Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

2017年 10月 02日 ( 1 )


「恋はメリンゲ」


数日前に突然Youtubeにアップされたこの映像の話を。大瀧さんが「恋はメレンゲ」を歌っているライブ映像。もうびっくり仰天。




アップされたのは先月26日(僕が気づいたのは昨日)。10月10日までの限定公開とのこと。

一体これはなんだろうってことで、調べたらすぐにわかりました。


『ナイアガラ・トライアングル VOL.1』を制作中に、それのプロモーション・フィルムを作ろうということになって録音したそうです。録音は1976年2月20日。場所は福生スタジオ。

撮影のため大瀧さんはこのとき真っ赤な服を着て登場したそうですが、白黒ではわかんないですね。

a0285828_13110654.png


ミュージシャンはドラムが上原裕、ベースが寺尾次郎、ギターが伊藤銀次と村松邦男、ペダル・スティールが駒沢裕城、そしてピアノが坂本龍一。それぞれ、このブログで何度も登場している人たちです。

a0285828_13113498.png


このシーンでは真ん中で歌っている大瀧さんを囲んで右から寺尾次郎、駒沢裕城、上原裕、村松邦男、坂本龍一、伊藤銀次です。坂本さんの場所は暗くって顔の判別ができませんね。

一番おっと思ったのは、駒沢裕城さんがペダル・スティールを演奏している場面が大きく映ったところ。

a0285828_13112802.png


かなりの早弾きです。つい先日、石川さんと電話でペダル・スティールの話をして、ペダル・スティールを演奏しているのを生で見てみたいと言ったところでした(アゲインでは駒沢さんも含めてペダル・スティールを演奏する人が来るんですね)。ペダル・スティールの音色って、好きな人は本当に好きなんです。


この日録音された曲は「福生ストラット(PARTⅡ)」「あの娘に御用心」「楽しい夜更し」「ハンド・クラッピング・ルンバ」「恋はメレンゲ」の5曲。「恋はメレンゲ」は最後に演奏されたようです。ちなみに、これらの5曲はすべて1995年に出た『NIAGARA MOON』のボーナストラックに収録されています。

さて、映像をアップした方がどういう人なのかわかりませんが、今後、他の曲の映像もアップしてくれるんでしょうか。あるいは10月10日までこの映像が残ることができるんでしょうか。


ところでビデオでひとつ気になったのは大瀧さん、かなり意図的に「メレンゲ」を「メリンゲ」と発音して歌っていますね。メレンゲの語源はフランスのデザートのメレンゲから来ているという説があって、その綴りは「meringue」。これを意識したんでしょうか。発音を考えると「綴り不思議」です。


最後に、「恋はメレンゲ」といえば、シリア・ポールさんが歌った「恋はメレンゲ」の話をした時に紹介したナンシー・シナトラの「フルーツ・カラーのお月さま」のレコード、手に入りました。ほしかったんだ、これ。B面も最高だし。

a0285828_13120847.jpg


かなり長い間いくつかのネット・オークション・サイトを見張っていて、何度か出品されても僕の考えている上限を超えてしまっていて諦めていたんですが、待てば海路の日和ありです。先日、こちらもほしかった「リンゴのためいき」とともにひっそりと出品した方がいて、いずれも競合もなく、びっくりするような安価で落札できちゃいました。レコード、ジャケットともコンディションは最高です。


[PR]
by hinaseno | 2017-10-02 13:14 | ナイアガラ | Comments(0)