Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

久しぶりに、アドバルーンのある風景


夏頃の話になりますが、このブログでも何度か触れていた川島雄三の『銀座二十四帖』(昭和30年)をようやく見ました。銀座、築地の興味深い風景がいっぱい。映画の冒頭では大田区の蒲田に近い新田銀座というのが出てきてびっくり。昔、大瀧さんが平川さんに調べるよう指示(?)されたのはどうやらこのシーンの場所だったみたいです。平川さんや石川さんの生まれ育った場所の近くですね。
いろんな風景が出てくる中、最も心ときめいたのはこの風景。映画のエンディングで写されたカット。
a0285828_12562770.jpg

服部時計店の時計台の向こうにアドバルーンがあがっています。僕にとっては超お宝的風景。というわけで...
♫空にゃ今日もアドバルーン
[PR]
by hinaseno | 2015-10-08 12:56 | 映画 | Comments(0)