Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

1995年の大瀧詠一(その11)


a0285828_15104348.jpg

ここ数年、再発関係のCDを買うとしたらイギリスのACEという会社が編集したものばかりでしたが、この8月末に国内でどっとすごい数のCDが再発されました。ロックン・ロール誕生60周年記念の3社合同企画として全部で111タイトル。数もすごいけど内容もかなりすごいものがあります。欲しいものがいっぱい。

中でも一番すごいのはブランディンの宮治淳一さんが監修された「ワーナー・ガール・グループ・ナゲッツ」と題された5枚のCD。収録された曲がとにかくマニアック。たとえばシリーズのVol.1の1曲目はなんとダイアン・リネイの「Falling Star」。あの(なんて言ってもどれだけの人が知っているか、ですが)ピーター・デ・アンジェリスの作った曲です。

このシリーズ、世界初CD化の音源がいっぱい。これまであやしいCDのチープな音でしか聴いていなかった曲もきれいな音で聴けそうです。ジャケットもとってもオシャレ。ぜひ手に入れなければ。

そんな中、このCDも久し振りの再発。日本では2度目でしょうか。
a0285828_15131531.png

ピクシーズ・スリーという3人組のガール・グループ(当時、アメリカで最も多かったのは3人組の女の子のグループでした)の『パーティー・ウィズ・ザ・ピクシーズ・スリー +8』というCD。
このかなりマイナーがなガール・グループのCDが日本で何度も再発されるのかという理由ははっきりしています。このCDの「+8」、つまりボーナス・トラックとしてこの素晴らしい曲が収録されているからですね。曲のタイトルは「Cold, Cold Winter」。



この曲が大瀧さんの作った「うれしい予感」の下敷きになっているということは、大瀧さんファンでは知らない人はいません。
ちなみにタイトルはめいっぱい「冬」ですが、実際には「あなたがいなくなると寒い寒い冬になってしまう」という内容で歌詞の中に何度も’summer’が何度も出てきます。過ぎ去った(過ぎ去ろうとする)夏の曲というべきなのかもしれません。

さて、大瀧さんには1986年に1枚のアルバムを非売品として発表していました。タイトルは『SNOW TIME』。それまで発表していた冬の曲と未発表のインストの曲を集めたもの。ただし、冬のアルバムなのに「夏のリビエラ」という曲が入っているのが笑えます。森進一さんが歌った「冬のリビエラ」の英語詞を大瀧さん自身が歌ったものなので、もとは冬の歌ではあるのですが。でも、英語詞では’winter’ではなく’summer’。

このアルバムが初めてCDとして”発売”されたのが10年後の1996年でした。このとき、当初のアルバムでは最後に収録されていた「レイクサイドストーリー」のストリングス・バージョンのかわりに収録されたのが「うれしい予感」のインストゥルメンタル・バージョンでした。タイトルは「YOKAN」。
1996年発売の『SNOW TIME』の大瀧さん自身による解説にはこんなことが書かれていました。
今回当初から”冬もの”として企画された「うれしい予感」のインストを収録することによって、ようやく『SNOW TIME』がアルバムとしてバランスが取れたのです。

「うれしい予感」が主題歌として使われることになった『ちびまる子ちゃん』が再スタートしたのは1月、つまり冬ですが、詞の内容ははっきり言ってぜんぜん冬ではありません。

大瀧さんが『ちびまる子ちゃん』の主題歌を録音し始めたのは長嶋巨人が日本一になった1994年10月下旬。当然、曲はそのときまでに作られていたわけです。
僕は「うれしい予感」は、実は『ちびまる子ちゃん』の主題歌として作ったのではなく、「うれしい予感」あるいは「予感」という仮のタイトルで別の何かのためにかなり前に作られていたのではないかとずっと考えていました。引き受けるかどうかわからない『ちびまる子ちゃん』の主題歌のために作ったのではなく、「冬」の曲としてほかの誰かに歌われるために作っていたのではないかという気がします。
で、そのときに下敷きにしたのが、まさにタイトルに「冬」のついたピクシーズ・スリーの「Cold, Cold Winter」だったんだろうと。

話はまた少しそれてしまいますが、90年代初頭、僕はある日本の3人組の女の子のグループにはまっていて、彼女たちのために大瀧さんに曲を書いてもらえたらと考えていた時期がありました。
その3人組のグループの名前はQlair(クレア)。「うれしい予感」は彼女たちが歌うにはピッタリの曲でした。
たとえば当時、彼女たちはこんな曲を歌っていました。



この「お願い神さま」という曲を作曲したのは広谷順子。コーラスアレンジも彼女。
広谷順子という名前を聞いて、おおっ! と思う人がどれだけいるでしょうか。
[PR]
by hinaseno | 2015-08-30 15:17 | ナイアガラ | Comments(0)