Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

いよいよ世田谷ピンポンズさんのサプライズ(?)・ライブ。なんとうらやましい、そしてなんとラッキー。

ところで僕は食事の時にちょっと場所を移動したんですが、椅子などをセッティングし直して新郎新婦が椅子に座ってピンポンズさんが登場したときの状況を見たら、写真を撮るのに絶好の場所に座っていることがわかりました。

a0285828_11582656.jpg

目の前にクリスマス・コスチュームを頭につけた新郎新婦。そしてその間に世田谷ピンポンズさん。

思わず、最近覚えたばかりの言葉が頭をよぎりました。

「インスタ映えするな~」

と。


実際、カメラのファインダー越しに見ると、なんともファンタジックな、メルヘンチックな世界がそこに。胸がときめきました。ってことで、あれやこれやとカメラをいじりながらいろんなイメージの写真を撮りました。

とりわけ気に入ったのはこの1枚。

a0285828_11584849.jpg


さて、待望の1曲目は…。

そういえば窪田さんは以前、この日のことでちょっと話をした時に、1曲目には藤井フミヤさんの「TRUE LOVE」を歌ってくれることを強く希望していました。でも、残念ながら違っていました。ただし、あっと驚く他人のカバー。安室奈美恵さんの「CAN YOU CELEBRATE?」でした。この日のためにすごく練習してきた、というわけではなさそう。でも、これも素敵なプレゼント。つかみはOKでした。

と、書きつつ、僕は「CAN YOU CELEBRATE?」という曲を知らなかったんですね。音楽はたくさん聴いているけど、有名でも知らない曲はいっぱい。そういえば一昨日のブログに書いたゆずぽんさんがサプライズで歌った歌はくるりの「春風」という曲だったそうです。これも知りませんでした。

一応、一昨日のブログに書き足しました。それから歌っているゆずぽんさんの写真も貼りました。動画でなければOKだったようなので。


で、気を取り直していよいよ本番、ということでここから5曲。

最初の2曲は、なんと歌詞に珈琲の出てくる喫茶店ソング。珈琲に関する話をずっとブログに書き続けていたので、まるで僕への贈り物のように思えてしまいました。本当はもちろんこの日結婚式を挙げた二人のためのものであるにもかかわらず。

でも、その曲に限らず、それが二人をお祝いして歌っている曲だと知りつつも、聴いているうちに何だか自分のためだけに歌われているように思えてくるという感覚を抱いたのは僕だけではなかったはず。そういった関係ができてしまうと離れられなくなってしまうんですね。


さて、その喫茶店(珈琲)ソングの1曲目は「喫茶ボンボン」。僕がおひさまゆうびん舎で初めてピンポンズさんに会った日、家に戻ってすぐにYouTubeでチェックして最初に聴いたのがこの曲でした。これが気に入っていっぺんにピンポンズさんのファンになったんですね。

この曲、つい先日書いたこの日のブログでもとりあげていました。これ、実はその前日に余白珈琲さんがInstagramのコメントで「喫茶ボンボン」の歌詞をとりあげていたので僕も、と思って書きました。もちろんピンポンズさんはそんなこと知る由もないはず。


で、喫茶店(珈琲)ソングの2曲目は例の「喫茶 大陸」。先日、イーグレひめじで姫路城をバックにピンポンズさんが歌った曲ですね。この曲、僕は聴くのが初めてだったんですが、とにかく素晴らしかった。歌詞には「白鷺」とか「大手門」とかも出てきて姫路の人への贈り物として作られたのかもしれませんが、曲としてとても優れていて、姫路と関係がない人が聴いても絶対に気に入ってくれるはず。

そういえば以前窪田さんがピンポンズさんに喫茶店関係の曲を集めたアルバムを作ってほしいと言っていましたが本当にその通り。「喫茶 大陸」はそのアルバムを代表する曲になると思いました。アルバム・タイトルは「珈琲の味は恋の味」で。ヒット間違いなしです。


せっかくなのでInstagramに投稿した「喫茶 大陸」の動画をリンクしておきます。サビの部分だけですが。

これ、慌てたためにiphoneを縦にしたり横にしたりしたので、この部分は映像が横になってしまいました。右に首を傾けて見てください。


さて、喫茶店(珈琲)ソングが2曲続いた後は「チョコレット」。窪田さんが作った指輪のチョコレートにつながったんですが、ピンポンズさんは指輪交換の時にはいなかったのでこれはたまたまだったよう。もしかしたら、ちらっと指輪を見て、とっさに歌うことを決めたのかな。チョコレート好きのゆずぽんさんはうれしかったでしょうね。

ちなみに僕も大のチョコレート好き。毎日、昼食後に珈琲を飲んだ後にはちょっとだけ苦いチョコレートを3つぶ食べています。ということなので喫茶店(珈琲)ソングのあとに「チョコレット」が歌われたのは個人的にはつながりとして最高でした。


そして4曲目は「プカプカ」。ディランⅡ.のカバーです。これにはちょっとした理由が。

実は以前、ゆずぽんさんがこんなツイートをしていたんですね。


仮にピンポンズさんがカバーアルバムを出すとして、仮に僕が一曲選べる権利を手にしたとすれば、ぜひ「プカプカ」歌って欲しいなぁ。と昔から思っていた。仮におひさまさんなら、フミヤくんを選ぶのだろうか。

ピンポンズさんがこのゆずぽんさんのツイートを見た数日後に又吉直樹さんと会った時に、又吉さんからも「プカプカ」をカバーするとぴったりだと言われて、おっと思って「プカプカ」を歌うようになったそうです。ゆずぽんさんと又吉さんがつながったんですね。ゆずぽんさん、おそるべしです。ちなみに僕は「プカプカ」という曲を(も)知りませんでした。


そして最後は「LOVE LOVE愛してる」。これも初めて聴いたけどとってもいい曲。結婚したばかりの二人にもぴったりの曲でした。


さて、式はこのあとも続いたようですが、僕は帰る時間が来てしまったので、ここでお先にということになりました。ゆずぽんさんとかほりさん、そしておひさまゆうびん舎の窪田さんに見送ってもらいました。


最後にもう一枚、ピンポンズさんがちょうど「喫茶 大陸」を歌っているときの写真を。これもインスタ映えしてますね〜、って言葉の使い方、合ってるのかな?。

a0285828_12034297.jpg


これは特に画像処理もせず、明るさの調節だけをしました。ライブのときの実際の部屋の明るさはちょうどこんな感じだったんですね。

壁に取り付けられた小さな照明の光が、窪田さんの作った垂れ幕ごしに、ちょうどピンポンズさんの顔近くでいい感じで輝いています。そして右側の本棚に並んだ本越しに暮れなずむ姫路の街の風景が見える。

見えているのは通りの向こう側の建物と、通りを行き交う車と人。この本越しに見える街の風景というのもピンポンズさんの歌をさらに魅力的なものにしているんですね。少なくとも僕にとっては。

そう、僕にとっては窓から見える向かいの建物の500mくらい先に流れている船場川が見えるんですね。今からちょうど90年前の木山捷平を追い求めて、そのあたりを何度も何度も歩いていたから。


最後は自分の話になってしまいましたね。でも、最高に素晴らしい結婚式でした。やはりそれはおひさまゆうびん舎という場で行われたからこそです。この日のためにいろいろしてくださった皆さんに心から感謝します。そして窪田さん、本当にご苦労様でした。


ゆずぽんさん、かほりさん、改めてご結婚おめでとうございます。いつまでもお幸せに。


[PR]
# by hinaseno | 2017-12-13 12:04 | 雑記 | Comments(0)

今日、といっても残りはほんの数分になってしまいましたが、今日12月12日は木山捷平が昭和2年に「船場川」という詩を書いてからちょうど90年目の日でした。
この日のために何かしようとずっと考えていたのに結局何もできませんでした。
ちょっと残念。

せめてものお祝いということで世田谷ピンポンズさんのライブの動画をリンクしておきます。
今年の3月25日におひさまゆうびん舎で行われたライブです。









[PR]
# by hinaseno | 2017-12-12 23:55 | 木山捷平 | Comments(0)

誓いの言葉の後は結婚証明書にサイン。用意されていたのは真っ白な本。その1ページ目に2人はサインしました(名前の部分は消しています)。

a0285828_14544517.jpg


実はこの本を用意してくれたのは夏葉社の島田潤一郎さん。夏葉社から出版された『移動図書館ひまわり号』の束見本だそうです。帯と、二人が署名した次のページには島田さんからのお祝いのメッセージが添えられていて。改めていうまでもないけど島田さん、本当にいい方です。そういえばゆずぽんさんは確か夏葉社の本をぜんぶ揃えられたんですね。一冊だけ、『海文堂書店の8月7日と8月17日』が手に入らないと言ってたけど、それもようやく入手したようです。

さて、その白い本の後のページにはおひさまゆうびん舎の常連と、おひさまゆうびん舎とつながりのあるいろいろな方々のお祝いのメッセージが入っています。一応僕も。

そして指輪の交換。実はこの指輪も窪田さんが作ったもの。よく見えなかったけどチョコレート(おひさま的には「チョコレット」ですね)がデザインされていました。ゆずぽんさんがチョコレート好きなことを知ってるんですね。


このあと常連さんを代表して、今年の6月に生まれたばかりの赤ん坊を抱いたなっこちゃんがお祝いのメッセージ。本当は赤ん坊をだれかに預けて用意していた紙を読みたかったみたいだけど、赤ん坊がちょっとぐずったので結局、何も見ないで話すことになったんですが、でも、それが逆になっこちゃんらしさが出ていて、愛とユーモアに溢れた心温まる素敵なメッセージになっていました。いつもながらなっこちゃんの周りを和ませる力には感心します。

a0285828_14550886.jpg


で、次がケーキ入刀。




実は(「実は」って話が多いんですね)このケーキはあの喫茶 大陸のケーキだったんですね。先日姫路で開かれたイベントに参加された世田谷ピンポンズさんが披露した新曲が「喫茶 大陸」。喫茶 大陸はおひさまゆうびん舎からほど近い場所にある昔ながらの純喫茶ですが、ピンポンズさんが歌ったことで一躍脚光をあびることになったんですね。そこのケーキを用意するなんて、みなさんやるなあ。式の前に喫茶 大陸に行っとけばよかったなとちょっと後悔。でも、このケーキ、美味しかった。


そしてここからは常連さん達による出し物。最初は”星くず”さん率いるスターダスト人形劇団(おひさまの常連さんがほとんど参加)による人形劇。

a0285828_14560376.jpg


”星くず”さんがこの日のために脚本と人形を作ったそうですが、人形もよかったし脚本もすばらしかった。”星くず”さんは僕の最近のブログも読んでいて、劇団の名前を最初はスキマ人形劇団にしようと思ったと。ただ、似たような名前の劇団があったのでやめたそうです。スキマは大事だけど名称としてはスターダスト人形劇団のほうがはるかにいいですよね。でも、うれしかったです。

一番笑ったのは「埴原一亟」が出たとき。こういう笑いが通じるのっておひさまならでは。やるなあ。


次は窪田さんと”星くず”さんによる絵本の読み聞かせ。読んだのは『しろいうさぎとくろいうさぎ』(ガース・ウィリアムズ著・イラスト)。窪田さんがしろいうさぎ、”星くず”さんがくろいうさぎの役。これも素敵な話でした。

a0285828_15002617.jpg



で、ここからはいろんなサプライズが始まります。まずはゆずぽんさんのギターの弾き語り。

a0285828_10243605.jpg


歌ったのはくるりの「春風」。かほりさんの大好きな曲だったようです。この歌を歌うこと、かほりさんに秘密にしておくのは大変だったようです。かほりさん、すごく喜んでいました。これは本当のサプライズ。

それからいろんな人たちからのプレゼント。みなさん、心がこもった素敵なものばかりでした。

a0285828_15022524.jpg


順序はちょっと違っているかもしれないけど、ここで参加者全員で吉野弘さんの「祝婚歌」を読みました。これ、読んだのはかなり久しぶりだったけど、いい言葉がいっぱい。胸が熱くなりました。


そして、最後に超サプライズ。なんと世田谷ピンポンズさんが来てくれたんですね。といってもピンポンズさんが来ることはみんな知ってたみたいだけど。

で、ピンポンズさんを交えて古本クイズのコーナー。窪田さんが岡崎武志さんの『古本入門』という本の中から何問か出題。ピンポンズさんが来ると、やっぱり窪田さんはピンポンズさんが一番。ってことで手を挙げてもないのにピンポンズさん、ピンポンズさんと当て続けていました。

とはいえゆずぽんさんはやはり古本の世界に詳しくてほとんど正解していました。僕は一問もわからなかった。


ここで到着したばかりのピンポンズさんに一息ついてもらうために休憩&食事タイム。”星くず”さんはちゃっかりゆずぽんさん人形をピンポンズさんにつけてもらって記念写真撮ってました。

a0285828_15011605.jpg


で、一息ついて、新郎新婦がお色直しして登場。クリスマスが近いということで新郎は頭にトナカイの角、新婦はサンタの帽子をかぶっていました。かわいいですねえ。ってことでこの日の主役が揃っての記念写真。

a0285828_15020100.jpg


そしていよいよピンポンズさんのライブが始まりました。


[PR]
# by hinaseno | 2017-12-11 15:02 | 雑記 | Comments(0)

今年の8月の末に久しぶりにおひさまゆうびん舎を訪ねました。夏葉社フェアの最終日の前日だったでしょうか。その日は姫路美術館で杉浦さやかさんのワークショップがあったそうで、杉浦さんのフェアを共同開催していたおひさまゆうびん舎にも杉浦さんのファン(ほとんどが子供連れの家族)がびっくりするくらいたくさん来ていていました。客が切れたら窪田さんと話をしようかと思ったんですが、切れることなく次から次へと。


そんな次々に階段を上ってやってくるお客さんの中に見たことのある人たちが。それがゆずぽんさんとかほりさんでした。考えたら何かのイベント以外の日に二人が一緒にいるところに出会うのははじめて。ただ、このときもお客さんがたくさんいたので少しだけ言葉を交わして、あとは本を読みながら客の切れるのを待っていました。僕も、たぶんゆずぽんさんたちも。でも、いっこうに客が切れる様子のないまま帰る予定の時間が来たので残念ながら窪田さんともほとんどしゃべることのできないままその日は帰りました。


実はまさにこの日、二人は窪田さんに結婚することを告げたんですね。二人はお客がいなくなるのをずっと待っていたようです。そして、そのとき、式は挙げないと言ったので、それじゃあおひさまゆびん舎で式を挙げたらということになって、今回の結婚式が決まったそうです。

夕方、ちょうど家に着いた頃、窪田さんからそのことを教えてもらいました。もちろん大変な喜びよう。そりゃあうれしいですよね。お店をひとつ持った人間としてこれ以上の喜びはないはず。

そして僕も、おひさまゆうびん舎には2時間足らずしかいれなかったのに、そんな大事な日に二人に会うことができたなんて、なんと幸運なことだろうと思いました。おひさまという場にある魔法が(これまで何度もあったように)そういう不思議な縁を用意してくれるんですね。


そうだ、縁といえば。

式でかほりさんが、二人は雨に縁があると言っていました。初めて会った日も雨。そして入籍した日も雨。

入籍したその日、二人はおひさまゆうびん舎にやってきて入籍の報告をしたそうです。その後、窪田さんから連絡をもらったんですが、実はその日は水曜日。そう、「雨のウェンズデイ」だったんですね。

大瀧さんの『ロング・バケーション』のB面の1曲目に収められたこの素敵なバラードを知ってから”雨の水曜日”を心から愛するようになっていたので、二人が入籍した日が”雨の水曜日”とわかって、なんともいえないハッピーな気持ちになりました。これも素敵な縁。


おひさまゆうびん舎で結婚式を挙げると決まって、窪田さんは空いた時間を使って、というか、たぶん寝る間も惜しんでこの日のためにいろんなものを準備していたようです。先日、塩屋に行った帰りに立ち寄った時もものすごく手間のかかる細かい作業をしていました。それが式のときに二人の後に吊り下げられていた垂れ幕でした。見た人はみんなびっくり。他にも店内にはどれくらい手間をかけたのか想像もつかないようなものがあちこちに飾られていました。

先月来、贈与と、その贈与が人と人とをつなぐ話をずっとしてきたんですが、窪田さんの気持ちの贈与力はもうすごいとしかありません。いつも感心しつつ、そしていつも心配しています。


さて、式が始まって、最初の誓いの言葉の場面で早くも神父役の窪田さんは(予想通り)嗚咽が出始めて、かほりさんも他の常連さんたちももらい泣き。

a0285828_12324828.jpg


実はこのシーンを撮るとき、僕のiPhoneはLive設定になっていて(知らないうちになっているんですね)、ちょうど窪田さんとかほりさんの言葉のやりとりが入っていました(結果オーライ)。

窪田さんの「誓いますか」のあと、「はい、誓います」と言う瞬間のかほりさんの表情の可愛いこと。これ以上ないほど輝いていました。こんな表情を正面から見たら、それは泣いちゃいます。また、今度見せてあげなくちゃ。


[PR]
# by hinaseno | 2017-12-10 12:49 | 雑記 | Comments(0)

どんなときでも本屋に立ち寄れば(レコード屋もそうだけど)幸せの度数が3目盛りくらい上がります。でも、ひとつだけ目盛りが10くらい上がる特別な本屋があって、それが姫路のおひさまゆうびん舎。近くの商店街にやってきて2目盛り。入口に立って3目盛り。そして階段を上がって5目盛り。で、店主の窪田さんの顔を見て、さらにそこに顔なじみの常連がいれば幸せの度数の目盛りはどんどん上がっていくことになります。


一昨日、そのおひさまゆうびん舎でさらに幸せの度数が上がるようなイベントに参加させてもらいました。おひさまの常連さんの結婚式が開かれたんですね。

式を挙げたのは、若いのに今や日本全国の古本界にその名を轟かせているゆずぽんさんと夢見るように愛らしいかほりさんのお二人。二人とはおひさまで開かれたいくつものイベントで何度も顔を合わせていました。

ゆずぽんさんからは会うたびに木山捷平の本の数を増やしていると聞いていて、戦後のものは全て集めましたと聞いたのはかなり前のこと。僕の持っている本の数をとっくに超えちゃったようです。


そう、ゆずぽんさんといえばこの美しい本のことを紹介しておかないと。かなり限られた部数(100冊くらい?)だったはずですが、ありがたいことにいただくことができました。

a0285828_13545454.jpg


横に広い、余白だらけの白い表紙の真ん中に、小さく縦書きで書かれた「古本屋にて、」の文字。これをおひさまゆうびん舎でいただいたときに、たまたまとなりに高橋和枝さんがいらっしゃったのでお見せしたら「この字、手書きですね」と。確かにそうなんですね。一見普通の明朝体の活字に見えるけど、実は昔の古い本に使われていたような活字を模した手書きの文字なんです。さすが高橋さん。


本の中を見ると、ゆずぽんさんが愛する10の古本屋が、写真とそこを訪れたときのささやかなエピソードを添えて紹介されています。

倉敷の蟲書房から始まって善行堂やトンカ書店など知った店が並び、そして最後のページに載っているのがおひさまゆうびん舎。

a0285828_13552978.jpg


書かれているのは、おそらく2年前の2月から4月(早春ですね)におひさまゆうびん舎で開かれた「没後50年 小山清展」のときのことのよう。この展示会の時、僕はイベントをお祝いするためにちょっとした文章を書いたのですが、窪田さんからそのお礼としていただいたものがありました。それがゆずぽんさんの文章にも登場する耳かきと爪切りでした。


僕はこのイベントの最終日の夕方に行ったんですが、並べられた本の一冊を読んでいた時に突然、窪田さんの悲鳴が起きたんですね。悲鳴の方向に目を向けると見たこともない一人の男性が立っていました。

そう、それが世田谷ピンポンズさん。ピンポンズさんが店にやってきたのはその時が初めて。

このときのピンポンズさんと交わした会話から「船場川」という曲が生まれ、ここでピンポンズさんが読んだ小山清の「春」というエッセイから「早春」という曲が生まれたんですね。

ゆずぽんさんのエッセイにも近づく春のことが書かれていますね。そう、おひさまのイメージはやっぱり春(早春)。いろんなものが始まる季節。本当にいろんなことがここから始まりました。


ところで改めてこの本のタイトル「古本屋にて、」のこと。「古本屋にて」でもなく「古本屋にて。」でもなくて最後に読点が打たれているのがいいですね。ちょっと一区切りということで、ゆずぽんさんの古本屋巡りの物語はこれからもずっと続くわけです。と同時に、ここに載っている古本屋(だけでなく、がんばっている町の小さな本屋さんも含めて)がなくならないで続いてほしいという願いも入っているように思いました。

いずれにしてもこの本はゆずぽんさんにとっての第一歩。きっとこれからさらに大きな歩みをしていくだろうと期待しています。


[PR]
# by hinaseno | 2017-12-09 13:57 | 雑記 | Comments(0)