Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

2017年 10月 13日 ( 1 )


「ゴリラのゴンちゃん」


アゲインの店主石川茂樹さんによる「マスターの自由自在」の話をもう少し。

この企画では話の途中で会場に来ている人がいきなり呼び込まれるというのが面白いところ。少し前の石川さんのブログに呼び込まれた人の名前が書かれていたので誰が呼び込まれたのかはわかっていましたが、でも、いきなりなので呼び込まれた人はいずれも戸惑いながらの登場。


個人的にいちばん見たかったのは、今回の石川さんの企画のきっかけになったという「ようこ」というシンガー。この女性、初めてアゲインを訪れたときからなんだか気になる存在で、いろいろと大丈夫かなと思わせる部分がいくつもあったのですが(あくまで石川さんのブログでの書かれ方のせいですが)、でも、アゲインで初ライブをしたときには、なんと19人もの集客があったんですね。

このライブの後、石川さんは「ようこ」にけしかけることをしただけではフェアではないと考えて(この辺りが石川さんらしい)、自分も何かしなければと思いうことで今回の企画をする運びになったんですね。で、やるからには「ようこ」の19人には負けたくないと。結果的にはその数を上回ったので一安心だったようです。


というわけで「ようこ」が呼び込まれたシーンを楽しみにしていたんですが、残念ながら今回送られたディスクにはその部分は入っておらず、2枚目のディスクはその次に呼び込まれたペットサウンズの森勉さんが登場しているシーンからということになっていました。

a0285828_12531661.png


話題はジャック・ケラー。

森さんはジャック・ケラーに関してはそれほど熱心には聴いていないようにおっしゃられていましたが、でも、さすがリアルタイム世代という話が出てきて、それが聞けただけでも満足でした。

ちなみに森さんが登場されていたときに映されていたのは、最近発売されたキャロル・キングのライブの映像。で、ジャック・ケラーの話になったときに、「キャロル・キングとジャック・ケラーってけっこう間違われる」と。確かにあの大瀧さんも「ゴー!ゴー!ナイアガラ」のキャロル・キング特集のときに、間違えてジャック・ケラーが作曲したエヴァリー・ブラザーズの「How Can I Meet Her?」をかけてしまったんですね。

それはさておき「ジャック・ケラーの曲の中で印象的な曲は何ですか?」という石川さんの問いに対して森さんが答えられたのが意外な曲。僕はもちろんよく知っていましたが、知る人ぞ知るという感じの曲。大瀧さんのジャック・ケラー特集でも達郎さんのジャック・ケラー特集でもかかっていないこの「Makin’ With the Magilla」という曲でした。歌っているのは「ロコモーション」をはじめキャロル・キングの曲をたくさん歌っているリトル・エヴァ。




森さんの話によるとこの曲は日本で1966-67年に放映された「ゴリラのゴンちゃん」という短いテレビアニメの主題歌だったようで、森さんはそれを見ていてこの曲を好きになったとのこと。ただ、その曲をリトル・エヴァが歌っていてジャック・ケラーの作曲だと知ったのはその10年くらい後だったそうです。

ちなみに「ゴリラのゴンちゃん」の原題はThe Magilla Gorilla Show。放映されたのは1963-64年。アメリカン・ポップス的にはまさにゴールデン・イヤーです。Youtubeにいくつか映像がありました。




主人公のゴリラは日本では「ゴンちゃん」となっていますが、もともとは「マギラ(Magilla)」という名前。アメリカでは最後に韻を踏んだ名前にしているのに日本では最初の「ゴ」に韻を踏ませた名前にしているのが面白いですね。


ところで日本で放送されていたときに「ゴリラのゴンちゃん」の吹き替えをしていた人の名前を見たらなんと「高橋和枝」。

高橋さん、「くまくまちゃん」の前に「ゴリラのゴンちゃん」をやっていたのと一瞬思ったけど、もちろんこのとき高橋さんはまだ生まれていません。

「ゴリラのゴンちゃん」の吹き替えをしていたのは声優の高橋和枝さん。『快獣ブースカ』のブースカの声をされていて、昔、高橋和枝さんの作品を調べていたときに『快獣ブースカ』が出てきてびっくりしたものでした。


さて、これが「ゴリラのゴンちゃん」で流れていた「Makin' With the Magilla」。ゴンちゃん、モンキーダンスみたいな踊りを始めています。いや、ゴリラなんでゴリラ・ダンスですね。




[PR]
by hinaseno | 2017-10-13 13:04 | 音楽 | Comments(0)