Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

Springsville in Tokyo #21 - 服部の時計を見るに十時三十分過ぎなり


これは先月末に発売された『別冊太陽 銀座を知る111章』。

a0285828_12372660.jpg

東京行きを決めた頃に買いました。理由は川本三郎さんのエッセイが収録されていたから。これを買ってパラパラと読んでいた時には銀座に行こうなんて思ってもいませんでした。

表紙を飾っているのはやはり服部時計店(現在の和光)。まちがいなく銀座のシンボルですね。そういえば5月初旬に発売された『東京人』の6月号の表紙も服部時計店でした。


その銀座のシンボルである服部時計店は映画にもしばしば登場します。すぐに浮かぶのは成瀬巳喜男の『銀座化粧』。最初のカットが服部時計店。

a0285828_12380802.png

それから僕が武蔵新田のことを調べて、いろんな不思議な巡り合わせの末に石川さんと高橋さんと一緒に武蔵新田を歩くきっかけとなった川島雄三の『銀座二十四帖』でもタイトルといっしょに映るのがこの時計台。

a0285828_12382794.png

小津ももちろんいくつかの映画で服部時計店をとらえています。これは紀子三部作の1作めの『晩春』でのカット。

a0285828_12384151.png


a0285828_12385544.png

映画では連続したカットですが、時間がかなり違っていますね。下の時計の針を見ると10時30分を少し過ぎたところ。

この服部時計店の入り口あたりで原節子さんは「きたならしい」「不潔な」おじさまと待ち合わせをしていたんですね。そういえば川本三郎さんも銀座で誰かに会う時には必ずこの服部時計店で待ち合わせをしたようです。確か亡くなられた奥さんとここで待ち合わせをして、知り合いの女性へのプレゼントを一緒に探されたことが何かのエッセイに書かれていました。


小津は映画だけでなく日記にも服部時計店のことを記しています。そして日記といえば荷風の『断腸亭日乗』にも服部時計店が何度も登場するのは以前のブログで紹介した通り。「服部の時計を見るに十二時二十分過なり」(昭和9年8月4日)とか「銀座行の市内電車に乗りかへ尾張町に至りて服部の時計を仰見れば正に六時なり」(昭和11年3月17日)とか。


そしてこれも以前ブログに書いたことですが『断腸亭日乗』の岡山の日々を読んでいた時のこと。ある日散歩の途中で荷風が石材屋がたくさんある場所を見つけたんですが、それが万成石という有名な石が採れる場所。そして川本三郎さんのエッセイであの服部時計店がまさにその万成石を使って作られていることを知って一気に服部時計店が身近なものとなったんですね。


さて、泰明小学校から晴海通りを下っていたら、まもなく服部時計店がその姿を見せました。正直、震えるくらいに感動しました。

a0285828_12394566.jpg

これは別の通りから。

a0285828_12395692.jpg

そしてこれは銀座四丁目の交差点の向かい側から。素晴らしい。

a0285828_12400521.jpg

時間はちょうど10時半。予定通り。

ここで駅に行って次に行く予定の新宿行きの電車に乗ろうかと考えたんですが、もう少し晴海通りを下って三原橋に向かいました。で、振り返って服部時計店を。

a0285828_12401700.jpg

いや、ここでは遠すぎるかと思って、手元に持っていた写真を確かめながらその写真が撮られた場所を探しました。

a0285828_12402958.jpg

手元に持っていたのは成瀬巳喜男の『秋立ちぬ』のスチール写真。

a0285828_12404286.png

この写真は実は映画では出てこないカットなんですが、例の大瀧さんと川本さんが対談をした『東京人』2009年11月号に大きく写っていて激しく心が揺さぶられました。すべては1枚のこの写真から始まったと言っても過言ではありません。

交差点を渡ろうとする少女。その少女より少し年上の少年が、手を握ることができなくて彼女の持っているポシェットの端をつかんでいる。そしてその向こうに服部時計店の建物。

服部時計店が写っている数ある写真の中でもっとも好きなものです。


さて、時刻は10時40分近くになっていたでしょうか。”あの場所”まで行こうかどうしようかと考えました。行くのなら歩いていかなければ意味がないし。1時間くらいで戻ってこれれば、後の予定にはぎりぎり間に合うかなと。


で、その場所に行って戻ってきたら服部の時計は11時30分少し前。

a0285828_12410873.jpg


この1時間足らずの間に行ったのはこの場所でした。

a0285828_12414201.jpg


[PR]
by hinaseno | 2017-06-02 12:42 | 雑記 | Comments(0)