Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 12月 16日 ( 1 )



「Angel(天使)」好きになった理由は、「Angel」という言葉が題名につく曲に素敵なものが多かったから。エルヴィスの「Angel」、シェリー・フェブレーの「Johnny Angel」、シェルビー・フリントの「Angel On My Shoulder」、ロージー&ジ・オリジナルズの「Angel Baby」、クレスツの「The Angels Listened In」、ロイ・オービソンの「Blue Angel」、杉真理の「Crying Angel」などなど、どれもロマンチックな曲ばかり。有名ではないけど昔、達郎さんの番組でかかったTony Allenの「I Found An Angel」も死ぬほど好きな曲。

で、「Angel」で忘れてはならないのが「Earth Angel」。オリジナルはペンギンズですが、この曲といえばなんといっても映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のこのシーン。




僕が考えるロマンチックの極致がここにあります。このシーンを見るために何度この映画を見返したことか。何度見ても涙が出そうになります。


ペンギンズの「Earth Angel」は1954年の秋に発売されて1955年にかけて大ヒット。『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のマーティがタイムマシンを使って行ったのは1955年の世界なので、まさに曲がヒットしていたときですね。時代的にきちんと合っています。ちなみにペンギンズはロサンゼルスで結成されたグループ。天使の町に暮らしていた少年たちがハイスクール時代に作ったんですね。


さて、話は先日のゆずぽんさんとかほりさんの結婚式のこと。この結婚式に向けての話を窪田さんとしていたとき、式のときにかける音楽をどうしようか考えていると言ってたので、じゃあ僕が、ってことで1枚のCDを作ることにしました。

で、何はともあれロマンチックな曲を、と思ってまず浮かんだのが『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のあのシーンでした。絶対に「Earth Angel」を入れようと。で、それにつなげる形で「Angel」がらみの曲を並べることに。ただジャンルがバラバラだと統一感がなくなるので僕にとって一番ロマンチックな音楽であるドゥーワップの曲を中心に集めることにしました。

それからゆずぽんさんもかほりさんも本が大好きなのでタイトルに「book」がつく曲も入れようと。やはりジャンルはドゥーワップで。ってことで映画『アメリカン・グラフィティ』でも使われたモノトーンズの「Book Of Love」と、大好きなディオンがブルース・スプリングスティーンの曲をドゥーワップ・スタイルでカバーした「Book Of Dreams」を2曲。本を愛する2人が夢を叶えるってイメージですね。

そういえば「Angel」は鈴の音とも相性がいいなと思って「Bell」の曲も。あとは好きなドゥーワップの曲を、タイトルが物語風になるように並べてみました。イメージとしてはかほりさんを「Angel」にしたわけです。で、かほりさんは「夢」ともつながりのある女の子だと知っていたので、「Book Of Dreams」の前にドゥーワップではないけど大瀧さんの「夢で逢えたら」の歌のないバージョンを入れました。


ところで、その先日の結婚式の時に、例の星くず”さん率いるスターダスト人形劇団がした人形劇でちょっと驚いたことが。あの劇のかほりさん役の少女の名前がなんと「エンジェル」だったんですね。これにはびっくり。「赤ずきん」が下敷きになっていたとはいえエンジェルは赤い服を着ている。

a0285828_13214086.jpg


そしてこのあとかほりさんは赤ずきんというか赤いサンタ帽をかぶって登場。いったいどれくらいのたまたまがあったのやら。いや、面白すぎます。


ところで僕が作ったCDには収録時間いっぱいに曲を入れましたが残念ながら外した曲がいくつもありました。その一つがJesse & Marvinの「Dream Girl」という曲。「夢」と「ガール」つながりでいいかなと。でも、結局外したんですが、さっき調べたら「Earth Angel」はこの曲を下敷きにしていたとのこと。Jesse & MarvinのJesseことジェシー・ベルヴィンは「Earth Angel」の作者の一人でした。

それから結婚式がクリスマスに近いということでクリスマスがらみの曲を入れようということで例の『スヌーピーのクリスマス』から最初に「O Tannenbaum」を、最後に「Angel」つながりで「Hark! The Herald Angels Sing」を入れようと思ったけど、これも時間の関係でカットしました。


この曲といえば、とっても素敵な天使が出てくる大好きなクリスマスの映画があります。ほぼ毎年観ています。それは『素晴らしき哉、人生!』という映画。

そのエンディングで「Hark! The Herald Angels Sing」が歌われるんですが、このシーンは何度見ても号泣。鈴の音がポイントです。




ちなみにこれが作ったCD。わかる人にはわかるようにジャケットの写真にはいろんなものを入れています。

a0285828_13212768.jpg


[PR]
by hinaseno | 2017-12-16 13:22 | 雑記 | Comments(0)