Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

1959年6月6日のヒットパレード


亀渕昭信さんをゲストに迎えた「早口オールディーズ大会」(1977年2月15日放送)、面白くて繰返して聞いてしまいました。
この日の特集は大瀧さんがミュージシャンの名前をあげたらチブ・メーカーこと亀渕さんがその人についての話を即座に答えるという企画。でも、そこはいじわるな大瀧さんのこと、亀渕さんの得意分野と苦手分野がよくわかっているので、いろいろとかけひきをしているんですね。
ただ、大瀧さんも名前を挙げながら、「だれなんだこの人」なんて言ってたので、何かを見ながらやっていたことがわかります。おそらくはある年のヒットチャート。一体いつのものなんだろうかと、名前を一人ずつチェックしていたら、途中で大瀧さんが「これ59年の6月6日のヒットパレードなんですよね」とばらしていました。でも、亀渕さんもさすがです。その前あたりで大瀧さんが1959年のヒット曲ばかり攻めて来ることに気がついています。

大瀧さんが見ていたのはこの本のはず。
a0285828_12553726.jpg

Joel Whitburn編『Top Pop Records, 1955-1970』(Gale Research Co. 1972)

これは能地祐子+本秀康編『無人島レコード2』で大瀧さんが紹介していた本。無人島に持っていくレコードを選ぶという企画なのに大瀧さんの選んだのはレコードに関する本。この”反則ワザ”について大瀧さん、こう説明しています。

 72年に、最初に買ったやつがあるんですよ。ピンクの表紙のヤツ。あれさえあればいいんですよ。72年以降のチャートは要らないしね、もうわからない曲もあるからさ。厳密にいえば、62年くらいから69年ぐらいまで…いや、66年までであればいいや。その4年間くらいなら、ほぼ完璧だと思うんだよ。全曲思い出せるんだよ。その時期のチャートがあれば、いくらでも再生できるからね。自分で。たぶん、死ぬまで退屈しないと思うんだけどね。次から次へと出てくるヒット・チャートを、アタマの中で鳴らしながら一生暮らす。と。
 音をレコードに記録するのではなく、そのまま頭に記録する…という方式。そういう反則ワザで逃げられないかしら?
 ようするに、自分が”レコード”ってことだな。

1962年から66年までなら「ほぼ完璧」とのこと。ただ、亀渕さんがゲストに来たときに選んだのは、大瀧さんも知らない曲やミュージシャンが存在する1959年。このブログでも何度か取り上げてきた1959年です。
しかも選んだのが1959年の6月6日。
この日のブログから「1959年6月9日のキャロル・キングとジェリー・ゴフィン」というタイトルで何日かかけて書いた、キャロル・キングがジェリー・ゴフィンといっしょに「Short Mort」と「Queen Of The Beach」を録音した日はこの3日後のこと。ちなみこの日の二人の様子をとらえた写真はその後もときどきアップされています。たとえばこんな写真とか。
a0285828_1257652.png

1959年6月6日の100位までのヒット曲はここで見ることができます。「早口オールディーズ大会」の前半はこの日のチャートを見ながら大瀧さんは名前を繰り出していたわけです。
参考までに大瀧さんが出した名前と、その人のヒットした曲の順位を書きとめておきます。大瀧さん、きっと鉛筆かなにかでチェックしながら”出題”したはず。おそらく大瀧さんの家にある『Top pop records, 1955-1970』にはこの日付けた印が残っているかもしれません。ただ、前半に名前が挙がった中でロニー・ホーキンスだけはこの日の100位に入っていません。
ちなみに僕がこの中で名前を聞いて曲がぱっと浮かぶのは25人(組)ほどでした。

ロイド・プライス(Lloyd Price)5位
マーティン・デニー(Martin Denny)4位
ディオンとベルモンツ(Dion & The Belmonts)6位
エド・バーンズ(Edward Byrnes)7位
デイブ・ベイビー・コーテス(Dave "Baby" Cortez)10位
フレディ・キャノン(Freddie Cannon)15位
ブルック・ベントン(Brook Benton)13位
ケイシー(キャシー)・リンデン(Kathy Linden)11位
コースターズ(The Coasters)30位
ファッツ・ドミノ(Fats Domino)17位
コニー・フランシス(Connie Francis)22位 
ポール・アンカ(Paul Anka)52位 
ディー・クラーク(Dee Clark)32位 
プラターズ(The Platters)16位 
ジョニーとハリケーンズ(Johnny and The Hurricanes)36位 
プレストン・エプス(Preston Epps)38位 
フランキー・アヴァロン(Frankie Avalon)35位 
トミー・エドワーズ(Tommy Edwards)49位 
ドディ・スティーヴンス(Dodie Stevens)20位
カール・ドプキンス・ジュニア(Carl Dobkins Jr.)31位
ファルコンズ(The Falcons)44位
ビリー・ストーム(Billy Storm)28位
フラミンゴス(The Flamingos)60位
ミッキー・モザート(Micky Mozart)71位
ストーンウォール・ジャクソン(Stonewall Jackson)66位
ウェイラーズ(Wailers)37位
レイ・ピーターソン(Ray Peterson)47位
ミスティックス(The Mystics)59位
スカイライナーズ(The Skyliners)47位
ジミー・ロジャーズ(Jimmie Rodgers)68位
トミー・ディー(Tommy Dee)27位
キングストン・トリオ(The Kingston Trio)43位
トラヴィス&ボブ(Travis and Bob)26位
トランペッターズ(The Trumpetters)67位
クレスツ(The Crests)42位
サム・クック(Sam Cooke)83位 
ジョージ・ジョーンズ(George Jones)75位
ナット・キング・コール(Nat King Cole)45位
シル・オースティン(Sil Austin)73位
ドン・フレンチ(Don French)72位
チコ・ホリデー(Chico Holiday)88位
スティーヴ・ローレンス(Steve Lawrence)62位
ロニー・ホーキンス(Ronnie Hawkins)
リッキー・ネルソン(Ricky Nelson)80位
ビリー・グラマー(Billy Grammer)79位
ボビー・フルーマン(Bobby Freeman)93位
フランティックス(The Frantics)92位

ここから後は別のページから名前を挙げたようです。

デイヴ・バージェス(Dave Burgess)
カフリンクス(The CufflinksあるいはThe Kuf-Linx)
ドン&デューイ(Don & Dewey)
トミー・ロウ(Tommy Roe)
トミー・ハント(Tommy Hunt)
ヘイリー・ミルズ(Hayley Mills)
ポール・エヴァンス(Paul Evans)
ライブリー・ワンズ(The Lively Ones)
ニッカボッカーズ(The Knickerbockers)
ダンテとエヴァーグリーン(Dante & The Evergreens)
ジェントリーズ(The Gentrys)
レイ・シャープ(Ray Sharpe)
ジョニー・キッド(Johnny Kidd)
ロード・サッチ(Lord Sutch)
ディッキー・ドゥーとドンツ(Dicky Doo & The Don'ts)
ディー・ディー・シャープ(Dee Dee Sharp)
チューン・ウィーヴァーズ(The Tune Weavers)
ジョニー・レスティボ(Johnny Restivo)
ジーン・サマーズ(Gene Summers)
フォー・エスクワイアーズ(The Four Esquires)
エディ・フォンテイン(Eddie Fontaine)
デヴィッド・ゲイツ(David Gates)
ジョー・スタッフォード(Jo Stafford)
ジャン&ディーン(Jan & Dean)

[PR]
by hinaseno | 2015-09-10 12:59 | ナイアガラ | Comments(0)