Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

朝妻一郎さんの『ヒットこそすべて オール・アバウト・ミュージック・ビジネス』(白夜書房 2008)には、大瀧さんの『A LONG VACATION』が生まれる経緯を知るのに大変興味深いエッセイが2つ収録されています。ひとつは以前少し紹介した「A LONG VACATION」と題されたエッセイ。そしてもうひとつは「70年代のナイアガラ」と題されたエッセイ。いずれもこの本のために語り下ろしされたものです。それぞれ結構長い話なんですが、とても興味深い話ばかりなので紹介しようと思います。まずは「70年代のナイアガラ」を。一部省略しているけど、著作権、大丈夫かな?


 ...そのうちはっぴいえんどのメンバーの大滝詠一がソロを出すということになって、三浦さんから「この著作権をPMP(朝妻さんが現在会長を務めている音楽出版社のこと。現在のフジパシフィックミュージック)で預かってもらえませんか」とオファーがあった。そこで最初の接点が出来た。「恋の汽車ポッポ」と「空飛ぶクジラ」の2曲かな。
 その少し後に、はっぴいえんどのマネージメントをしていた風都市の松下典聖君から「朝妻さん、大滝詠一がレーベルを作りたいって言うんですけど、協力してくれませんか」って頼まれた。配給はELECと契約をするというので「じゃあ協力するよ」と答えた。それから制作する予定になっていたナイアガラの一番最初のレコードであるシュガー・ベイブの『ソングス』や『ナイアガラ・ムーン』の著作権をうちで預かるということになったんだ。
 僕は、ちょうど大滝君の5歳上なんだ。僕は1943年生まれ。大滝君が48年で、山下達郎君が53年。だから5歳ずつ違う。でも大滝君とは、初めて話をしたときから5歳違う感じがあんまりしなかった。要するに僕たちは「同じ音楽を聴いてて、同じのが好きだな」と思えた。「最高、最高!」みたいな感覚を共有できた。亀淵さんのことを僕は「すごくいろんなことを知っているなあ」と思ってきたんだけど、大滝君も負けないくらいすごかった。
 そもそも、自分でレーベルを作るという発想を持った日本のミュージシャンは珍しいし、実際、実行に移したという意味でも初めてだったと思うよ。その当時で、まだ彼は23、4歳だからね。
 もちろんフィル・スペクターのフィレスとか、そういう例がアメリカにあることは僕たちも知ってはいて、ナイアガラというレーベルのアイデアに関しても「そうかそうか、そういうふうに考えるのも当たり前だよな」と思っていた。だけど、そのときはまだそんなにすごいことに参加しているとは実感してなかったんだ。
 ビジネスとしては、うちで制作費を持ちましょうということで、PMPが原盤権を持つことになった。そして一応、「ナイアガラ」という会社を設立するということで、資本金をうちも出した。
 まだまだ若者だった大滝君に対してそこまでできたのは、ひとえに「この人、すごい才能があるな」っていう敬意と、ぜひこの才能と一緒に仕事をしたいと言う気持ちが強くあったからだよ。自分と同じような音楽が好きで、知識も豊富で、音楽で何か新しいことをやりたいと思っている。そういう人と一緒に仕事ができるのはすごくうれしいものだったんだ。
 あと、彼はやっぱりポップスに対するセンスでは図抜けてた。僕も基本的にポップスが好きなんだよね。ロックじゃなくて、ポップスなんだということがお互いの認識の中にあったと思う。
 でもビジネス的には、すぐに成功したわけじゃない。ELEC時代のシュガー・ベイブも『ナイアガラ・ムーン』も売れはしなかった。特に『ソングス』は内容もすごくポップで良かったのに、実売は数千枚。経費に対する売上という面では「ちょっと大滝くんさ、これお金かかり過ぎだよ」と言いたくなるときもあったね。
 だけど、自分が良いと思う感覚をアーティストが持っているなら、絶対いつかは売れるということは、僕はずっと信じていた。現実的にはそうはいかないものもあったけど、今じゃなくてもちょっと時間がたったらそれが絶対に評価される時が来ると思っていたんだ。
 上司に呼び出されて「おまえ、これ大滝詠一のプロジェクトはどうするんだ」とか問いつめられたこともあったよ。当時、僕は制作部長か制作課長で、まだそんなに立場も大きくなかったけど、「大丈夫です。絶対才能ありますから、絶対売れますから!」って突っ張った。「また金かかんのか」って言われても、「もうちょっとです、もうちょっとです」とか言って粘ってね。

(次回に続く)


[PR]
# by hinaseno | 2017-09-06 12:48 | ナイアガラ | Comments(0)

今回いろいろと書くことになる話のキーワードがあるとすれば「夢」、それから「ロイ・オービソン」かな、と。

「夢」といえば「夢前川」。姫路の西に流れている川ですね。木山捷平の小説にタイトルにもなっている川です。ウィキペディアを見たら、この夢前川の上流にあった夢前町は、今は姫路市に編入されてしまっていますが、全国で唯一町名に「夢」が付いている町だったんですね。


最近、なんだか夢前川のあたりの風景をしきりに思い浮かべています。木山捷平のことなんて全く知らなかった頃、用事があるなしに関わらず夢前川のいろんなところに行っていました。川沿いの道を車で通ったり、あるいは河原に降りたり。もちろんいつも音楽を聴いていました。当時一番よく聴いていたのが渡辺満里奈さんの『Ring-a-Bell』やブライアン・ウィルソンの『Imagination』。この2枚は夢前川周辺の風景とぴったり重なっています。

渡辺満里奈さんの『Ring-a-Bell』のプロデューサーは大瀧さん。ブックレットの最後に記された「Produced by 大瀧詠一」のクレジットを久しぶりに見たときには本当に嬉しかったな。


その頃、1990年代の後半は音楽プロデューサーというのが日本でブームになっていました。中心にいたのは小室哲哉。それからつんく♂とか。アーティスト以上にプロデューサーの方が注目を浴びる時代が来るなんてびっくりでした。

僕がプロデューサーというのを意識するようになったのはやはり大瀧さんでした。「Producer;大瀧詠一」とか「Produced by Eiichi Ohtaki」とかの文字を見るたびに心ときめいたものです。で、アメリカン・ポップスも、だんだんとアーティストではなくプロデューサーで聴くようになっていったんですね。フィル・スペクター、ブライアン・ウィルソン、スナッフ・ギャレット……。


さて、僕が最初に「Producer;大瀧詠一」の文字を見ることになったのはもちろん『A LONG VACATION』。歌詞カードの裏のクレジットの最後に「Producer;大瀧詠一」と記されています。

ところでその上に「Executive Producer」という肩書きを持った人の名前が記されていることにどれだけの人が気がついていたでしょうか。

a0285828_15152815.jpg


この『A LONG VACATION』の「Executive Producer」としてクレジットされているのがまさに朝妻一郎さんでした。


Executive Producer(エグゼクティブ・プロデューサー)って、一体どんな人だろうと思いますね。アメリカのWikipediaを見るとこんな風に書かれています。


The executive producer is responsible for business decisions.

「エグゼクティブ・プロデューサーはビジネスに関する決定に責任を負っている」と。つまり金銭的な部分で責任を持った人ですね。実際にエグゼクティブ・プロデューサーの仕事をされている人が書いた記事によるとエグゼクティブ・プロデューサーは「関わる会社やスタッフの選定、制作費、宣伝費を決めて出資会社の選定、利益配分の決定、著作権管理者及び利益配分を決めて etc. 最終的に利益が出た場合の利益配当までを含めての責任者」ということになるようです。


さて大瀧さんの『A LONG VACATION』の「Executive Producer;朝妻一郎」ということに関して、音楽評論家の北中正和さんがこんなことを書いています。


 ジャケットにはエグゼクティヴ・プロデューサーとして朝妻一郎とクレジットがある。当時のナイアガラの事情に詳しい中山久民さんにうかがったら、やはりレコーディングの経費は朝妻さんが保証したとのことだった。音楽出版社の経営者の朝妻さんは、ニール・セダカの音楽が好きで音楽業界に転職してきた人だ。60年代アメリカン・ポップへの愛情や夢が朝妻・大滝の二人を世代を越えて結びつけたということだろう。
 つまり『ロング・バケイション』は、優れたアーティストと敏腕経営者が背水の陣を敷いて行った大きな賭けだった。
            (『レコード・コレクターズ』2001年4月号)

あのサウンドは、大瀧さんが崇拝するフィル・スペクターやブライアン・ウィルソンがまさにそうしていたように、長期間にわたってレコーディング・スタジオを押さえた上で、数多くの一流のミュージシャンを集めることができるだけの金銭的なことがなければ作り得なかったことも事実。それを保証していたのが朝妻さんだったんですね。

もちろんそこには大瀧さんと朝妻さんの信頼関係があったことと、何よりも朝妻さんが大瀧さんのアーティストとしての才能を高く評価していたからであることはいうまでもありません。


[PR]
# by hinaseno | 2017-09-04 15:16 | ナイアガラ | Comments(0)



「朝妻一郎さんのこと」というタイトルでいろいろと書いていこうと思いましたが、大瀧さんの話がいっぱい出てくるので、タイトルはそのときそのときの話で決めていくことにしました。


朝妻一郎さんといえば、大瀧さんが発した2つの言葉が僕の中で強く印象に残っています。ひとつは大瀧さんのことを知った頃に読んだ本の中に載っていたインタビューの中の言葉。もうひとつはラジオデイズの「大瀧詠一的」の中で、ちらっと発せられた言葉。後者は直接朝妻さんの名前は出されなかったけれども、後で調べて、ああ、それは朝妻さんのことだったんだなとわかったんですね。

今回の朝妻さんの放送を聞いていたときに、大瀧さんと一番多くアメリカンポップスの話をしたはずの朝妻さんが紹介するアメリカンポップスを心ワクワクしながら聴く一方で、後者の立場にいる朝妻さんのことを考えずにはいられませんでした。ただ、その立場のことを書いちゃうと、後が書きにくくなりそうなので、とりあえずそれはおいておきます。


さて、大瀧さんのことを知った頃に読んだ本というのは萩原健太さんの『はっぴいえんど伝説』(1983年)。それはあの『レッツ・オンド・アゲン』を出した後の、『ロンバケ』誕生前夜の話。


 このLPを最後にコロムビアとの契約が切れてーー切れたんだけど、発売権は残ってたの。二年間。だから、他で僕がソロ出しても、旧譜はコロムビアから出てる。と、市場が混乱するじゃない。それ避けようと思って待ってたの。レーベルを大切にしたかったんだね。だって、ナイアガラがなくなったら大滝詠一もなくなるって思ってたからさ。
 で、その間、またCMやったり、業界の出版物に文章書いたり、ロフトで公開DJしたり、他人に曲をチョコチョコ書いて、みんなボツになったりね(笑)。一人で腹立ててたね。
 そのころ、ポッと「カナリア諸島にて」ができて、朝妻さんとこ行って喜んだんだけどね。”あ、そう”なんて、意外に本気にされなかったの、実は。レコーディング始めてからでも、まだ本気にされなかったみたいよ。それだけ、過去裏切った事実ってのが深く残ってたんじゃないかな、みんなに……。

最初ここを読んだときは「朝妻さんってだれ?」でした。朝妻さんはアメリカンポップスの中でも胸キュンな曲が大好きで、で、大瀧さんにもそういう曲が書けることを知っていたので、『ナイアガラ・カレンダー』を出したときには大瀧さんに「Blue Valentine's Day」や「真夏の昼の夢」みたいな曲を集めてアルバムを作ろうよと言ってたんですね。ところが大瀧さんが出したのはインストルメンタルの『多羅尾伴内楽團』や、さらには冗談としか思えないような曲ばかりを集めたあの怪盤『レッツ・オンド・アゲン』。「過去裏切った」っというのはそういうこと。


でも、その『レッツ・オンド・アゲン』を出したあとに、大瀧さんは他人への提供曲やCMソングという形で、そういう胸キュン路線の曲を作り始めます。まあ、お金のこともあるはずなので、大瀧さんとしてはやはり採用されることを望んでいたはずだけど、結果的にはほとんどがボツ。とは言え、大瀧さんとしてはある種の確信のようなものはつかんだんでしょうね。で、ある日、大瀧さんは朝妻さんのところに行って、まさに朝妻さんが望んでいたようなアルバムを作ることを告げます。

『ロング・バケーション』はこの時期に作られたボツ曲が中心となっているわけですが、でも、最初に自分自身の新しいアルバムのために作ったのは「カナリア諸島にて」でした。


[PR]
# by hinaseno | 2017-08-31 13:21 | ナイアガラ | Comments(0)

夏がやってきたら


夏が終わりそうだというのにこのタイトルって何? ですね。朝妻一郎さんのことを書き始めたばかりですが、ちょっと中断。今日書くことは前から決めていました。タイトルはさっき考えたのだけど。

今日はわれらが世田谷ピンポンズさんの五周年記念公演が行われる日。場所は東京のザムザ阿佐ヶ谷。残念ながら僕は行くことはできないけど、姫路のおひさまゆうびん舎関係の人たちが大挙して行くようなので、彼女たち(「彼」もいるのかな)に魂は預けています。どんなライブになるのか想像するだけでわくわくしますね。ライブ会場で売られる特典も気になるものばかり。


この五周年記念公演のことを知ったのはおひさまゆうびん舎で3月に行われたライブでした。姫路から東京というのは絶対に1泊はしないといけないということもあるし、平日の夜ということもあって、さすがの窪田さんですらどうしようかどうしようかと悩んでいたようです。体調の心配もあったようですが、やはり好きな人の大事な日にその場に居たいという気持ちを抑えきれなかったようです。で、同行される方々が何人も出てきて。すばらしいですね。


きっと彼女たちが行くことを決めたのはまだ春だったはずなので、夏がやってくること、この8月のライブの日がやってくることを指折り数えていたに違いありません。

僕の方はこの8月にいくつかの心配事が重なっていたので、心の中では8月がやってこないことを願っていたこともありました。でも、季節はかならず巡って来るものです。当たり前だけど。


ピンポンズさんの5周年というのは公な形で始めてリリースした『H荘の青春』が発売されてからということだそうです。というわけで、今回のライブはそのアルバムをフィーチャーする形になるみたいですね。今回の講演のタイトルである『都会、なんて夢ばかり』というのは、その『H荘の青春』の帯に書かれていた文字。面白いことに、このCDをiTunesに入れるとアルバムタイトルがこんなふうに『都会、なんて夢ばかり』になっているんですね。お気を付けください。僕はパソコンに取り込んでから直しました。

a0285828_10201573.jpg


このアルバムで最初に気に入った曲は「オレンジジュース」。でも、3月のライブで聞いた「H荘の青春」のニューバージョンが素晴らしくて、是非もう一度それを聞いてみたいと思っているんですが、今回のライブでそのニューバージョンが演奏されるでしょうか。

ニューバージョンは歌詞が少し変わっていたけど、この部分の歌詞はこのままだったかな。


夏がやってきたらいろいろ考え直してみようかな
夏がやってきたらもっとまじめに生きよう
夏がやってきたらことさらまじめに生きよう
夏がやってきたら君の事もっとまじめに考えよう

さてピンポンズさんの五周年記念公演の当日券は少し残っているようです。お近くの方、ぜひ行ってみて感想を聞かせてください。

a0285828_10204801.png



[PR]
# by hinaseno | 2017-08-29 10:20 | 音楽 | Comments(0)

朝妻一郎さんのこと


アゲインの石川さんから送っていただいたのは今月の8月7日(月)から10日(木)にNHK-FMで全4回にわたって放送された特集番組『ポピュラーミュージックヒストリー ~発展の歴史と舞台裏~』を録音したものでした。

ホストを務められたのは朝妻一郎さん。朝妻さんの声を聞くのは初めて。


朝妻一郎さんの名前はこのブログでも何度も出ています。全て大瀧さんがらみですね。朝妻さんは大瀧さんと公私にわたって関係の深い人でした。ビジネスの大切なパートナー(大瀧さんが契約していたフジパシフィックミュージックという音楽出版社の偉い人。知り合ったときにはまだそんなには偉い人ではなかったかもしれないけど)であり、アメリカン・ポップスについてコアな話ができる数少ない友人(朝妻さんのほうが大瀧さんよりも5歳年上でしたが)でもあったようです。


僕が初めて朝妻さんの言葉を見たのは『All About Niagara』に掲載されたこの対談(対談が行われたのは1976年)でした。

a0285828_13464277.jpg


これを読むとお二人は本当に気の合う仲間だったんだなと。ただ、気の合う仲間とは言っても、大瀧さんは朝妻さんに対してアメリカンポップスを愛する(ただ愛するだけでなく、それを日本に広めようと努力してきた)先輩として敬意を抱き、朝妻さんも大瀧さんに対して一人のミュージシャンとして敬意を持っていたこともよくわかります。


さて、そういう朝妻さんなので、今回の番組は同じくNHK-FMの夏休み期間に放送されていた大瀧さんの『アメリカンポップス伝』を意識していたことはいうまでもありません。『アメリカンポップス伝』の続編をという要望があったのかもしれません。

で、朝妻さんがされたのは、大瀧さんの放送の続編という形ではなく、大瀧さんが多くは語らなかった舞台裏の歴史でした。中心として語られたのは朝妻さんご自身がずっとされてきた音楽出版社の歴史。

ということなのでビジネスの話がたくさん出てきます。まあ大瀧さんはビジネスの話はお好きではないのですが、音楽の歴史を考える上ではやっぱり避けて通れない部分ですね。もちろん大瀧さんはその部分をよく知っていたはずですが。


ビジネスといえば、ぱっと浮かぶエピソードがあります。それは朝妻一郎さんのこの本に収録された「『A LONG VACATION』」と題されたエッセイに書かれていること。

a0285828_13473618.jpg


 大滝君というのは、人から何かをせかされたりとか催促されることが嫌いなんだと思う。「黙っててもアルバムを作りたくなるような環境ができれば、作るよ」と彼はずっと思っていたんじゃないかな。
 これは僕の失敗談だけど、97年に久々に出したシングル「幸せな結末」が売れたときに、「大滝君、久しぶりにシングル出したんだから、これをフィーチャーしてアルバム作ろうよ」って言ったら、「朝妻さんは、すぐビジネスなんだから」と立腹させてしまったんだ。あまりにも短絡過ぎて、「もうちょっと何か言い方があるでしょ」みたいなことだったんだろうね。でも音楽業界の人だったら普通、当然そう言うでしょ。


大瀧さん、このとき本気で怒ったのかな。冗談交じりに言葉を返したような気もするけど。でも、ちょっと興味深いエピソード。


朝妻さんの話はこの後こう続きます。


 大滝君の場合は、基本的にはやるきになるのを待つしかないんだ。自分の音楽を作る上での、その美学は譲れないわけだし、それは、そもそも「ナイアガラ」ってレーベルを作りたいと考えて、実際に始めたところから続いているものだ。自分のレーベルを持つこと自体、新しい考え方だったのに、ましてはマスターを全部自分で持つという発想はさらに先を行っていた。やっぱり今、彼がマスターを持っているから、再発のたびごとにリマスターをしたりして、自分の音楽を管理することができているわけだからね。彼自身、ティン・パン・アレイ時代からのアメリカの音楽出版とレコード・ビジネスの歴史をよく勉強していたと思う。
 僕が大滝君に何か影響を与えたことはないと思う。だけど、自分でレーベルを持つというアイデアを思いついたときに、そういう話に乗りそうなやつは誰かなと思って見回したときに、たぶん、朝妻一郎だったら話が分かるかなと思ってくれたんじゃないかな。そのことは僕にとってとても大きかったと思うね。

今回の朝妻さんのラジオ番組はまさに「ティン・パン・アレイ時代からのアメリカの音楽出版とレコード・ビジネスの歴史」だったんですが、その朝妻さんははっきりと「彼(大瀧さん)自身、ティン・パン・アレイ時代からのアメリカの音楽出版とレコード・ビジネスの歴史をよく勉強していたと思う」と書いていますね。


そういえばビジネスといえば、もう一つ、例のラジオデイズの『大瀧詠一的』で平川克美さんが大瀧さんにストレートに「ビジネス、嫌いですか?」と尋ねた瞬間がありましたね。そのとき大瀧さん、どう答えたんだったっけ。あまりにストレートな問いだったので、大瀧さん、ちょっと動揺されていたような。


[PR]
# by hinaseno | 2017-08-27 13:48 | 音楽 | Comments(0)