Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ある本屋の話(最終回)



Y子は古本屋である。古本屋と云つても、わづか五坪にも満たない小さな二階の部屋を借りて、主として絵本で生計を立ててゐる。
この小さな町に来て、いまの場所に店をあけてからちょうど六年になるが、来る日も来る月も、本を磨いたり、本を並べ替えたりする、同じやうなY子の姿が見られるばかりで、この小さな古本屋の店にはすこしも変化が見られなかつた。

小山清の「ある靴屋の話」の「靴屋」をおひさまゆうびん舎に変えたらこんな書き出しになるでしょうか。部屋の坪数は適当です。

実際にはこの数年間、とても大きな変化が起きているおひさまゆうびん舎。すべては店主の窪田さんの努力のたまものですね。「ある靴屋の話」の最後の言葉を使えば、


自分にはこのY子の真似はとても出来ないと思つたのである。


さて、「ある本屋の話」と題された世田谷ピンポンズさんのライブ。1曲目は「春」。ピンポンズさんのファーストアルバム『H荘の青春』の1曲目に収録された曲。今年は『H荘の青春』が出てちょうど5年目ということでそれにからめたイベントも東京で行われるとのこと。ということで、『H荘の青春』の中からの曲や東京に関する曲が多く歌われていました。今回のライブは歌われたのは全部で20曲くらいだったでしょうか。アルバムに収録されていない曲も含めてライブでは初めて聴く曲がいっぱいでした。

とりわけ良かったのが『H荘の青春』のタイトル曲でもある「H荘の青春」。ずっと前にこのブログで書いていますが『H荘の青春』を初めて聴いたときにいちばん気に入ったのがこの曲でした。特にイントロが好きです。

今回披露されたのはアルバムに収められたものとは詞が少し変えられたヴァージョン。それほど大きく変えられているわけではありませんがずいぶん印象が違うのに驚きました。たぶん変えられたヴァージョンの方がより多くの人(特に女性)に愛されるはずなので、今後は新しいヴァージョンで歌われた方がいいように思いました。

この日初めて聴いていちばん気に入ったのは「東京、東京」という曲。これは新しい曲とのことなので、ぜひ次のアルバムに収録してもらいたいと思いました。


さて、姫路のライブといえばすっかりお馴染みの曲が、お馴染みのMCとともに披露されました。

ピンポンズさんの指差す方向に流れている川。そう、「船場川」です。

a0285828_12081236.jpg

考えたら今年は木山捷平が「船場川」の詩を書いてちょうど90年目。木山さんは昭和2年の3月31日付で姫路の荒川小学校の教師に任じられているので、90年前の今日ぐらいに岡山の新山から姫路にやってきていたかもしれません。

ぜひこれを機に「船場川」にかかる橋でピンポンズさんの歌う「船場川」を流してほしいものです。


ところでピンポンズさんのライブはおひさまふふふフェスティバルからほんの1週間後のことなので飾り付けはそのままにしておけばいいのにと思っていましたが、ライブのために新たな飾り付けをいっぱいされていました。

改めて、


自分にはこのY子の真似はとても出来ないと思つたのである。


心からそう思います。

a0285828_12084292.jpg

a0285828_18113866.jpg

[PR]
by hinaseno | 2017-03-29 12:08 | 雑記 | Comments(0)