Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

2017年はJKの時代!?


昨夜、アゲインの石川さんから電話。なんと例のジャック・ケラー作曲の「Beats There A Heart So True」に関する驚くような情報。石川さんの働きかけがあってこそのことですが、とにかくこれ以上ないうれしい話。僕もこのブログにだれも興味を持たないはずのジャック・ケラーや「Beats There A Heart So True」のことを書いてよかったなと、とにかく感動してしまいました。いや、感動するのはその日、その場所にいられたらのこと。さて、その日、僕は東京のその場所に行くことができるでしょうか。


ところでそのアゲインで、先日、恒例のイベント、出張ブランディンが行われて、どうやら石川さんからの強い働きかけもあって(?)ペリー・コモの「Beats There A Heart So True」がかかったそうです。で、なんとそのときに宮治淳一さんが「2017年はJKの時代」という発言をされたとか。JKというのはもちろんジャック・ケラー(Jack Keller)のこと。ぜひ、宮治さんの力で「JKの時代」をつくって欲しいと思います。僕も陰ながら最大限の応援をします。

さて、僕は例によってこつこつとジャック・ケラーの曲を集める日々を送っています。いちばん頼りにしているのはやはりYouTube。実は昨日も10曲くらいダウンロードしていました。3ヶ月に1度くらいチェックすると以前はなかった音源がアップされていたりするんですね。シングルで全部集めるなんててともできないので本当にありがたいです(音質はひどいものも多いけど)。

それからCDになっている音源があれば、ちょっと怪しいCDでも入手するようにしています。いちばん最近CDで手に入れた音源がホンデルズというサーフィン・ホッドロッド系のグループが歌っている「Winter A-Go-Go」。映画の主題歌として作られた曲ですね。作詞はハワード・グリーンフィールド、作曲がジャック・ケラー。

ここでその映画を前編見ることができますが、そのエンディングあたりで曲が流れます。




いかにもサーフィン・ホッドロッドって感じの曲ですが、途中で胸がキュンとするようなメロディーが出てきます。いい曲。さすがジャック・ケラー。作る曲の幅の広さには本当に驚かされます。

ちなみにジャック・ケラーが生前に自分で作って知人に配ったという4枚組のCDにはなんとこの曲のデモが収録されていたようです。聴いてみたい。


ついでにジャック・ケラーが書いた曲をいくつか紹介します。まずはリタ・パヴォーネというイタリアの女性シンガーが歌ったこの「I Can't Hold Back The Tears」という曲。「ゴー!ゴー!ナイアガラ」の女性ボーカル特集のときにかかっていた曲でした。




♫パイノ、パイノ、パイノ…♫の部分は一度聴いたら耳に残りますね。ジャック・ケラーのリストの載っている曲をYouTubeで調べていたときにこの曲を聴いてどこかで聴いたことがあるなと思ったら、「ゴー!ゴー!ナイアガラ」でかかっていた曲だったんですね。曲が終わった後に大瀧さんも♫パイノ、パイノ、パイノ…♫と歌っていました。

この曲、シングルにはなっていないようでおそらくアルバムのみに収録。CD化もされていないはず。かなりマイナーな曲のようですが、もちろん大瀧さんはジャック・ケラーが作曲した曲とわかった上で曲をかけたはず。ただし、この日の放送では作曲者のコメントはありませんでした。ちなみにこの曲はジャック・ケラー選曲の4枚組のCDには収録されていません。


次はジョージア・ギブズの「You Can Never Get Away from Me」。




これはナイアガラーならば必ず反応するはず。どこかで聴いたことのあるような感じ。とはいってもこの曲を下敷きにして大瀧さんが何かの曲を作ったというわけではなく、曲のテイストがとってもナイアガラ的なんですね。大好きな曲です。ちなみにこれはジャック・ケラー選曲の4枚組のCDに収録されています。


最後にもう一つ好きな曲を。デビー・ウッズ(Debby Woods)という女性シンガーが歌っている「Dream On, Little Fool」。




これ本当にいい曲ですね。大瀧さんがこの曲をご存知だったらきっと気に入られただろうと思います。

ちなみにこのデビー・ウッズというシンガーはたった3枚しかシングルをだしていないのですが、デビュー・シングルでハリー・ウォーレン作曲の「About A Quarter To Nine」という曲を歌っていました。初めて知った曲。




JKとともにHW(ハリー・ウォーレン)の時代が来ることも期待します。


[PR]
by hinaseno | 2017-03-06 14:39 | 音楽 | Comments(0)