人気ブログランキング |

Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

「木綿のハンカチーフ」をギターで演奏していた人は


今頃気づいてどうすんだ! 

って自分でツッコミを入れたくなってしまいました。これを書き始めて気がついたことなんですが、とりあえず順序立てて。

ここ数日、『夢で逢えたら』から離れて別のものを聴いていました。太田裕美さんのこの『こけていっしゅ』というアルバム。

a0285828_12485519.jpg


『こけてぃっしゆ』は、太田裕美さんの中で一番好きなアルバム。といってもCDになってから聴いたので(調べたら1991年)、かなりの後追いです。


アルバムが発売されたのは1977年7月1日。

1977年7月1日と聞いて、何か気がつく人がいるでしょうか。

実はこのアルバム、シリア・ポールの『夢で逢えたら』のアルバムとほぼ同時期に出ているんですね。シリア・ポールの『夢で逢えたら』のアルバムが発売されたのは1977年6月25日。『こけてぃっしゆ』が出たのはその6日後。これも最近気がついたことでした。それぞれに時代の先端というか、時代の縁(ふち)を行っていますね。


大瀧さんの『A LONG VACATION』や大瀧さんがA面をプロデュースした松田聖子の『風立ちぬ』のことを考えるときに、シリア・ポールの『夢で逢えたら』で行ったサウンドの実験や女性シンガーをプロデュースした経験が重要だったと同時に、作詞家である松本隆さんがこの時期の太田裕美さんのアルバムで様々な実験と経験を積んだことの重要性も絶対に押さえておかなければならないこと。とりわけ『こけてぃっしゆ』では、それまでの太田裕美さんの詞にはなかったリゾート感が出てきているんですね。

さらに筒美京平さんが書いた曲が、1曲の例外を除いて、とびっきり爽やかな曲調のものばかり。「恋愛遊戯」以外にもボサノヴァ調の曲がいくつもあって時代を完全に先取りしています。


ちなみに「1曲の例外を除いて」というのはアルバムの最後に収録された「九月の雨」。この中では一番有名な曲ですが、正直、このアルバムを好きな人はたぶんみんなこの曲を好きではないはず。僕もいつもその前の曲が終わったら針を上げます。


ちなみに一番好きなのはこの「自然に愛して」という曲。




ところで久しぶりに『太田裕美白書』を取り出して太田裕美さんによる『こけてぃっしゆ』の解説を読んだら、僕と同じ思いを書いていたのでびっくり。『こけてぃっしゆ』は太田裕美さんの中ではベスト3に入る大好きなアルバムで、一番好きな曲は「自然に愛して」。で、やっぱり「九月の雨」には違和感を感じていたと。


そういえばアルバムのA面1曲目のこの「夏風通信」、イントロがあの「海が泣いている」にそっくりなんですね。これも大好きな曲です。




さて、太田裕美さんといえばつい先日『きらり!えん旅~太田裕美 宮城・女川町へ~』という番組に出演されることがわかったので録画して見ました。震災・津波の被害を受けた宮城県の女川町を訪ねて行くんですが、そこの体育館のような場所でちょっとした小さなライブを開くんですね。

番組で流れたのは3曲。1曲目が「雨だれ」、2曲目が震災の前日にレコーディングしたという「金平糖」、そして3曲目が「木綿のハンカチーフ」。


曲の演奏は1曲目と2曲目は基本的に太田裕美さんのピアノの弾き語り。で、3曲目はギターのソロ演奏。太田裕美さんはハンドマイクを持って「木綿のハンカチーフ」を歌っていました。

そのときギタリストの名前が字幕で出たんですが、それを見て思わず、おっ!と叫んでしまいました。

a0285828_12501062.jpg



ギター:西海孝

西海孝さんといえば以前紹介したこのアルバムですね。

a0285828_12510028.jpg

全部の曲の作詞をされているのが関口直人さん。いや~、つながりますね。

これはアルバムの1曲「敵も味方も」の映像。西海さんの隣でギターを弾いているのが関口直人さん。




そしてこれはアルバムに収録された「父の言葉」を関口さん本人が歌ったもの。西海さんはそばでギターを弾いて、途中でハーモニーを入れています。




さて、ここまでの話でも十分にびっくりなんですが、久しぶりに今朝、その西海さんのCD(『空を走る風のように、海を渡る波のように』)を取り出して、クレジットを見たらなんと! 太田裕美さんの名前があったんですね。

a0285828_12521421.jpg


最後の12曲目の「祈り」という曲でハーモニーを入れているのが太田裕美さん。言われてみれば確かに太田裕美さんの声を最後にはっきりと聴きとることができます(『ロンバケ』の「FUN×4」で「散歩しない」というセリフを言っているのが太田裕美さんです)。西海さんは近年、太田裕美さんのサポートミュージシャンとしてずっと演奏されていたんですね。


それにしても日頃からクレジットはきっちりと見るのにどうして見落としたんだろう。「All lyrics written by 関口直人」と書かれている上に太田裕美さんの名前があるのに。


ちなみにこれが「祈り」という曲。

太田裕美さんが歌っているところを関口さんと相川理沙さんが歌っています。




by hinaseno | 2018-04-04 12:52 | 音楽 | Comments(0)