Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

2017年 04月 14日 ( 1 )



さて、ついに城島くんはあの工場内部に入ります。一般人はたぶん絶対に入ることのできない場所ですね。いつもながら、こんなにヘルメットの似合うアイドルはいません。

その城島くんが連れて行かれた場所がここ。

a0285828_12462840.jpg

向こう側に見える煉瓦造りの壁が壮観。会社の創建当時に作られたものがそのまま残っているとのこと。少し開いた屋根のすきまから茶色の煙突のようなものが見えているので、おそらくここに耐火煉瓦を焼く炉があるのかもしれません。こんなのが全国放送の超人気番組で見ることができるなんて想像すらできませんでした。

このあと城島くんは耐火煉瓦の原料にする古いレンガを集めるために備前焼の中心地の伊部に向かいます。

a0285828_12464352.jpg

伊部は三石と同じ備前市にあって、三石からは車で10数分の場所。でも、町の雰囲気は全然違います。こちらは観光地としても全国的に知られていて、僕も子供の頃から何度も行っています。

ちなみにこれは小学校の低学年の頃、子供会で伊部に行ったときに作った船。例によって、父親がほとんど作りました。今は文鎮がわりに使っています。

a0285828_12465338.jpg

そういえば間もなくミシマ社から『今日の人生』が発売される益田ミリさんも伊部に来ています。以前にも書きましたね。『47都道府県 女ひとりで行ってみよう』のその部分を引用しておきます。


 3日目は備前焼のふる里、伊部へ。岡山から電車で40分ほどだ。町には備前焼の個人の小さな店が並んでいたが緊張して入れなかった備前焼をわざわざ見に来たのに素通りするだけ。情けなくなる。
 しかし、伊部の書店でわたしの『おんなの妄想人生』という本が2冊も並んでいて笑顔が戻る。売り上げに貢献したくなり、やまだないとさんのマンガを1冊買った。

伊部で耐火煉瓦の原料を集めた城島くんは三石に戻り、機械で耐火煉瓦を作ります。こういう様子が見られたのにも感動しました。ホントに。

a0285828_12472513.jpg

さて、城島くんが三石で作った耐火煉瓦はその後無事DASH島に運ばれて、先々週の放送では反射炉の土台部分が作られ始めたところ。でも、完成までいったいどれくらいの年月がかかるんだろう。無事完成するのかな。とにかく温かく見守っていきたいと思います。


[PR]
by hinaseno | 2017-04-14 12:47 | Comments(0)