Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

1995年の大瀧詠一(その10)


a0285828_14483433.jpg

1995年の野茂のことを考えるきっかけになった本がありました。今年の初夏に、滅多に行かない病院に行くことになって(原因不明の蕁麻疹)、その待合室の棚にあったのが野茂の特集をした『Number』という雑誌。表紙には「Japanese Major Leaguer 1995-2015 日本人メジャーリーガー20年史 すべては野茂英雄からはじまった。」との言葉。
この写真なんてたまらないですね。
a0285828_14484639.jpg

ロサンゼルスのドジャースタジアムで投げている野茂。他にも野茂の写真がいくつも。
トルネード投法と呼ばれたその独特の投球フォームもなんと美しいんだろうと思ってしまいます。そういえば今年の高校野球でトルネード投法で投げていた選手がいましたね。

さて、話はころっと変わって、一昨日の大谷翔平君のピッチングは、またまたすばらしいものがありました。そのポテンシャルはすでに日本のプロ野球のレベルを超えてしまっていることは確か。一刻も早くメジャーリーグへという気がします(その方がリアル・タイムで見れることが多そうなので)。

ところで大谷君については二刀流の是非が論じられ続けていますが、現段階では投手としての活躍が目立っているので投手一本でという声が大きくなっているようです。元シアトル・マリナーズの佐々木さんもメジャーに行って打席に立てば内角を攻められることが多くなるのでぶつけられる可能性も高くなるから打者はもうやめたほうがいいとコメントしていました。
二刀流のままでいると、どっち付かずになってしまうという意見が多そうですが、僕としては両方にチャレンジしているからこその今があるように思います。

大瀧さんならこの二刀流についてどう考えていたでしょうか? どこかで語られていた?
大瀧さんが野球について考えるときには常に長嶋さんならどう考えるだろうかということが基本になっているので、長嶋さんだったら=大瀧さんだったら、やはり二刀流を続けることを支持したはず。それでどっちつかずのまま終わるようだったら、それまでの選手だったと。

そういえば野茂もプロ入りしてから、その投球フォームのことをいろいろ言われました。近鉄の当時の監督の仰木さんが(イチローに対してと同じように)個性を大事にする人だったので、そのフォームに手を入れることはしませんでしたが(させませんでしたが)、仰木さんの後を継いだピッチャー出身の鈴木監督はたぶん何か言ったかもしれません。

さて、『Number』のインタビューで野茂はこんな話をしていました。
「’95の1月、球団にメジャーに行きたい、と伝えました。すぐメジャーの球団に声をかけてもらい、まずは西海岸の球団から回りました。シアトル、サンフランシスコ、そしてロサンゼルスの順番で、そこで決まらなかったら東に行くつもりでした。なぜ西からか、といえば、シンプルな理由で、『近かったから』なんです」

ということで、野茂が最初に行ったのは日本から一番近いシアトル・マリナーズでした。野茂のこの動きは大瀧さんの予想通りだったんではないでしょうか。

そしてこの「マリナーズ」と「満里奈」さんがつながった。
というのは勝手な想像だったんですが、先日、びっくりするような写真を発見。雑誌から切り抜いてファイルにはさんでいた記事に載っていたもの。かなり小さな写真だったのでよく見つかりました。
a0285828_14511279.jpg

雑誌はおそらく『ミュージック・マガジン』。内容から1995年の3月号あたりのような気がします。大瀧さんをはさんで手前が『ちびまる子ちゃん』の原作者のさくらももこさん(のはず)、そして奥にいるのが渡辺満里奈さん。たぶんレコーディングのときの写真。
よく見たら満里奈さんが着ているのはシアトル・マリナーズのジャンパー。サイズが大きいのでたぶん男物。1995年当時、まだ、メジャーリーグのことなんてほとんど一般的でなかった時代に、女の子が自分でこんなジャンパーを買うはずはありません。これは大瀧さんから満里奈さんへプレゼントしたものにちがいありません。
なんとも大瀧さんらしい、遊び心あふれたプレゼントです。

この写真はマスコミ用に撮られたもののようなので大瀧さんはちょっとオシャレな服を着ていますが、もしかしたらこの日はずっとマリナーズのトレーナーを(おそろいで)着ていたかもしれません。
満里奈さん、このジャンパー、今も大切にしているでしょうか。
[PR]
by hinaseno | 2015-08-28 14:51 | ナイアガラ | Comments(0)