Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

今日は残りの人生の最初の日


3日ほど前に、ふと「今日の人生」というCDを作ることを思い立ちました。せっかくなのでちょっとした記念に。

アルバムのタイトルは決めたもののどういう選曲にしようかとしばらく考えて、結局タイトルに「今日(today)」という言葉のついたものと「人生(life)」という言葉のついたものをそれぞれ7曲ずつと、「今日(today)」と「人生(life)」の両方の言葉がタイトルに入っている曲の全15曲ということに。

「今日(today)」の中には「今日」という言葉のついた日本人の曲を2曲いれましたが、「人生(life)」のほうは「人生」という言葉のついた日本人の曲は1曲も入れていません。ちょっと”重い”曲が多いなという判断。ただしバートン・クレーンが日本語で歌った「人生はかない」は入れました。


「today」がついた曲の中で、いくつもの候補曲を抑えてあえて入れたのがエラ・フィッツジェラルドの歌ったこの「Miss Otis Regrets (She's Unable To Lunch Today) 」。




この曲のことを知ったのは村上春樹さんの『村上ソングズ』。「ミズ・オーティスは残念ながら本日のランチに来ることができません」ということですが、その理由がすごい。村上さんも「いわゆる『スタンダード・ソング』の歌詞の中にもいろいろ毛色の変わったものがあるが、風変わりという点ではこれにとどめを刺すのかもしれない」と書いています。僕も村上さんが訳した歌詞を読んで唖然としました。でも、曲はとってもチャーミングで、とくに「マダム」という呼びかけがたまらない。この曲のような人生があったら大変ですが大好きな曲。


「life」がついた曲でいちばん好きなのはビートルズの、というかジョン・レノンの「In My Life」。次点はレスリー・ゴーアの「All Of My Life」とジェイムス・テイラーの「Secret O’Life」。他にもいい曲がいっぱいで7曲に絞るのは大変でした。


で、最後の「今日(today)」と「人生(life)」の両方の言葉がタイトルに入っている曲というのがこれ。




タイトルは「Today Is The First Day (Of The Rest Of My Life)」。曲も素敵なんですが、このタイトルにとにかく惹かれました。日本語に訳したら「今日は残りの人生の最初の日」。

この曲についていろいろと書こうかと思いましたが時間がないのでどこかで説明します。

a0285828_11131133.jpg


[PR]
by hinaseno | 2017-04-29 11:15 | 雑記 | Comments(0)