Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

子どもは判ってくれない


今から9年前のある日のこと、その日たまたま実家に戻っていて、実家でとっている地方新聞(山陽新聞ですね)を開いたら、書評欄があって、その中の内田樹という人の『子どもは判ってくれない』という本の書評に目に留まりました。

今でこそ本はよく読みますが、当時は何人かの好きな作家の本の新刊が出れば読むくらいで、新聞や雑誌の書評を熱心に見るようなことはありませんでした。でも、ときどきは本のタイトルや、あるいは表紙のデザインに目がとまって書評を読むことはありました。場合によってはそれで面白そうだなと思って購入することもありました。

『子どもは判ってくれない』には、たぶんいくつか僕が目をとめてしまう要素がありました。まずは何といってもそのタイトル。いうまでもなくトリュフォーの映画『大人は判ってくれない』をもじったものですね。トリュフォーの映画は小西康陽さんの影響でよく観ていましたので、そのタイトルの感覚に惹かれたのが最初でしょうか。
それから「大人」のところを「子ども」にしているところ。教育関係の仕事をしていましたので、当然、反応してしまいます。でも、タイトルに「子ども」とついているくらいで反応していたら切りがありません。やはり「大人は判ってくれない」の「大人」のところに「子ども」が入っているという面白さに惹かれたのだろうと思います。

もう一つは「内田樹」という名前。その少し前に僕はあるものに文章を書くことがあって、そのために考えたペンネームの1つにそっくりだったんです。
「樹」は「たつる」と読むのですが、たぶんそれを確認したのはずいぶん後だったと思います。僕は最初は「いつき」と読んでいました。
「樹」という字には昔から深い縁を感じていました。まずは何よりも木(樹)が好きで、昔から木の写真ばかり撮っていました。今でも車を運転していて、いい木に出会うとうっとりと眺めてしまいます。
それから当時僕が最も読んでいた2人の作家にはいずれも「樹」という字がついていました。いうまでもなく村上春樹、そして池澤夏樹。だからペンネームは「秋樹」にしようかとも考えたのですがちょっと語呂が悪い。といって「冬樹」はちょっと。
それから、もう一つ。僕にとって大好きな映画があってそれが岩井俊二の『ラブレター』なのですが、その主人公の2人の名前(同姓同名ですね)が「藤井樹」。「樹」は「いつき」と読みます。この印象が強くて結局僕は下の名前を「樹」としました。
名字は最終的にちょっと変えたのですが1字はかぶっていました。つまり3文字のうちの2文字が僕の最初に考えたペンネームと同じだったんです。著者の名前がどれくらいのサイズで載っていたかは定かではないのですが、「内田樹」という名前を見て、あっと思ったことは確かでした。しかも本のタイトルも、僕の気になるものが含まれていて、正直運命的なものを感じざるを得ませんでした。

運命的といえば、僕は実家に戻るのはせいぜい年に5〜6回で、しかも山陽新聞に書評が載る月曜日にいることはめったにありません。年に1回あるかないか。そんな中でこの書評に出会ったんですね。

で、書評で引用されたいくつかの言葉を読んで、自分の感覚にあまりにも近いものを感じたので、自宅に戻ってきてすぐに書店に行って本を購入しました。そして一気に読んでしまいました。まずは何といっても言葉のリズムの良さ。これほど僕にぴったりあったリズムで文章を書く人は他にはただ一人しかいません(それはあとでわかるのですが)。
そしてその内容。僕が心に思っていても言葉にできなかったような内容のことを、あまりにも的確に、しかもユーモアにあふれた表現を使って書かれていました。そのユーモアの感覚と思索の方法も僕には近しいものでした(それもあとでわかるのですが)。

で、僕は内田樹という人の当時出ていた本を買い込みました。『ためらいの倫理学』『『おじさん』的思考』『期間限定の思考』『疲れすぎて眠れぬ夜のために』...。そして、そのいずれかの本でその村上春樹と大瀧詠一という名前を何度も目にすることになります。内田樹という人も、僕の最も敬愛している2人の大ファンだったんですね。運命的な出会いに、さらなる運命が待っていたんですね。もちろん驚きましたが、僕が強く惹かれた理由もそこにあったんだと納得しました。

『子どもは判ってくれない』で、内田樹という人が神戸女学院の教授をされているということがわかりましたので(現在は退官されています)、僕は個人的に内田先生と呼ぶようになりました。それからその本には内田先生のホームページのアドレスが載っていて、その日から僕はほぼ毎日更新される内田先生のブログを読み続ける日々が始まります。
(続く)
a0285828_10455462.jpg
[PR]
# by hinaseno | 2012-12-21 10:50 | 全体 | Comments(0)

さて、僕の好きなクリスマス・ソング・シリーズ。
今日はトニー谷の「サンタクロース・アイ・アム・橇(ソーリ)」です。


これはいわゆる冗談音楽といわれるもので、もちろん元歌は「ジングル・ベル」。いくつも笑えるところがあるのですが、でも最高にロマンティックなクリスマス・ソング。曲は1953年に作られています。

この曲を知ったのは、この曲が収められたCDを買ったからです。CDのタイトルは『ジス・イズ・ミスター・トニー谷』。発売は1987年のこと。僕はこのCDのことを翌年の新春に知ってすぐに買ったのですが、それでももう25年も前! 今でも、毎年1回は必ず聴きます。

なんでこんなアルバムを買ったかというと、1988年の大瀧さんと達郎さんの新春放談の1曲目にこのアルバムに収められた「レディス&ヂェントルメン&おとっさん、おっかさん」がかかって衝撃を受けたからです。一応貼っておきます。達郎さんもカバーしている「You Belong To Me」という曲が原曲で、それを知っていないと面白さはわからないのですが、知らずに聴いてもインパクトは強いのではと思います。


実は『ジス・イズ・ミスター・トニー谷』というアルバムをプロデュースしているのが大瀧さんなんですね。もちろんトニー谷は当時すでに亡くなっていましたから、残っている音源をまとめてアルバムにする作業を大瀧さんがされているんですね。ほかにもいくつかされています。
このアルバムの解説を書いているのが厚家羅漢(「あっけらかん」と読むんでしょうね)。今、これを手にとってこの名前を見た人は、だれ、この人?ってことになるのでしょうけど、これは大瀧さんが解説を書く時のペンネーム。ちなみに昨日のスペクターのクリスマス・アルバムの解説も大瀧さんが書いているのですが、そのペンネームは素家羅漢(「すっからかん」と読むんでしょうね)。

「サンタクロース・アイ・アム・橇(ソーリ)」には途中でタンゴの名曲「キッス・オブ・ファイアー」が出てきます。大瀧さんが小泉今日子に作った「快盗ルビイ」にも使われていますね。
「サンタクロース・アイ・アム・橇(ソーリ)」の解説には、補足として日本のミュージシャンの歌う、日本オリジナルのクリスマス・ソングが2曲紹介されています。せっかくですのでここに貼っておきます。
1つはクレイジー・キャッツの「クレイジーのクリスマス」(作曲は萩原哲晶)。大瀧さんとクレージーとの関係は深く、かなり長い話になるので、またいつか改めて書ければと思います。


それから美空ひばりの「ひとりぼっちのクリスマス」。これは素敵な曲です。


ところで、トニー谷といえばトニー滝谷のことも忘れるわけにはいきません。村上春樹の『レキシントンの幽霊』に収められた短編。『レキシントンの幽霊』が発売されたのは1996年。最初、このタイトルを見たとき、これはトニー谷をもじって創作した名前を使って小説を書いたのかと思ったら、そうではなかったんですね。
村上さんがあるとき、ハワイのマウイ島の古着屋さんでたまたま見つけて買ったTシャツ(Ⅰドル)の胸に書かれていたのが「TONY TAKITANI」。で、村上さんはこの名前が気になって、このTシャツを着るたびに、「トニー滝谷という人物が僕に自分の話を書いてもらいたがっているように、僕に感じられた」ので、結局「トニー滝谷」という架空の人物を主人公にして物語を書いたとのこと。でも、「トニー滝谷」の「滝」とか、どこかつながってしまいますね。ちなみに小説の中のトニー滝谷の父親の名前は滝谷省三郎。それがどうしたの、ってことですが、ちょっと。

ところで、先日のグレン・キャンベルの歌った「As Far As I'm Concerned」という曲。やはりあの素晴らしいアレンジはアル・デロリーでした。スペクターのレッキング・クルーの一人で、クリスマス・アルバムでもピアノを引いています。グレン・キャンベルもレッキング・クルーの一人でしたから、そのあたりで2人のつながりができたんでしょうか。

a0285828_1105576.jpg
[PR]
# by hinaseno | 2012-12-20 11:01 | 音楽 | Comments(1)

ボビー・ラッセルの特集をやっているあいだに、クリスマスまで1週間をきってしまいました。ちょっと久しぶりにまた僕の好きなクリスマスソングを。今日は「Sleigh Ride」という曲。邦題は「そり滑り」。

この曲が好きになったきっかけはやはりフィル・スペクターのクリスマス・アルバムですね。スペクターのクリスマス・アルバムはどの曲も遊び心満載なのですが、この曲のアレンジも大好きです。特にイントロですね。
最初に子供用のおもちゃのピアノ(グロッケン?)で1フレーズ弾かれた後、トナカイの大地を踏む足音のようなベース、次に鈴の音の入ったパーカッションと順番に音が出てきて、さらにそこにトランペットか何かのホルン系の楽器によるトナカイの鳴き声が重なっていく。極めつけはハル・ブレインのドラムの音が出てくる瞬間ですね。何度聴いても、何年聴き続けても聴き飽きることがありません。もちろんロネッツのベロニカの声も素晴らしい。


「Sleigh Ride」は、もちろんたくさんの人が歌っていているのですが、そんな中でとりわけ好きなのがニュー・クリスティ・ミンストレルズというグループが歌ったものです。小西康陽さんが編集したクリスマスのオムニバスに収められていました。


この「Sleigh Ride」という曲を作っているのはリロイ・アンダーソンという人。前に紹介した「The Christmas Song」同様に夏の暑い日に曲をつくったとのこと。最初は曲だけで歌詞がつけられたのはしばらくしてからだそうです。
実はこのリロイ・アンダーソンという人は前からすごく気になっていて、いつかきちんと集めてみたいと思っているのですが、いろいろ出ていて大変そうで、しかもアル・カイオラさん同様、ジャンル分けが微妙な人なんですね。クラシックのようなジャズのようなポップスのような。前にも言いましたがそういう人に強く惹かれるのですが。

リロイ・アンダーソンといえば、この「タイプライター」という曲を聴いた時は衝撃でした。最高です。


で、この「Sleigh Ride」に歌詞をつけたのがミッセル・パリッシュという人。外国のスタンダード・ソングの基本どおり、きちんと韻を踏んだ詞になっていますが、すぐに気がつくのは歌詞の最初のフレーズのほとんどの言葉が「ア」音で始まっていること。”just””come””outside””come””our”と、見事に「ア」音で始まる語が並んでいます。意識していることは間違いないですね。「ア」音は言うまでもなく母音でもっとも明るい音。大瀧さんは「ア」音を意識した曲をいくつも書いています。CMソングを作る時にも作詞家の伊藤アキラさんに「ア」音で始まる詞を書くようにお願いしたそうです。
というわけで、この「Sleigh Ride」は曲調も明るいですが、歌詞もとっても明るく感じられます。

歌詞と言えば、実はこの曲はコーラス部分が2つあるのですが、ロネッツのバージョンは2つめの部分が歌われていません。この部分です。

There's a birthday party at the home of Farmer Gray
It'll be the perfect ending a perfect day
We'll be singing the songs we love to sing without a single stop
At the fireplace while we watch the chestnuts pop, pop, pop, pop

There's a happy feeling nothing in the world can buy
When they pass around the coffe and the pumpkin pie
It'll nearly be like a picture print by Currier and Ives
These wonderful things are the things we remember all through our lives

スペクターのクリスマス・アルバムでは、例えば1曲目の「White Christmas」では、他の人が歌う時にはしばしば省略されるヴァースの部分を歌っていたりしているので、そのあたりおもしろいですね。

ところで、ロネッツの歌では省略されたこの部分の歌詞。こんな一節が出てきます。

「それはカリアー&アイヴス工房で印刷された絵にそっくりな風景だね」


何だろうと思って調べたら、こんな絵を印刷してるんですね。いろんな所で見たことがあります。でも、こういうのを詞の中に入れているなんておもしろいですね。アメリカの人にはすぐにぴんとくるんでしょうね。
a0285828_100563.jpg
a0285828_9595633.jpg


では、最後に「Sleigh Ride」をもう1曲。またまたShe&Himの歌ったものです。別に彼らが歌っている曲を選んでいるわけではありません。

[PR]
# by hinaseno | 2012-12-19 10:01 | 音楽 | Comments(1)

さて、長らく続いたボビー・ラッセル特集も、とりあえず今日で最終回とします。彼は素晴らしいメロディ・メイカーであると同時に、非常に物語性の高い詞を書くことのできる優れた詩人なので、本当は彼の詞の世界も取りあげようと思ったのですが、ちょっと時間がかかりそうですので、また改めてということに。
というわけで、今日は石川さんの特集でとりあげられていない、僕の好きなボビー・ラッセルの曲をいくつか紹介します。

まずは大好きなボビー・ヴィーの「Electric Trains And You」という曲。作詞・作曲ボビー・ラッセルです。リバティ・サウンドのボビー・ラッセルの曲はきらきらしてます。歌詞の途中でサンタ・クロースが出てきます。子供の頃のクリスマスの思い出が入っている歌ですね。きっと。


それからウェイン・ニュートンの「Town and Country」。これも作詞・作曲ボビー・ラッセル。別にサンタは出てきませんが、ちょっとクリスマスの雰囲気があります。


次はロジャー・ミラーの「South」。これも作詞・作曲ボビー・ラッセル。ボビー・ラッセルにしては珍しいタイプの曲ですが、こんな風に鼻歌まじりに歌うような曲は個人的に大好きなんです。


次はボビー・ラッセルの最も代表的な「Little Green Apples」をフランク・シナトラが歌っているものを。先日、神戸に行った時にこの曲の入ったレコードをみつけて、アレンジを含めてとっても気に入ったので貼っておきます。アレンジ&プロデュースはドン・コスタです。


この曲の大ヒットを受けてなのかどうかはわかりませんが、ボビー・ラッセルの作詞・作曲した曲にはタイトルに"little"とつくものがいくつかあります。「小さなもの」「ささやかなもの」に目がいく人なんですね。そんなタイトルに"little"とつく曲の中で、僕が個人的に好きなのが「Little Boxes」という曲。小さな箱。「箱」という言葉にも惹かれるので、この曲の歌詞はぜひきちんと聴き取って訳してみたいと思っています。歌っているのはボビー・ラッセル自身。そしてプロデュースをしているのはなんとバート・バカラック。これはYouTubeになかったので作りました。レコードからなのでプチプチしてます。これもこの時期にぴったりの雰囲気の曲です。


さて、最後はボビー・ラッセルのなかで僕が最も好きな曲を。タイトルは「As Far As I'm Concerned」。歌っているのはグレン・キャンベル(石川さんの特集には、彼とボビー・ジェントリーがデュエットした「Little Green Apples」が貼ってあります。それもとってもいいです)。オリジナルはボビーの奥さんでもあったヴィッキ・ローレンスのようですが、そちらはまだ聴いたことがありません。でも、きっとこのグレン・キャンベルの歌うものの方が何倍もいいはず。歌詞にカウボーイなんて出てくるのも、彼が西部劇に出ていたことに合わせているみたいですし。曲も、グレン・キャンベルの歌も、アレンジも(まだ確認していませんがやはりアル・デロリーでしょうか)どれも素晴らしいの一語。
この、YouTubeの音源、最初の部分の音がちょっと切れていて、作ろうかと思いましたが、この曲の収められたCDは、今、普通に買えるので、もし気に入られたら、現在闘病を続けているグレン・キャンベルのためにも購入していただけたらと思います。

[PR]
# by hinaseno | 2012-12-18 09:50 | 音楽 | Comments(0)

ビーチ・ボーイズ以降、雨後の筍のごとく生まれたサーフィン・ホットロッドのグループの中で飛び抜けて上質な楽曲を生みだしたグループにロニー&ザ・デイトナスがあります。ナッシュビル出身のグループ。
a0285828_1053499.jpgそのロニー&ザ・デイトナスが1965年の出したとびっきり素敵なアルバムが『Sandy』。ジャケットも本当に素敵です。まさに、こんな夏の日の夕暮れ、あるいは夏の終わりの切なくなるような曲ばかりが集まったアルバム。 ちょうど、ビーチ・ボーイズの『TODAY』のバラードばかりを集めたB面のような曲のオンパレード。というわけなので、この『Sandy』は死ぬほど好きなアルバムです。このアルバムの中にボビー・ラッセルの曲(いずれも共作ですが)が2曲入っています。いうまでもなく彼の出身地であるナッシュビルつながりです。
でも、考えてみると ナッシュビルはテネシー州というアメリカ中東部の、太平洋からも大西洋からも遠く離れた場所。とてもサーフィンなんかはできません。でも、幻想の世界だからこそ物事はより美しさを増すということはありますね。海が近くにあって、実際に、日々サーフィンをしている人たちからは生みだすことができないという。ビーチ・ボーイズの曲を作っていたブライアン・ウィルソンもサーフィンなんて全くできなかった人ですから。

さて、『Sandy』にはボビー・ラッセルととともにバズ・ケイスンもいくつか曲を書いています。でも、2人の共作はありません。ロニー&ザ・デイトナスのリーダーはバック・ウィルキン。『Sandy』の12曲のうち、彼の単独の曲が6曲。バック・ウィルキンとバズ・ケイスンの共作が4曲。バック・ウィルキンとボビー・ラッセルの共作が1曲。そしてボビー・ラッセルと彼の幼なじみのバーゲン・ホワイトとの共作が1曲。

では、ボビー・ラッセルが関わった曲を2曲。
まずはバーゲン・ホワイトとの共作「If I Had My Way」。


そして、もう1曲がバック・ウィルキンとの共作「Be Good To Your Baby」。これは本当に素敵な曲です。


この曲はThe Avonsというグループがカバーしています。スペクターっぽいサウンドですね。


大瀧さんは『レコードの本』という1977年に出た雑誌の「ぼくの愛聴盤10」という中でこのロニー&ザ・デイトナスの『Sandy』を取りあげています。
こんなふうにコメントしています。

ロニー&デイトナスは最近ようやく手に入れたもの。以前から欲しかったのだが、なかなか見つからず、バーゲンで手に入れた時には大声を挙げたい気分だった。ティーンエイジャーの淡い恋を唄ったバラードだけでアルバムを固めているのも珍しい。

調べてみると、1976年の8月31日に放送された「ゴー!ゴー!ナイアガラ」の「See you In September」という特集でこのアルバムの中の「I’ll Think of Summer」という曲をかけています。これはバック・ウィルキンとバズ・ケイスンの共作。

さて、大瀧さんはこのロニー&ザ・デイトナスの『Sandy』に収められたいくつかの曲(基本的なメロディは「Be Good To Your Baby」をもとにしています。イントロは「Hold Me My Baby」ですね)のエッセンスを集めて、さらにスペクター・サンンドでつつみこんだ曲を松田聖子に提供しています。『風立ちぬ』に収められた「一千一秒物語」。大瀧さんの作った曲の中では僕にとっては間違いなく3本の指に入るほど好きな曲。というよりも、僕はたぶん『ロンバケ』よりも『風立ちぬ』を先に聴いてこの曲が死ぬほど好きになっていたので、僕にとっては記念すべき曲。で、この曲は冬、というかクリスマスの時期の雰囲気に溢れていて、大瀧さんの作ったとびっきりのクリスマスソングだと考えています。


一応、ついでに「Hold Me My Baby」を貼っておきます。これはバック・ウィルキン単独の曲ですね。


ところで、さっき触れた『レコードの本』という雑誌。この左のページの上に写っているジューク・ボックスは今もあったんでしょうか。もし、今も健在なら、一体どんな曲が収められているんだろう。まだ、アン・マーグレットの「Take All The Kisses」は入っているのかな?
a0285828_1115697.jpg
[PR]
# by hinaseno | 2012-12-17 11:02 | 音楽 | Comments(0)