Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

2017年 10月 29日 ( 1 )



この日のブログ、一昨日の夜から昨日にかけてかなりの数のアクセスが続いていました。今日もまだ続いているかな。

先日紹介した「数学的媚薬」が朗読される『この声をきみに』が一昨日の夜に放送されたんですね。放送後、「数学的媚薬」のことがSNSでかなり評判になって、ドラマを見ていない人がそれを調べようとして僕のブログにたどり着いたようです。一時はGoogleで「数学的媚薬」を検索したら2番目くらいに僕のブログが入っていました。


それはさておき、やはり気になったのでそのドラマを見ました。主演は竹野内豊さん。朗読だけかと思ったら、途中からドラマ仕立てになっていました。

実はあの話は男性同士の同性愛を扱ったものなんですが、読み始めたときにはそれに気づかないんですね。「愛」でまとめられた物語に入っているので、まあやっぱり男女の恋愛と思い込んで読みますよね。でも、途中から、なんだかおかしな感じになって(例えば交際相手の「ジョン」がセーターを編んでいて、語り手が自分を「僕」と呼んでいる)、ようやく同性愛の話と気づく。でも、ドラマだと始めから男同士が登場しているので、ちょっと面白みに欠けるかな。本とテレビの大きな違いですね。


僕が「数学的媚薬」に惹かれたのはなんといっても小川洋子さんの『博士の愛した数式』で知った友愛数(親和数)を使った素敵な物語だったから。ドラマを見ていておっと思ったのは、物語には書かれていない「220」と「284」の友愛数(親和数)が説明されていたこのシーン。

a0285828_12382338.jpg


220と284といえばこの日書いた文章。タイトルは「228と288」。とはいっても228と288は友愛数ではありません。228と288の、その数を除いた約数の合計はそれぞれ332と531です。

228と288というのは木山捷平が姫路にいたときに、いくつかの資料に残されていた南畝町の番地ですね。この2つの番地の謎を解明しようと思った大きな理由は、それが僕の大好きな友愛数の組み合わせ220と284にとてもよく似た数字だったということもあるんですね。僕という人間はそういうささいなことで縁を感じて動かされてしまいます。

ただ、この文章を書いたときには、まだどちらの番地のことも解明できていなくて、あの近辺をぶらぶらと歩き回っていた頃でした。

ああ、なつかしい。

そういえば288は解明できたけど228については大きな壁にぶち当たったままです。「壁」のことについては言えないけど。


ところで「縁」といえば宮治淳一さんの『MY LITTLE TOWN 茅ヶ崎音楽物語』はアッと驚く話ばかり。いや、とにかくすごい。一番気になるのは最終章の桑田佳祐に関する話なんですが、それ以前にも興味深い話だらけ。


昨日読んだのは第3章の喜多嶋修さんの話。喜多嶋修さんは加山雄三さんの従兄弟で、加山さんのバックバンドであるランチャーズの主要メンバーだったようですが、僕はこの人のことを知りませんでした。なんとこの人、僕が子供の頃にちょっとあこがれていた内藤洋子(『ひよっこ』に彼女のことが出てきたらしいですね)と結婚した人だったとは。彼女が突然結婚して引退したのは子供心にびっくりした記憶があります。


その喜多嶋修さんの話の中に吉野金次さんが登場してきた時には、思わず、おおっ、となってしまいました。吉野金次さんといえばエンジニアとして有名な人で、大瀧さんともはっぴいえんど時代から関わっていて、佐野元春さんの初期のアルバムのエンジニアもしていました。その吉野さんが「うら若き見習いのエンジニア」として登場するんですね。本では大瀧さんは出てこないけど細野晴臣さんが出てきます。へえ~、という話ばかり。

なんだかしばらくこの本の話をしてしまいそうです。


そういえば前回書き忘れたんですが、その宮治さんの『MY LITTLE HOMETOWN 茅ヶ崎音楽物語』の出版社はなんとポプラ社。ちょっと驚き。

ポプラ社といえばなんといっても高橋和枝さんの『くまくまちゃん』シリーズを出している出版社。どちらかといえば絵本や子供向けの本を出版している会社だと思っていたんですが、そうではなかったんですね。

高橋さんはそのポプラ社から『コーヒータイム』という素敵な本も出されています。こちらは大人の絵本ですね。この本に絡めてコーヒーの話もしたいんだけど、思い通りに書けない状態が続いています。

a0285828_12400431.jpg


[PR]
by hinaseno | 2017-10-29 12:40 | 雑記 | Comments(0)