人気ブログランキング |

Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

3000円の『木山捷平全詩集』


僕が大西重利のことを見つけたのも、南畝町という近くの町を気にするようになったのも、すべてはこの一冊の詩集からでした。
『木山捷平全詩集』。
a0285828_836196.jpg

といっても、実はこれを手に入れたのはつい先日のこと。ネットで買いました。
値段はちょうど3000円(送料はかかりましたが)。
本当はその前にもう少し安いものを注文していたのですが、在庫がないとの連絡がきたのでその次に値段の安かったものを買いました。
で、昨年の9月のブログをはじめたばかりの頃に書いたこの日の文章を読み返したら、あの日、村上さんが古本屋で、ちょっと悩んだ末に買った『木山捷平全詩集』も3000円だったということを知り、ちょっとうれしくなりました。ちなみに定価は3500円。もちろん今は絶版になっています。

ものごとのきっかけというのは不思議なものです。いまさらいうことでもありませんが。「風が吹けば桶屋が儲かる」、「犬も歩けば棒にあたる」...。
そういえば、村上さんが古本屋で『木山捷平全詩集』を3000円で買った話が載っている『サラダ好きのライオン』には、「犬も歩けば棒にあたる」の話が載っています。「いろはかるた」にはいっている「犬も歩けば棒にあたる」という言葉について、ある日ふと疑問をもって調べたら、本来は現在、流布しているものとはまったく違い意味で使われていたということを知る話。でも、もちろん村上さんのことだから、話はそれだけでは終らず、そのあとに村上春樹的「犬も歩けば棒にあたる」ストーリーが作られています。「犬も歩けば棒にあたる」プラス「風が吹けば桶屋が儲かる」のような話。いや、別に「儲かる」というチープなストーリーではなく、クスッと笑えるような幸福な話。
でも、いろいろ考えてみると、もしもあの日、村上さんが古本屋でちょっと悩んだ末に3000円で『木山捷平全詩集』を買わなければ、僕のとても幸福な発見の物語が始まることもありませんでした。

ところで、村上さんも手に入れた昭和62年発行の『木山捷平全詩集』(三茶書房)。本当に装幀が素敵なんですが、この装幀を手がけているのがこのブログでも何度も触れてきた山高登さん。
縁というのは不思議なのですが、僕に最初に木山捷平のことを教えて下さった方(村上春樹の『サラダ好きのライオン』が発売される数ヶ月前。その方がいなければ、たぶん僕は村上さんの木山捷平に関するエッセイにあまり目をとめなかったと思います)が、山高登さんの大ファンなんですね。現在では山高さんと手紙のやりとりまでされていて、山高さんに関するいろいろな話も聞かせてもらっています。

前にも書きましたが、今、その方は山高登さん装幀の本を集められていて、僕もそのお手伝いをひょこひょこと、いや、ちょこちょことしています。
先日、神戸の海文堂書店に最後に行った日、たまたまちょっと立ち寄った古本屋で山高登装幀の内田百閒『東京焼盡』(中公文庫)を見つけました。その少し前に、その方とお会いして(お会いした場所は木山さんが荒川小学校の後に勤めるようになった菅生小学校のすぐ近く。その方はそこで仕事をされているんです)話をしていたときに、その方は山高登装幀の本のリストを持っているのですが、それを見て中公文庫の内田百閒『東京焼盡』を本屋で取り寄せたら、装幀が違うものになっていたと残念がられていたもの。なんていいタイミングなんだろうと思いました。
今度お会いしたときにお渡しする予定です。
でも、『木山捷平全詩集』はコピーだけさしあげることに...。

ちなみに限定65部の『木山捷平全詩集』の愛蔵版には、山高登の自摺、多色木版画が入っているとのこと。言うまでもありませんが、そちらは僕の手にしたものの5倍以上の値段がついています。そういうのが何のためらいもなく買えるようになることが幸福なのかどうかはわかりません。
by hinaseno | 2013-10-24 08:53 | 木山捷平 | Comments(0)