Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

「魔法の瞳」のヒミツ(その3)


永井美奈子さんをゲストに招いた番組で、歌詞にあわせた効果音を20個くらい入れたと語っていました。そのうち、何かの曲の一部を入れたものが5〜6個だと。

この日の番組で、効果音として曲を入れたのは「ハイホー、ハイホー」だけ紹介されていましたね。これ1曲でぶっとびました。入れ方が見事すぎて。
それ以外に紹介された効果音は4つ。
「花のコーラス」「おしゃべり」「照れ笑いの声」そして「ときめきの音」。
「おしゃべり」と「照れ笑いの声」と「ときめきの音」は”聞いてみたからわかったよ”でした。

ということで、それらが曲のどこにどのように入れられているかを含めて、効果音をひとつひとつみていこうと思います。
一番気になるのは一部が入れられたという曲ですが、単なる音なのか何かの曲の一部なのか、あるいはアレンジとして新たに作り出されたメロディーなのかを判断するのはとても難しい。
結局、確信を持ってわかったといえるのはたったの1曲だけでした。それは後ほど。

まず、イントロのいわゆるヴァースの部分から。

眼が逢うたびに 夢うつつさ

ここは当初から頭に描いていたように「ゆっくりとキレイな感じ」で始まっています。効果音は入っていません。
楽器はハープですね。当初はストリングスを考えていたようですが、あえてハープを。びっくりするのはハープの演奏者はなんと4人もいるんですね。オーケストラでも通常は1台なのに。
大瀧さんはレコーディングのときに音の厚みを出すために同じ楽器を同時に何台も並べて演奏させるのですが、それにしても、ほんの10数秒の、たった4小節のために4台ものハープをそろえて演奏させているのだからすごい。

Magic in your eyes 見つめたら
催眠術だね
乱れだしたときめきは
揺れてる銀時計

ちょこちょこ妙な音が聞えますが、効果音と言えるようなものは入っていないはず。ときめきの心臓音もここでは使われていません。

ほうきに乗った可愛い魔女が

ほうきに乗った魔女が空を飛んで現われてきたような感じの効果音が聴かれます。ほうきに乗った魔女といえば、ぱっと思いつくのはこれですね。



これを入れたかなと思ったけど、それらしきところは見当たりません。

月を横切り

横切っている感じで音が右から左に流れます。何かの曲ではないはず。

小窓をノックした

例の4時間かけて作った「コンコン」が聴けます。

イチゴみたいに

発見したというのはここ。ちょっと不思議な音が入ります。「イチゴ=ストロベリー」から連想される曲はあれしかありません。
ビートルズの「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」、そのイントロの最初の音を使っていました。



この不思議な音をならす楽器はメロトロンというのだそうです。

赤いくちびる

「くちびる」なんで「チュッチュッ」。

まるで生きてる

ここでブクブクブクという感じの音。「生きている=呼吸している」ということで水中のあぶくのイメージなんでしょうか。

ショート・ケーキだよ

ここで何かのメロディが出てきますが、「ケーキ」がらみの何かの曲を使っているんでしょうか。

Magic in your eyes ソファーでね
肩寄せたいけど
1メートル以内には
不思議に近寄りにくい

このあたりにも効果音がいろいろ紛れ込んでいますが、歌詞に合わせたというのではなさそう。「不思議に近寄りにくい」で別のメロディが出てきますが、単なるアレンジなのか別の曲を取り入れているのかわからない。

夜明けまで星が薄れるまで
とけない魔法を かけておくれ

この部分にはそんなにSEは使われていません。

Magic in your eyes 見つめたら
催眠術だね
乱れだしたときめきは
揺れてる銀時計

ここの「乱れだしたときめきは」の、最後の「は」のあたりでどっくんどっくんと心臓の音が入っています。

ということで、今日はここまで。
[PR]
by hinaseno | 2016-06-05 11:42 | ナイアガラ | Comments(0)