Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

2017年 08月 15日 ( 1 )



想田和弘さんの『牡蠣工場』が日本で上映されてから1年以上が経ちましたね。ストーリーも忘れかけているので、そろそろDVDを発売してもらえないかな。

ところで映画のパンフレットの「STORY」はこんな書き出しになっています。


瀬戸内海にある小さな町・岡山県瀬戸内市牛窓。
一匹の白い飼い猫が、浜でのんびりと寝そべっている。本当の名前は「ミルク」だが、地元の人には「シロ」と呼ばれている。カメラを持った見慣れぬ来訪者に興味津々のシロは、想田らが滞在している家に侵入する機会を虎視眈々と伺っている。

想田さんが『牡蠣工場』を撮影したのは2013年11月。僕が映画や写真で見ていたのは3年半も前の「シロ」なので、海沿いで見つけた白い猫が本当にあの「シロ」なのか確信は持てませんでした。

実は僕が白い猫を発見したとき、その猫の近くに年配の女性と幼い男の子(おそらくお孫さん)がいたんですね。女性はその白い猫を飼っている家の人でした。で、女性に訊いたらその白い猫はやはり想田さんの映画に出た「シロ」に間違いありませんでした。ただ、本当の名前は「ミルク」ではなくて別の名前だったような気がするけど忘れてしまいました。


映画でのシロはかなりやんちゃな感じがしましたが、映画から3年半となると人間の年齢では14歳くらいは年を重ねているので、すっかり心優しい大人の猫になっていました。


そんな情景がこれ。

幼い子が猫に近寄って手を差し出します。ちょっとだけヒヤヒヤしながら眺めていたら…

a0285828_12345749.jpg

a0285828_12351098.jpg

a0285828_12352109.jpg

a0285828_12355745.jpg


シロは子供に抵抗するそぶりを一切見せることなく、子供を脅かさないようにゆっくりと堤防の上に逃げちゃったんですね。

うれしいことに、そこは写真を撮るには絶好の場所。牛窓の海と民家と島(前島)をバックにいいポーズを取ってくれました。

a0285828_12362139.jpg


それから、恐る恐る手を伸ばしたら逃げることなくこっちを向いてくれました。めんどくせ〜な〜って顔だけど。

a0285828_12363772.jpg

a0285828_12364912.jpg


[PR]
by hinaseno | 2017-08-15 12:37 | 雑記 | Comments(0)