Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

お月様とお星様


今日は七夕ですね。というわけでもないけどお星様の話になります。今夜お星様が見えたらいいけど微妙かな。


シリア・ポールの「恋はメレンゲ」で興味をもったのは「お月様」と「お星様」の部分でした。

”原曲”の「恋はボサ・ノバ」のシングル盤の歌詞カードの日本語訳の詞では「お月様」と「お星様」はこんなふうに出てきます。


お月様のせいではなかったかしら
いヽえボサ・ノバよ
お星様のせいだったかしら
違うわ、ボサ・ノバよ

ここを大瀧さんはこんな歌詞にしています。


フルーツカラーのお月様も
キラキラ輝くお星様も
一緒に踊ったあのメレンゲ
二人は恋におちた

耳を止めたのはこの部分が歌われるときのバックコーラス。例の「快盗ルビイ」のときみたいに遊んでいるんですね。

「フルーツカラーのお月様も」と歌われるときのバックコーラスはすぐにわかりました。


♬I see the moon, I see the moon♬


大瀧さんの大好きなナンシー・シナトラが歌った「I See The Moon」からとっているんですね。「I See The Moon」の邦題は「フルーツカラーのお月さま」。これが日本盤のジャケット。このレコード探しています。

a0285828_13081718.png


そういえば『夢で逢えたら』のB面3曲目でカバーしている「Tonight You Belong To Me」もナンシー・シナトラが歌っています。その邦題は「いちごの片思い」。ほかにも「レモンのキッス」とか、ナンシー・シナトラの曲の邦題はいろんなフルーツがいっぱい。強引すぎるけど。


気になったのは♬I see the moon, I see the moon♬に続くコーラス。ちょうどシリアが「お星様も」と歌ったあとに出てきます。でも何度聞いても聞き取れない。最後はどうにか”Get Me”と聞き取れるくらいでなんと言っているかわからない。大瀧さんのことだからきっと「お星様」と関係のある曲を入れているに違いないと思いながらどうにも手がかりがつかめないでいました。


ところが思わぬところに解答が。それは「恋はメレンゲ」のオリジナルが収録されている『ナイアガラ・ムーン』の40周年記念盤に付けられていた写真集の中にありました。これです。

a0285828_13091119.jpg


「恋はメレンゲ」の楽譜、というか正確にいえばコーラス譜。

実は『ナイアガラ・ムーン』の「恋はメレンゲ」にはこんなコーラスはついていません。これはシリア・ポール・バージョンの「恋はメレンゲ」のコーラス譜なんですね。本来であればシリア・ポールの『夢で逢えたら』の40周年記念盤の付録に掲載されるべきもの。どうやら間違えて(?)掲載されたようです。『ナイアガラ・ムーン』の40周年記念盤は大瀧さんが亡くなった後に出たものなので、気付く人がいなかったのかもしれません。でも結果オーライ。気になっていた♬I see the moon, I see the moon♬のあとのコーラスがわかりました。

歌われていたのは♬Where's It Gonna Get Me?♬。

調べたらこれはやはり大瀧さんの大好きなシェリー・フェブレーの曲のタイトルでした。有名な「ジョニー・エンジェル」のB面。

で、邦題を調べたら、やはり推測した通り。「お星様」がついていました。

「お星さま教えてね」。これが日本盤のジャケットです。

a0285828_13092812.png


それにしてもナイアガラの世界は奥が深い。


[PR]
Commented by FUSSA59 at 2017-07-07 16:40 x
 ナイアガラーの鑑。
素晴らしい、素晴らし過ぎます。
何度でも楽しめるナイアガラですね。
Commented by hinaseno at 2017-07-07 23:08
> FUSSA59さん
褒めていただき、たいへんうれしく思います。
そう、ナイアガラは永遠の魔法です。
by hinaseno | 2017-07-07 13:10 | ナイアガラ | Comments(2)