人気ブログランキング |

Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

"Autumn" by Kiyama Shohei


昨日紹介した木山捷平の「秋」という詩。なぜか急に英語に訳したくなったので、試しにやってみました。たいした英語力ではないのであしからず。英語力のなさを暴露するようなものですが、でも、何かの機会に外国の人が木山捷平に興味を持ってくれたときに読んでもらえたらと思いました。ひまをみつけて他の詩も訳していけたらと考えています。

まずは原詩を。


郊外の借家に
仲のよい姉妹(きょうだい)が故郷を遠くはなれて暮していた。

ある晩、私はその家を訪ねた。

柿と栗と
お茶と煙草とそして私達三人と――
四畳半の部屋はちいさな「幸福(しあわせ)」で一杯だつた。

いろんな話の末
――真赤にもえてゐる山の中へ帰つて見たいな。
――………………………………
――………………
と、みんなは田舎の山の美しさを想ひ
紅葉の間にのぞいた蒼空をなつかしんだ。
けれど、実は
汽車なんぞには乗れもしない「此の頃」だつた。

九時を過ぎて私はその家を辞した。

せまい玄関の入口に赤いダリヤが咲いてゐた。
二人は私を見送つてくれたついでに
その花をきつて土産にくれた。
ダリヤの花は夜露にしつとりと濡れてゐた。

道のほとりは畑であつた。
畑の上に半月が浮いてゐた。
ダリヤの花を右手にぶら下げた私は
後をふりかへりたいのを無理にこらへて歩いた。


そして英訳。

Autumn
                     by Kiyama Shohei

In a small rented house on the edge of the town
Two close sisters lived
Far away from their birthplace.

One evening, I visited their house.

Persimmons, chestnuts,
Tea, cigarettes and three of us
A four-and-a-half-mat room was full of small Happiness.

After talking about many things
――We wish we could go back into the mountains which were ablaze with autumnal colors.
――………………………………
――………………

We remembered the beauties of our rural villages.
And we were longing for the blue sky seen through the autum colors.
But actually,
We were spending These Days we could not ride in a train.

I left the house past nine,

At the narrow front door a red dahlia was in bloom.
When the sisters saw me off,
They cut the flower and gave it to me as a present.
The dahlia was wet with the night-dew.

By the road were fields.
There was a half moon above the fields.
Holding the dahlia in my right hand,
I desperately controled my feelings about wanting to look back and walked.

written in 1928, from “The Complete Poems of KIYAMA SHOHEI”

by hinaseno | 2015-11-05 12:54 | 木山捷平 | Comments(0)