Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

Springsville in Tokyo #3 - 「早春」と「東京暮色」の町、五反田(2)


五反田に到着したのはほぼ正午。JRの駅を出てすぐに町歩きを開始。ここもストリートビューで何度もヴァーチャル・ウォークしていたので土地勘は十二分に持っていました。でも、もちろんヴァーチャルとリアルは違う。そこにはヴァーチャルにはない温もりがあり、匂いがあり、人々のざわめきがあり、ひっきりなしに行き交う車の音があり、そしてあの電車が走る音があります。来て本当によかったと思いました。

まず見たかったのはこの風景。

a0285828_12363379.jpg

五反田駅のすぐそばを流れる目黒川にかかる橋(大崎橋)から見た池上線。左のほうに見えるのは五反田駅のホーム。たまらない風景です。本当はこの風景を夜見れたら最高なんだけど、それはまた次の機会ですね。個人的には銀河鉄道に重なる風景になっています。

ちなみにこれはネット上にあった大崎橋と池上線五反田駅の写真。

a0285828_09163513.png

戦前に撮られたものでしょうか。こんな感じで夜、明かりがともった電車が走っていたら、まさにメルヘンの世界。

さて、これは橋を渡った場所から見上げた五反田駅。

a0285828_12370410.jpg

実はここと同じ場所からとらえた風景が『早春』に映るんですね。

a0285828_12380222.jpg

『東京暮色』のこのカットは右の橋脚だけをとらえています。

a0285828_12382160.jpg

このカットはたぶん『早春』のときに撮影したものを使ったのではないかと思っています。で、現在この橋脚はこうなっています。

a0285828_12384722.jpg

しっかり耐震補強されていて当時の面影はありません。

ちなみにこれは『早春』のロケハンのときに撮影された写真(『芸術新潮』1994年1月号に掲載)。橋脚の下に立ち並んでいる店がなんともいい感じ。

a0285828_12393694.jpg

さて次に向かったのは池上線の次の駅である大崎広小路駅。次の駅といっても五反田駅からはほんの数百メートル離れているだけ。何かでその理由を読んだ気がするけど忘れてしまいました。この大崎広小路駅は『東京暮色』でいくつかのシーンがとらえられています。

まずはこれ。

a0285828_12400523.jpg

おそらく駅の北側からホームをとらえたものだろうとは思いますが、現在はここに大きなビルが建っていてこの風景を見るのは無理でした。

で、これがホームからとらえた風景。向こうに見えるのは立正大学。

a0285828_12403443.jpg

これが現在の風景。

a0285828_12402756.jpg

校舎は完全に建て替えられているのかと思ったら、後方にわずかに見える部分は当時の建物が残っているようでした。

これはホームから反対側をとらえた風景。五反田駅がかすかに見えます。

a0285828_12412540.jpg

現在はこんな感じ。

a0285828_12413860.jpg

時計は現在ではもう少し西側に付けられていました。映画ではちょうど1時でしたが、このときは12時半。おしい。

a0285828_12415890.jpg

残念だったのは映画に映っているホームの屋根のあの木造構造がなくなっていたこと。でも翌日、再び五反田駅のホームに行ってみたら、ここにはあの木造構造が残っていました。

a0285828_12421827.jpg

さて、この愛する池上線に乗って向かったのは大崎広小路駅から2つ目の駅の荏原中延駅。

でも、実は五反田駅近くで、以前このブログでも書いていた、僕にとってもう一つ大事な風景を見てきました。それは映画ではなく絵画の中の風景。今回の東京ではいくつか僕の大好きな絵画に描かれた風景も見てきました。


[PR]
by hinaseno | 2017-05-11 12:42 | 雑記 | Comments(0)