Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

シリア・ポールをめぐるあれこれ(4)


「ゴー!ゴー!ナイアガラ」の「シリア・ポール・ストーリー」で、関口さんの話が出てきたときにかかったCMソングのこと、作曲家が樋口康雄とわかったことで調べたら、ネット上にこんなデータがありました。


資生堂 「香り’77」(リアレンジ)
1977/4/6
作詞=資生堂 作曲=樋口康雄 歌=シリア・ポール

この曲ですね。シリアの歌詞の中にも「わたしの香り伝えたい」という言葉が出てくるので間違いなさそう。

1977/4/6というのはおそらく録音日。

気になったのは「リアレンジ」という言葉。確認したら、こんなデータを発見。


資生堂「香り’77」
1977/3/30  
作詞=資生堂 作曲=樋口康雄 歌=スザーナ・ウォーカー

どうやらこの「香り’77」は最初1977年3月30日にスザーナ・ウォーカーが歌って録音していたようです。でもその1週間後の4月6日に曲をリアレンジしてシリアが歌って録音しています。このあたりのいきさつ気になりますね。

気になるといえばシリアのバージョンを録音した4月6日いう日付。それはまさにシリアが『夢で逢えたら』を録音していた時か、歌入れがちょうどすんだ頃だった可能性が高い。

『Niagara Record Collecting Guide』によれば、シリア・ポールの『夢で逢えたら』が録音された時期は1977年4月。日付までは書かれていません。

でも、もう少し詳しい日付を推測する手がかりがありました。それは「シリア・ポール・ストーリー」のひと月前に3週にわたって放送された「ゴー!ゴー!ナイアガラ 100回記念DJパーティ」。

そのパーティが行われたのは4月25日。そこにシリア・ポールがゲストに呼ばれているんですが、そのときに「夢で逢えたら」をかけたあと、このレコードのミックス・ダウンが終わったのは2~3週間前だと言っていたんですね。ということは録音は4月5日頃。やはり、あのCMソングの録音、ミックス・ダウンは『夢で逢えたら』の直後と考えていいようです。


改めて考えてみると自分で作った曲でもないCMソングを番組でかけるというのは、いくら大瀧さんと親しい関口さんがその曲のディレクターを務めたとはいえ、やはり異例というか不自然なこと。音源はおそらくマスターテープからとられているはず。とするならば、大瀧さんが何らかの形でこのCMソングに関わっていたと考えたほうがいいように思います。1週間前にスザーナ・ウォーカーが歌ったバージョンがどんなものかはわからないけど、シリアの歌い方、特に語りに関して大瀧さんのアドバイスがあったのではないかと。あるいは大瀧さんがミックス・ダウン(トラック・ダウン)に関わっていたかもしれない。そういう関わりがなければ番組でかけることはないはず。

関口さんのいたONのCMソングのミックス・ダウン(トラック・ダウン)といえば例の三吉橋のそばの音響ハウス。実はその音響ハウスについてちょっと面白いことがわかりました。それは『レコード・コレクターズ増刊 大瀧詠一Talks About Niagara』に収録されているシリア・ポールの『夢で逢えたら』についてのインタビュー。ここで興味深い話が出てきます。聞き手は湯浅学さんと萩原健太さん。インタビューが行われたのは2011年2月。


湯浅:『夢で逢えたら』のときは録音はFUSSA45スタジオで。トラック・ダウンはどこで?
大瀧:最初は音響スタジオなんですよ。で、音響ミックス版というのもあって、今回(ボックスに)入れようかどうか非常に迷って。
萩原:違うんですか?
大瀧:雨の音がでかい(笑)。まるで台風。左右入れかえたり、前編、全く違った印象があると思う。音響の音はちょっと重たいから。重たくなったのでミックスをやり直そうとして遅くなった。録りはけっこう早めにやっていたにもかかわらず、ミックスで悩んで。で、サウンド・シティ(スタジオ)に行って軽い形になった。両方出すっていうのも一瞬考えたんだけども、二つ出すのも良くないからなかったことにして(笑)。出来が良くないからね。「The Very Thought Of You」は最初音響でやって、その後フリーダム(スタジオ)に行ってやって、それもうまくいかないからサウンド・シティに行ってやった。

こういう話にオッと思えるようになったのも、東京に行って音響ハウスのそばを通ったため。いや、正確に言えば、あとで通っていたことがわかったため。

というわけで大瀧さんの自宅のFUSSA45スタジオで録音して、最初は音響ハウスでトラック・ダウンをやったと。おそらくその前の『ナイアガラCMスペシャル』からの流れのはず。

で、そこできっと関口さんと会って、シリア・ポールの話になったときに関口さんから「海の底でうたう唄」のエピソードを聞き、縁を感じた大瀧さんは関口さんとの話でシリアをCMに、ってことになったんでしょうね。


それはさておき音響ミックス版は結局公にはならなかったみたいですが、もしも『夢で逢えたら』の40周年記念盤が出ていれば、きっとボーナス・トラックとして音響ミックス版が収録されたはず。で、同時にきっと音響でミックスされたはずの「香り’77」も入ったかもしれません。

ああ聴いてみたい。

50周年は先すぎるので、シリアの70歳の誕生日に間に合わないかな。『今日の人生』つながりでも最高なんだけど。


[PR]
by hinaseno | 2017-07-04 15:18 | ナイアガラ | Comments(0)