Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「The Old Covered Bridge」


ビリー・ヒルのことをいろいろと調べていたら、ここに彼についてのかなり詳しく書かれたものを発見。せっかくだから全訳してみようかと思ったけど、相当大変そう。機会があればやってみたいけど。
かなり詳しいといっても、やはり不明の部分は多そうです。冒頭に書かれているものを読むと、ある記事によれば彼の本名はWilliam Joseph Hillとなっているけれど、別の記事によればGeorge Brownというのが彼の本当の名前だと。

ビリーヒルは両親が亡くなった後、あちこちに移り住んで、いろんな仕事をしたようです。ある時期にはカウボーイも。興味深いのはこの部分。
彼は西部の生活様式に惹かれた。彼は老人たちが自分たちの物語を語り、そして昔の歌を歌うのを聞こうとした。これらの旅の中で彼はソングライターになる努力を始めていた。

というわけで彼の作品は西部の風景を題材にしたものが多いんですね。僕のような西部劇好きの人間にとっては、彼のソングリストの曲目を眺めているだけでもたまらないものがあります。
というわけで彼の書いた曲はカントリー系のシンガーに数多く歌われてはいるのですが、 彼の書いた曲にはカントリー・ソングの範疇にはおさまりきらない魅力的な旋律が出てきます。
子供の頃にバイオリンを習っていたせいか、おそらくクラシックの素養もあったはずだし、一方で、西部に住む老人たちが、南北戦争期に作られて一般にも広まったような曲を歌うのを聞いていた影響もあっただろうと思います。きっとフォスターの曲なんかも聞いてたんでしょうね。

というわけでビリー・ヒルの曲、いろいろと紹介していきたいのですが、今日はタイトルに”old”のつくものを。ビリー・ヒルは、(僕と同じく)古いものに惹かれる傾向があるようで、タイトルに”old”のつく曲をいくつも作っています。
曲を紹介する前にまたまたイーストウッドの映画の話。彼の作った映画でもっとも有名なのは『マジソン郡の橋』なんでしょうね。映画は大ヒット。同名の小説もベストセラーになったはず。僕も読みました。
ヒットしすぎたせいか、僕の耳に入って来たのはあまりよくない評判ばかり。でも、僕は大好きな映画。何よりもアイオア州の風景が素晴らしかった。あるのは広大な農地だけなのですが。
イーストウッドが演じているのは風景写真家。彼が撮影の対象にしたのが屋根付きの古い橋でした。
a0285828_1471562.png

アメリカの中部の田園地帯にはこんな橋があちこちに残っているんですね。映画を見て、はじめてこんな屋根付きの橋があることを知りました。

さて、ビリー・ヒルの書いた曲に「The Old Covered Bridge」というタイトルの曲があって思わず、わおっでした。



作詞作曲ビリー・ヒル。これの演奏はレイ・ノーブル。例の「The Very Thought Of You」を書いた人ですね。


ここからいくつか”old”のついた曲を並べておきます。まずは「The Old Spinning Wheel」。これも作詞作曲ビリー・ヒル。演奏はヴィクター・ヤング。



次は「Put On An Old Pair Of Shoes」。やはり作詞作曲ビリー・ヒル。



「They Cut Down The Old Pine Tree」。これはGeorge Brown名義になっていて、Willie Raskin、Edward Eliscuとの共作。



決して豊かではないけれど、だからこそ古いものを大切にしている西部に暮らす人たちの生活が目に浮かぶような曲ばかり。
[PR]
by hinaseno | 2014-12-09 14:17 | 音楽 | Comments(0)