Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

「あつさのせい(もうメロメロ編)」


40周年盤について、あれこれ考える日々……。
40周年盤といえば、ひとつだけ大瀧さん自身が手がけられた40周年盤がありました。1972年に発売されたファースト・アルバム『大瀧詠一』の40周年が3年前の2012年だったので、大瀧さんはその40周年盤の準備をされていたんですね。でも、残念ながら結局それはボツになり、そのかわりに2012年には『NIAGARA SONG BOOK』の30周年盤が出ることになりました。『NIAGARA SONG BOOK』の30周年盤が出たときの『レコード・コレクターズ』のインタビューで大瀧さんはこんな発言をされていました。
「ファーストの『大瀧詠一』が40周年記念だからってことでマスタリングをし始めたんだよ。そしたらキング・レコードが自分のとこでやるって言い出して。じゃ、出しても意味ないなと思ってやめたのよ」
――新たにリマスタリングしたんですか。
「した。これまで出さなかった音源も含めて」

以前にも書いたようにファーストの『大瀧詠一』はナイアガラ・レーベルのものではなく版権はキング・レコードにあるので、大瀧さんのやりたいようにはできなかったんですね。でも、未発表音源も含めてマスタリングも終えていたという言葉を聞くと何とももったいない気がしてなりません。

さて、先日紹介した大瀧詠一楽団の演奏による吉田美奈子版「夢で逢えたら」がかかった同じ日の放送でファーストの『大瀧詠一』の未発表音源がかかっています。「びんぼう」と「あつさのせい」の別バージョン。それぞれ「びんぼう(遊び編)」と「あつさのせい(もうメロメロ編)」という題がついているもの。

「びんぼう(遊び編)」は1995年に発売されたCDに収録された「びんぼう(ヒマダラケ・バージョン)」と同じく、布谷さんの過激な叫び声がいくつも収められているものの曲自体はアレンジも含めてオリジナルとほぼ同じ。
問題は「あつさのせい(もうメロメロ編)」の方。
メロディはオリジナルと同じですが、アレンジは原曲と全く違っています。オリジナルのロックンロールとは違って、まさに暑さでもうメロメロになってしまった状態の、レゲー調のゆる〜い曲。 でも、いい曲。 
さらにこのバージョンにはオリジナルにはない歌詞までついています。

オリジナルでは2番の終わりはこうですね。
あつさで気がくるったみんな
あつさのせい

でも、「あつさのせい(もうメロメロ編)」はこう。
あつさで気がくるつてしまつた
あつさのせい
あつさのせい
あつさのせい
あつさのせい

この歌歌って暑い暑い夏ぶっとばせ

「くるってしまった」ではなく「くるつてしまつた」と歌っています。そして最後の「この歌歌って暑い暑い夏ぶっとばせ」はオリジナルにはない独自のメロディ。

曲はもう一回、一番からリピートして歌われますが、2番の終わりの最後はこうなっています。
この歌歌って暑い夏乗り切ろう

この「あつさのせい(もうメロメロ編)」、40周年盤が出ていたらきっと収録されていたんでしょうね。もったいない限り。

ところで、佐野元春さんの新しいアルバムには『BLOOD MOON』には「封入特典」として、大瀧さんの「あつさのせい」(もちろんオリジナル・バージョン)のカバーをダウンロードできます。原曲を忠実にカバーしたご機嫌な曲に仕上がっています。
大瀧さんもきっと喜んでいるはず。

というわけで、変な画像がついていますが「あつさのせい」を。もちろんオリジナルです。
演奏メンバーは吉田美奈子版「夢で逢えたら」とほぼ同じ。ただ、浜口茂外也さんはメンバーに入っていないようです。

[PR]
by hinaseno | 2015-07-31 11:33 | ナイアガラ | Comments(0)