Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

1995年の大瀧詠一(その8)


a0285828_1422060.jpg

シアトル・マリナーズのトレーナーを着た大瀧さんの写真を見たときに、僕はすぐにマリナーズと「満里奈」をつなげて考えました。写真が撮られたその時期に渡辺満里奈さんの「うれしい予感」が発売されていたので、もしかしたらプロモーションか何かでそのトレーナーを着たのではないかと。
大瀧さんは当時、設立されたばかりのOo RECORDS(ダブル・オーレコード)の取締役でもあったので、昨日紹介したラジオ番組を含めていくつかのプロモーションをしていたはず。そこで着ていた、あるいは着るつもりでいたのかなと。

ただ、不幸なことが起こるんですね。
「うれしい予感」が主題歌として使われた『ちびまる子ちゃん』が再開第一回目の放送が1月8日。そしてその翌週の1月16日に第一回目のプロモーションをラジオで行ないます。その翌日の1月17日に起こったのが阪神淡路大震災。

後に大瀧さんは2011年にも同じような経験をします。3月21日に発売される『NIAGARA CD BOOK 1』のプロモーションのために3月10日に二つのラジオ番組に出演しました。
『KAWAADE 夢ムック 大瀧詠一』の巻末に収められた年表にはこう書かれています。
3月10日 JENディア・フレンズ、NHK-FM佐野元春氏の『元春レディオショー』に出演。

この翌日に東日本大震災。大瀧さんの生まれ育った岩手も大きな被害を受けることになります。JENディア・フレンズの方がどうだっかは知りませんが、佐野さんの番組は大瀧さんが佐野さんに連絡して収録したものをオンエアーしないようにお願いします。大きな不幸が起きているときに自分の陽気な声を流してほしくなかったこともあったでしょうし、それ以上に大瀧さんはそこに何らかのメッセージを受け取ったようです。

1995年のときのことについては全く知らなかったのですが、ラジオデイズの『大瀧詠一的2011』でこんな話をされていました。ちょっと長いですが引用しておきます。
前回僕は同じ経験をしたことがある。1995年に、とある楽曲のプロデュースをしたの。で、そのプロデュースの1回目のプロモーションがラジオだったのよ。で、ラジオに出たわけ。1回目。で、その翌日に神戸地震。
でね、そのときもね、そのタイトルがね、ある種、忌み言葉的なもんだったのよ。みんな忘れていると思うけど「うれしい予感」っていうタイトルだったんだ。あのときにはまだ今みたいにツイッターも2チャンネルもまだ95年はそんなに発達していなかったから、まあ、ある程度事なきを得たんだけど。95年に今の状態だったら、完全に血祭りに上げられてんなと思ったのさ。
で、それがあったので、今回は。とにかく、魑魅魍魎が跋扈するんだよ、ああいうときって。どっかの、ねらいさだめてぐわーっと集まるんだな。応仁の乱の京都みたいな状況で。どっかに獲物はないかっていうので、怨霊が跋扈するんですよ。そのときうろうろ出て歩き回るのは、まあ...。そのとき、95年のときにも考えたんですよ。
ただ、95年のときも、これはもう、こういうことがあったから、このあとプロモーションはやめたほうがいいって言ったんだけど。なんたってレコードの発売の前にテレビ(『ちびまる子ちゃん』のこと)が再スタートしてたのね。しかも(視聴率が)30%超えた。しかも新しいレコード会社で、それの第一弾みたいなレコードだったから。 大きなプロモーション、企画が動いているときは止められないんだなと思ったな。大きなプロジェクトが始まってしまって、そこにもうすでに準備ができていて動き始めていたと、一回目の、それって、止められない、止められなかったんだよ。
僕は個人的には、もうないもんだとあきらめて、そこでスパッと一回目でやめたほうがすっきりするからそうしたらって、ずいぶん個人的に抵抗したけど駄目だったね。まあ、僕のもんじゃなかったからね。今回は僕のもんで自分のもんだから完全にハンドリングできたんだけどね。どっかの放送局の電リク以外はね、それ以外はできたんだけど。
ただ、ああいうときってのはね、本当に内田先生の新刊じゃないけども、呪いの世界なんだよ、まだまだこの国は。彷徨うんだよ、餌求めて。で、とにかくね、尋常じゃないだよ。冷静にだれも考えられないのだよ。

「うれしい予感」は予定通り1995年2月22日に発売。もちろん僕も発売されたその日に購入。久し振りのナイアガラサウンドに狂喜乱舞しました。「うれしい予感」というタイトルは、大瀧ファンにとっては、まさにその言葉通りそれから後の大瀧さんのさまざまな活動を予感させるもので、大瀧さんのアルバムは結局発売されることはなかったものの、満里奈さんの(ミニ)アルバム、そして「幸せな結末」と、ハッピー(うれしくて幸せ)なことは続きます。
[PR]
by hinaseno | 2015-08-26 14:32 | ナイアガラ | Comments(0)