Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

このブログを読まれている人で、コアなビーチ・ボーイズ・ファンがどれだけいるかわからないけど、この『The Big Beat 1963』という未発表作品集のことを知っている人がどれだけいるでしょうか。

a0285828_13041061.jpg

リリースされたのは4年前の2013年。リリース元はCapital Recordsなのですべて公式な音源。ただしCDの形ではなくてiTunesでの配信。しかも北米のみ。日本じゃ買えないんですね。泣きました。

発売されたのを知ってからずっと日本で帰るのを待っていたんですが、一向にそうならない。いろいろとネットで調べたら日本でも買う方法があるとわかったものの、かなり面倒くさい手続きを踏まなくてはならいようだったので二の足を踏んでいましたが、先日ようやくゲット。もちろん不正な形ではありません。


収録されている曲は全てブライアン・ウィルソンがらみの曲ばかり。ボブ・ノーバーグが関わった曲もいくつも含まれています。Bob & Sheri名義の曲も2曲。「The Big Beat」と「Ride Away」という曲。いずれも初めて聴きました。


このアルバムでいちばんのお目当てはこの「Summer Moon」という曲でした。この音源の状態はかなり悪いです。




歌っているのはボブ・ノーバーグとVickie Kocherという女性。Vickie Kocherという人はVictoria Haleという名前で女優もしているようで映像には彼女が出演したドラマのシーンも取り入れられていますね。Victoria Haleさんは昔から大変美しい人だったようで、ブライアンたちと出会った頃にもミス・ロサンゼルスとかいろんなミスに選ばれていたようです。

ちなみにこのビデオをアップしているのはVictoria Haleさん本人。時々読んでいる佐野邦彦さんの運営されているWebVandaにもこの音源のことが紹介されていました。

で、この音源が公式な形で『The Big Beat 1963』に収録されたんですね。ただし音はYouTubeでアップされたのと全く同じもの。マスターはないみたいですね。

さて、このBob & Vickieによる「Summer Moon」、聴いてびっくりなのはオケがビーチ・ボーイズの「The Surfer Moon」と全く同じなんですね。でも録音されたのはこちらが先。

ブライアンたちと知り合ったVickieは、ある日ブライアンとボブ・ノーバーグの住んでいたアパートに行きます。当時Vickieは18歳。そこでブライアンとボブ・ノーバーグはいくつか曲を演奏します。そのときVickieがいちばん気に入ったのがBob & Sheriのために作った「The Surfer Moon」。Vickieがそれを録音したいと言った時、ブライアンとボブ・ノーバーグは顔を見合わせてにっこりだったようです。ブライアンは男女のデュオをプロデュースすることにずっと関心を持ち続けていて、しかも「The Surfer Moon」はまさにそのために作っていた曲だったので渡りに船だったみたいですね。すぐに録音することに決めます。ただ、そこでVickieからひとつ提案が。私はサーファーじゃないからタイトルをサーファーからサマーに変えて欲しいと。

ということでタイトルだけでなく、歌詞の一部も変えて「Summer Moon」が録音されます。録音されたのは1963年5月9日。場所はハリウッドのユナイテッド・レコーダーズ。ミュージシャンはギターがボブ・ノーバーグ、ピアノがブライアンの他は例のレッキング・クルー。ドラムはハル・ブレイン、ギターはグレン・キャンベル、ベースはレイ・ポールマン。悪かろうはずがありません。

でも、結局Vickieとボブ・ノーバーグが歌ったものはボツになります。ボブ・ノーバーグはいうまでもなくVickieの歌もあまり魅力的とは言えないので(ブライアンのお父さんのマレーもVickieに「初めて恋をした女の子のように歌うんだよ」とかいろいろと歌唱指導したようですが)、仕方がないでしょうね。声の魅力はBob & SheriSheriの方がはるかにありますね。

ちなみにブライアンはVickie & Bobのために別の曲も用意していたようで、それがのちに『Good Vibrations Box』に収録された「Little Surfer Girl」だったとのこと。へえ~、ですね。

個人的にはVickieよりもSheriに歌われていたらよかったなと。


The Surfer Moon」は結局、ブライアンのダブル・ボーカルという形でアルバム『Surfer Girl』に収録されます。曲を好きだったということもあるとは思いますが、その頃、ビーチ・ボーイズは立て続けにアルバムを発表しなければならなかったので、数合わせに収録した可能性が高そうです。

さて、大瀧さんは果たしてBob & Sheriの「The Surfer Moon」を聴いていただろうかということですが、僕はおそらく聴いていたに違いないと思っています。それを聴いて曲の魅力を発見したんじゃないかと。

でも、多羅尾伴内楽團でカバーする時にはやはりビーチ・ボーイズのオケを参考にしたんですね。


これは『Becoming The Beach Boys 1961-1963』に載っていた若き日のVickie。個人的にはSheriがどんな顔をしていたのか気になります。

a0285828_13065173.jpg


[PR]
# by hinaseno | 2017-04-25 13:07 | ナイアガラ | Comments(0)

Bob & Sheriの「The Surfer Moon」は現在では(たぶん)公式な形でいくつかのCDに収録されているようです。僕が手に入れたのは『Surf Party: The First Wave』という10枚組のCDボックス。廉価盤なので解説は一切なし。ただ、オリジナルマスターから録音されたものかどうかはわかりませんが、音は『Still I Dream of You: Rare Works of Brian Wilson』よりもはるかにいいです。iTunesからもダウンロードできます。

ネット上で聴ける音源で一番いいのは、こちらのサイトに貼られていたオリジナルシングルからの音源。これにはびっくりでした。このサイトを運営しているももちゃんという人、とてつもなく貴重なレコードをいくつも紹介していますが、一体どういう方なんでしょう。

YouTubeにはいくつか音源が貼られていますが、一番いいのはやはりオリジナル・シングルから録音していると思われるこの音源でしょうか。




ちょっとびっくりしたのはこちらの音源。




あまり音も良くなくて、途中、サビの一番いいところで針飛びもしています。でも、コメントを見たらこんな言葉が書かれていたんですね。びっくりでした。


「sheri is my grandma. Isn't that cool?」


Sheriは私のおばあさんよ。いかすでしょ?」と。

どうやらこの音源をアップしたのはSheriことCheryl Pomeroyの孫娘さんのようです。下のコメントを見ると「これはオリジナルのレコードよ。傷があったりして音もクリアはないけどね」とか、さらには「おばあちゃんはこんなことも言っていたわ。ブライアンはこの曲をプロデュースしたけど、彼女とそのパートナーのボブも曲の一部を書いていたと。でも、レコードにはクレジットしてくれなかったと」。

コメントは7年ほど前のもの。そのときにはおばあさんのSheriも元気だったみたいですね。今も元気でいるんでしょうか。


さて、いい音で聴いたBob & Sheriの「The Surfer Moon」。とにかく素晴らしいの一語でした。

僕が読んだ限りこの曲に関しての感想を書いているすべての人がオケも歌もビーチ・ボーイズの方が格段にいいと言っていますが、僕は決してそうは思わない。むしろ本来この曲はこんなふうに男女のデュエット(基本的には女性のリードボーカル)で、ドゥーワップスタイルのシンプルなサウンドで歌われるべき曲だったんだなと思いました。

ブライアンのプロデュースは正しかったと。

Sheriもいい声しています。決してうまいとは言えないけど、でもこの曲にぴったりの歌い方をしています。

なんとなく先日亡くなったロージーがリードシンガーとして歌ったこの「Angel Baby」にもつながる雰囲気を持っています。




ところで、曲の初めに変な音が聞こえてきますね。一体なんの楽器だろうかと思っていたら、実はこれはコオロギの鳴き声。家の窓の外に出て録音したようです。Sheriの娘さんも書いていますね。


The Surfer Moon」に関しては面白い発見がいくつもあったんですが、その一つがこれ。




これはビーチ・ボーイズ関係の驚異の音源集『Unsurpassed Masters』の『 Vol. 1』に「The Surfer Moon (Inst. Take 1)」「The Surfer Moon (Inst. Take 2)」「The Surfer Moon (Inst. Take 3)」というタイトルで収録されているのをまとめたもの。このオケはまさにBob & Sheriのバージョンの「The Surfer Moon」のオケですね。Take 2から例のコオロギを鳴き声も入っています。今頃こんなことに気づくとは、でした。

それにしてもこのオケは華麗なストリングスの入ったビーチ・ボーイズのものとは比べ物にならないほどシンプルですが、例の循環コードを使ったまさにドゥーワップ調の曲であることを考えると、本来はこんな演奏がふさわしい曲なんですね。


さて、「The Surfer Moon」の話は4回くらいで終わる予定でしたが、この曲に関してもう一つびっくりする音源が存在することがわかったので次回その話を。


[PR]
# by hinaseno | 2017-04-23 15:21 | ナイアガラ | Comments(0)

Bob & Sheriの「The Surfer Moon」? 何、それ。 

と思ったんですが、調べたら僕のパソコンのiTunesの中に入っていました。M&M(知る人ぞ知る、ですね)という日本のレーベルから1993年に出た『Still I Dream of You: Rare Works of Brian Wilson』というCDに収録されたもの。オリジナル・マスターからではなく制作者の手持ちのレコードから録音したいわゆる板起こしなので音はめちゃくちゃ悪いです。

ただしブックレットは素晴らしくてビーチ・ボーイズ研究の第一人者である佐野邦彦さんによる解説も充実。Bob & Sheriの「The Surfer Moon」についても詳しい説明があります。それから一応、割と最近出版された初期のビーチ・ボーイズに関する研究書『Becoming The Beach Boys 1961-1963』も読んで、Bob & Sheriが「The Surfer Moon」を歌ったいきさつを確認しました。

a0285828_13182766.jpg

Bob & SheriのBobとはBob Norberg(ボブ・ノーバーグ)のこと。ボブ・ノーバーグは僕の最愛の曲の一つである「Your Summer Dream」の共作者ですね。SheriはボブのガールフレンドのCheryl Pomeroy(シェリル・ポメロイ)。ブライアンはビーチ・ボーイズとしての活動を始めた頃に、すでにBob & Sheriとして活動していた彼らと親しくなったようです。ブライアンは2人の関係をすごくうらやましがっていたとのこと。ブライアンはそんな彼らのために曲を作り始めます。それが「The Surfer Moon」。

その「The Surfer Moon」を作っていた頃、ボブはブライアンに家を出て一緒に暮らすように提案します。ブライアンが父親との関係に悩ませられていたのを知っていたんですね。ブライアンは喜んで了解。2人はいろいろと共作を開始。「The Surfer Moon」も完成してブライアンのプロデュースで録音。1962年10月に発売されます。

これがそのレコードのレーベルの画像。ネットから拝借しました。

a0285828_13184666.png

「Produced by Brian Wilson」と記された最初のレコードだそうです。きっとうれしかったでしょうね。ちなみにSAFARIというのはブライアンの父親マレーがつくったレーベルのようで、その下に記されている住所はマレーの事務所の住所とのこと。父親から距離を置こうとしていたブライアンですが頼るときには頼っていたんですね。

ところでこのBob & Sheriの「The Surfer Moon」のレコードですが、これが超レア・アイテム。『Still I Dream of You: Rare Works of Brian Wilson』の佐野さんの解説によるとこのオリジナル・シングルは世界でたった6枚しかないとか。ネットでチェックしたら日本円で30万から40万を超える値がついていました。でも、佐野さんも含めて日本人の何人かは持っているみたいですね。

一つ気になるのは大瀧さんがそれを持っていたかということ。持っていたら「ゴー!ゴー!ナイアガラ」でかけていたはず、と思いながらレア盤を誇る人ではないのでどうだったんでしょうか。でも、1978年に『多羅尾伴内楽團 Vol.2』を出すときにはオリジナルがBob & Sheriだと知っていたというのがすごいですね。ビーチ・ボーイズ・フリークである達郎さんから聞いたのかもしれないけど。


[PR]
# by hinaseno | 2017-04-22 13:20 | ナイアガラ | Comments(0)

ビーチ・ボーイズの「サーファー・ムーン」はとびっきり素敵なバラードでもちろん昔から大好きですが、でも、以前紹介した「私的ベスト30」には入れていない。同タイプのバラードの中では、どちらかといえば平凡な感じの曲に捉えていたので。他のバラードが素晴らしすぎるからなんですが。

とりわけ「サーファー・ムーン」の収録されたアルバム『サーファー・ガール』には「ユア・サマー・ドリーム」という屈指の名曲があって、それと比べてしまって僕の中ではどうしても影が薄くなっていました。「ユア・サマー・ドリーム」は1曲だけをリピートしたことは何度もあるけど、たぶん「サーファー・ムーン」はアルバムの流れの中で聴き流していただけ。1曲だけをリピートして聴くようなことはありませんでした。

さらにいえば『多羅尾伴内楽團 Vol.2』も正直あんまり熱心に聴いてきたとはいえなかったので、今回のシングル盤に針を下ろしたときにはいろんな意味で超新鮮に響いたんですね。しかもオリジナルには入っているはずの波の音が入っていない!

ただ、よく調べたら『NIAGARA BLACK VOX』に収録された『多羅尾伴内楽團 Vol.2』は波の音が入っていないことがわかりました。いかに聴いていなかったかがわかります。

で、改めて聴き比べて見たら何か違う。『NIAGARA BLACK VOX』に収められたものはステレオ、今回のシングルはモノ・ヴァージョンでした。

YouTubeに『NIAGARA BLACK VOX』の波音のないステレオ・ヴァージョンがあったので貼っておきます。




ところで、この多羅尾伴内楽團の「サーファー・ムーン」のシングルに最初に針を下ろして、そのイントロが流れてきたときに、僕の口をついてきた歌詞は、

♫There's a moon in the sky somewhere I know♫

ではなく、

♫3度鳴らしたクラクションが彼のお迎えの合図♫

でした。

竹内まりやの「真冬のデイト」という曲。

『NIAGARA 45RPM VOX』に収められたシングルを順番にA面B面と次々に聴いていたので、曲名をきちんと確認しなかったせいもあったんですが、似てるんですね。雰囲気が。

改めて多羅尾伴内楽團の「サーファー・ムーン」と「真冬のデイト」のイントロを聴き比べてみたら楽器の使い方から音の響きまでそっくり。このAmazonのサイトの『Denim』のディスク2に収められたものでイントロが視聴できるので聴いてみてください。

ちなみに「真冬のデイト」のアレンジをしているのはご主人でもある山下達郎。達郎さんは多羅尾伴内楽團には参加していませんでしたが、でももちろんレコードも持っていたはずですし、何度も聴いていたはず。

達郎さんもビーチ・ボーイズが大好きなので、このリズムの曲ならばビーチ・ボーイズっぽくと考えてやったんでしょうけど、結果的に一番似ていたのが大瀧さんのアレンジした「サーファー・ガール」だったというのが、なんともいいですね。


さて、『NIAGARA 45RPM VOX』の楽しみの一つは、シングル盤のジャケットの裏側を大きく見れること(小さいのは『All About Niagara』で見ていました)。本来はそこに歌詞が載っていたりするんですが、このレコードはインストなので歌詞はありません。その代わりに『多羅尾伴内楽團 Vol.2』のアルバムに収められた曲を全曲紹介しています。作曲者と、それを歌ったり演奏したオリジナル・アーティストの名前。

a0285828_14115552.jpg

「サーファー・ムーン」の作曲者はもちろんブライアン・ウィルソン。作詞もブライアンだったんですね。で、オリジナル・アーティストの名前を見たらこう書かれていました。

Bob & Sheri

ボブ&シェリ!?

ビーチ・ボーイズではなく。


[PR]
# by hinaseno | 2017-04-20 14:12 | ナイアガラ | Comments(0)

実は、ひと月ほど前にある方から、以前僕がこのブログに書いた願いごとが実現するというとんでもないビッグニュースをいただいて、ずっと東京に行くことを考えています。行かなければ絶対に後悔するだろうと。

東京のことを考えると自然に頭に流れてくるのがマイクロスターの「東京の空から」という曲。昨年行われたアゲインでのイベントの時に「My Baby」とともに歌われた曲ですね。本当にいい曲なんです。

そういえばマイクロスターに関してもこの日のブログで書いたことがようやく実現。そう、あの『She got the Blues』がアナログのLPとして来月に発売されることが決まったんですね。速攻で注文しました。これでようやく何もしなくても「My Baby」で針を一旦止めて、曲(あるいはA面全体)の余韻にしばらくひたることができます。

次はアナログ・シングルBOXですね。『NIAGARA 45RPM VOX(ナイアガラ 45 ヴォックス)』みたいな箱に10枚のシングルが収められた夢のようなBOX。またLPとは違った発見がきっとあるはず。


45回転のアナログのシングル盤レコードのファンであるならば誰でも知っていることですが、それまでCDかなんかで耳にしていた曲もシングル盤レコードを聴くとまるで違う曲を聴いているような印象を持ってしまうことがあるんですね。初めて聴いたかのように、今まで気がつかなかったその曲の魅力を発見するというような。

不思議なことに、あとでCDなんかと聴き比べてみるとたいした違いはなかったりするんですけどね。45回転のアナログのシングル盤レコードには間違いなく魔法があります。


3月21日に発売された『NIAGARA 45RPM VOX(ナイアガラ 45 ヴォックス)』で、いろいろな発見がいちばんあったのはこのレコードでした。

a0285828_13102165.jpg

プロモーション用に作られた(DJ COPY ONLY)レコード。もちろん非売品なのでうわさによればとてつもない値段がついていたようです。収められているのは『多羅尾伴内楽團 Vol.2』から2曲。A面が「心のときめき」、そしてB面が「サーファー・ムーン」。驚いたのはB面の方でした。

そう、ビーチ・ボーイズが1963年に発表したアルバム『サーファー・ガール』に収められたこの曲のカバー。作詞作曲はブライアン・ウィルソン。





[PR]
# by hinaseno | 2017-04-19 13:14 | ナイアガラ | Comments(0)