Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

「匿名性を守りたく、現在の写真は断る」


大瀧さんの『ロング・バケイション』がJ. D. サウザーの「ユア・オンリー・ロンリー」みたいな感じで作られたという話は、大瀧さんのファンになって(もちろんきっかけは『ロング・バケーション』)まもない時期に何かの雑誌で読んで知しました。

「ユア・オンリー・ロンリー」がシングルとして発売されたのは1979年9月。全米のポップチャートで7位、アダルト・コンテンポラリー・チャートで1位と大ヒットを記録しています。日本でもかなりヒットしたようで、翌80年の2月に来日したようです。時期的にはまさに『ロンバケ』前夜ですね。

ところで僕が『ロンバケ』がらみでJ. D. サウザーの「ユア・オンリー・ロンリー」のことを知ったのはおそらく1983~84年頃。J. D. サウザーというミュージシャンのことも知らなかったし「ユア・オンリー・ロンリー」という曲も聴いたことがありませんでした。

J. D. サウザーの「ユア・オンリー・ロンリー」が大瀧さんの『ロンバケ』とつながりがあることを知って気になっていた頃、駅(岡山駅)近くのどこかのビルの1室でたまたま中古レコードのセールをやっていて、そこでこのシングル盤を見つけたんですね。

a0285828_15084045.jpg


ところで、昨年タワー・レコードのポスターにも使われたこの写真。最近でもいろんなところで使われている写真ですね。

a0285828_15092439.png


『ロンバケ』が発売された1981年当時、プロモーション用に使われた唯一の写真なんですが、肘のあたりまでまくった白いシャツを着て、ポケットに手を入れ下をうつ向いているポーズは何から何まで「ユア・オンリー・ロンリー」のジャケットに写っているJ. D. サウザー、そのまんまなんですね。もちろんこれは大瀧さんファンであれば有名な話。

ソニーの関係者が撮影のときにJ. D. サウザーを意識して(たまたまですが、J. D. サウザーもソニー)このポーズをとらせたんだろうと思いますが、大瀧さん、相当照れ臭かったのでは?

ただこの写真は大瀧さんご自身も気に入っていたようで、こちらは「幸せな結末」が大ヒットしていたときの1988年1月22日の朝日新聞(夕刊)の記事。

a0285828_15082294.jpg


例の写真が使われていて、その横にはこんな言葉。


「匿名性を守りたく、現在の写真は断る」との希望で、本人から提供された81年撮影のモノクロ写真。

笑いました。


ところで僕が最初にJ. D. サウザーの「ユア・オンリー・ロンリー」のことを知った大瀧さんの『ロンバケ』に関する記事のこと。どんなことが書かれていたのか気になったので調べようと思ったんですが、なんの本に載っていたのかわからず、どうにも見つからない。

これではおぼろげな記憶と推測ばかりの話になってしまいそうだなと思って、あれこれ読んでいたら見つかるときには見つかるもんですね。へえ~、こんなこと言ってたんだなとか、こんな文章を書いていたんだなというものがいくつも。すべて『大瀧詠一 Writing & Talking』に収録されている文章でした。


[PR]
by hinaseno | 2017-09-11 15:09 | ナイアガラ | Comments(0)