屋さんに行き、場所を教えてもらいました。

妙福寺というお寺の近くだと。でも、見つけるのは大変でした。で、ようやく見つけたらそこに猫がいっぱいいたんですね。20匹くらいはいたんじゃないかな。

a0285828_13063532.jpg

a0285828_13064802.jpg


そしてそこで撮った写真を一枚投稿しました。たぶんこの写真。

a0285828_13071295.jpg


そうしたらなんと想田さんからリプが来たんですね。「そいつ、知ってる」と。びっくりやら、うれしいやら。それがちょうど5年前のことでした。

でも、その猫たち、3年前に公開された『牡蠣工場』には出てこなかったんですね。


それが今回の映画では、しっかりと映っていました。あんなに多くの猫がそこにいる理由も。

その理由がよくわかっただけに、ひと月前に行ったときに猫の姿が全く見えなかったことが気になったんですね。もしかしたら何らかの事情で猫への贈与のラインが閉ざされる事態が生じたのではないかと。


というわけで今回、改めてその場所に行ったら、上のビデオに映っているように井戸のそばに2匹の猫がいました。少なすぎるけど。

しばらくその場にいたら、隣の家の、猫用に作られた通り道からこちらをのぞいている猫を発見。警戒しながらも大丈夫と思ったようで、一匹出て来たら、さらにもう一匹。どうやら家の中で贈与が行われているようでした。



ところで『港町』では、猫に餌を与えている人に「色々とトラブルがあるんじゃないですか」と聞いていたときに一人の女性がその場に登場します。女性の着ているジャンパーの背中には「DOG HUNTING」との文字。どきっとするけど、でも何だか笑えるシーン。映画館でも笑いが起きていました。

この女性の登場はもちろん偶然だったはずですが、最初に貼った坂道はまさにこの女性が登っていくことになるんですね。で、登って行ったところにあったのが、予告編でどこだろうと一番気になっていた場所でした。

ということでその坂道を登ってきました。


[PR]
by hinaseno | 2018-04-29 13:08 | 映画 | Comments(0)