Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

僕の「海街diary」in 尾道(その3)


小津の『東京物語』を最初に観たのは、たぶん1990年代の初め頃。それから小津の映画を集中的に観るようになったのは1995年以降。もしかしたらそのきっかけのひとつには阪神大震災があったのかもしれません。大きな震災は気づかない形で小さな種を蒔いてくれているようです。

はじめて『東京物語』を観たときに一番驚いたのはこのシーンでした。
a0285828_15251918.png

妻の葬儀も終わり、戦争で亡くなった二男(しょうじ)の妻である原節子を除いて子供たちはみな東京や大阪に戻ってしまったあと、日常の生活を取り戻した笠智衆が家の庭で野菜の手入れをしている場面。映るのはほんの数秒です。

笠智衆の背後に見えるのは浄土寺の多宝塔。
僕の大好きな塔が映っていたということで『東京物語』はぐっと身近に感じられるものになりました。
というわけで、僕にとっての『東京物語』はなんといってもこのシーンだったので、まずはこの場所を探しに行きました。

場所のだいたいの予想はついていました。境内の東側。山門に登って行く石段の途中で横道に逸れたのはその場所を探すため。
でも、そこはちょっとびっくりするような場所でした。
浄土寺は崖のせり出した部分にあって、東側にあったのは崖に沿うように建てられたいくつもの家。映画に映っている家はなくなっていました。そのあたり、道と呼べるようなものはなく個人の家の通路のような小さな路地があるだけ。正直入りづらくてそそくさとその場所を立ち去りました。
それでも一応、ここかなと思う場所を撮らせてもらいました。いずれもちょっと違います。
a0285828_15261464.jpg


a0285828_15263445.jpg

で、笠智衆が手入れをしていた庭があった可能性が一番高いのは、この向う側あたり。でも、さすがにここに入っていくことはできませんでした。
a0285828_15283994.jpg

ちなみにこれは寺の東側の塀に沿っている道から撮ったもの。
a0285828_1529375.jpg

道の端は崖です。ここの5メートルくらい東の場所から撮られたはず。でも、そこにあんな庭があったとはとても思えない。だって、こうなので。
a0285828_15291965.jpg

そういえばこのあたりに来てはっと気がついたことがありました。この風景。
a0285828_15293353.jpg

これって、映画の冒頭で映ったこのシーンの場所でした。
a0285828_15294651.png

このシーン、尾道のどこなんだろうとずっと思っていたのですが、まさか浄土寺だとは思いませんでした。
どうやらこのショットも笠智衆が庭仕事をしている場面を撮ったのと同じ場所から撮ったようです。右端に見えていたのは多宝塔の下層の屋根だったんですね。

ところで、多宝塔のあたりには何本か石塔が立っているのですが、ほとんどが映画が撮影された頃とは違う場所に移されているようでした。
これが映画のワンシーン。
a0285828_1530727.png

で、これが多宝塔の近くの塀の側に現在立っている石塔。
a0285828_15302784.jpg


a0285828_15304054.jpg

[PR]
by hinaseno | 2016-04-20 15:30 | 映画 | Comments(0)