Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

神戸でモメカルによる大瀧詠一の楽曲を聴く(6)


ライブはいよいよエンディングに。何度も放心状態があったので、あっという間でした。

最後は『EACH TIME』から2曲。個人的にはこれしかないという2曲でした。
まずは「魔法の瞳」。いろんな意味で『EACH TIME』の中で最も思い入れの深い曲。この曲が演奏されるのは予期していなかったので、わおっ!でした。大感謝。
「魔法の瞳」も大瀧さんの遊び心がいっぱいにつまっていて、それをモメカルのメンバーがそれぞれにいろんな技法を駆使してやってくれているのを見るのが楽しくて仕方ありませんでした。

ここで再び杉真理さんが登場。そして歌った曲が「ペパーミント・ブルー」!
今回のトリビュート・ライブの最高の場面がついに。

杉さんが別の場所で行なわれた大瀧さんのトリビュート・ライブで「ペパーミント・ブルー」を歌われているのを知ってから、ぜひ一度聴いてみたいと思っていて、ようやくその瞬間がやってきたわけです。もう言葉にはなりません。
MCとして登場された石川さんが杉さんに「これはもう杉さんの曲になっていますよ」と一言。まさにその通りだと思いました。たまたま大瀧さんの曲を歌っているのではなく、もっと運命的なものを感じました。ぜひ、杉さんにはこれからも「ペパーミント・ブルー」を歌い続けてほしいと思いました。もちろんバックの演奏はモーメント・ストリング・カルテットで。

石川さんは、「このモメカルの演奏を大瀧さんに聴いてもらいたかった」と話されかけたところでぐっとこみ上げて来たものがあったようで一瞬絶句。なりますよね。僕もぐっとくりものがありました。それから石川さんは「いや、きっと聴いてくれていると思います」と言葉をつながれていました。僕も大瀧さんはモメカルをずっと前から見守り続けているように思っています。ニコニコしながら。

で、唐突にアンコールが始まって、杉さんとモメカルが再登場して新しいアルバム『Strings of Gold』の1曲目の新曲「Strings of Gold」を熱唱。昔の大好きな歌を聴けるのも幸せですが、新曲を聴けるのもやはり幸せなこと。
その幸せな気分に包まれて次は大瀧さんの「幸せな結末」。この曲で大瀧さんを知ったという人もいたみたいで、会場全体がさらに幸せな空気に包まれていました。
そして最後は「夢で逢えたら」。モメカルの演奏はまさに夢心地にしてくれるようなすばらしいものでした。美しく、優しく、そしてドリーミーに。この曲はまちがいなく日本のポップスが生んだ最高の1曲、永遠の1曲だなと感動を新たにしました。

モメカルはどうやら来年の2月にも神戸に来てくれるようです。杉さん、そして石川さんも一緒に来てくれるんでしょうか。それもまた楽しみです。
と同時に、もし願いがかなうのならば、今日演奏された全曲とまではいかなくても、20曲くらいを集めたCD、あるいはDVDが発売されないかなと思わずにはいられませんでした。僕自身も聴きたいし、ライブには行けない人にもこの素晴らしい演奏を耳にしてもらいたいと心から思うので。

ところで、ライブの後、石川さんがちょっと行ってみたいところがあるので、とおっしゃられたのがなんとトンカ書店。
実はライブ会場からトンカ書店はそんなに遠くないことを知っていたので、時間があればよってみようと考えていたのですが、そのトンカ書店の名前が石川さんの口から出てびっくりでした。
どうやら以前、石川さんが出されたバートン・クレーンのCDをトンカさんが何枚か注文されたことがあったようです。
僕にとってはトンカ書店はずっと欲しかった川本三郎さんの本を、素晴らしいコンディションで、しかも安く手に入れることができた店ということで大好きな店のひとつになったのですが、なんとこの日も、持っているけれど、あまり状態がよくなくて、いつかできればいい状態の本を手に入れたいなと思い続けていた川本三郎さんの本が店に入った真正面に。そこに飾られたばかりだったとのこと。コンディションは最高、しかもそのコンディションでは考えられないような値段の安さ。何という幸せ。

ところで、その川本さんの置かれていたとなりの棚には内田樹先生の本も飾られていました。トンカさんは今、店に見えられている石川さんと、店の棚に飾られている内田先生がどんな関係かはきっとご存知ないだろうと思って、思わず熱く語ってしまいました。でも、話は長過ぎて全然語り切れなかったんですが。
石川さんと内田先生と、そして平川克美さんが一昨年に大瀧さんの家に行かれたこととか、昨夜、石川さんがまさにその内田先生の家に泊まられていたこととか、この日、石川さんが見えられたのは、大瀧さんのトリビュート・ライブの司会として神戸に来られていたということとか...。

実は石川さんが戻られたあとで、説明し足りなかったことを(足りなさすぎていたので)トンカさんに説明しようと、もう一度トンカ書店に行ったのですが、別のお客さんとずっと話をされていて、帰りの電車の時間が迫って来たので残念ながら店を出ました。
最後にほんのちょっとだけ、心残りが。

でも、僕にとっては何もかもが奇跡のような一日。モメカルに、杉さんに、石川さんに、そしてなによりもこんな素晴らしい楽曲を作ってくれた大瀧さんに心から感謝したいと思います。
あっ、もちろん、トンカさんにも。
すべてはこの本から始まったので。再読するのがとても楽しみです。
a0285828_10443237.jpg

[PR]
by hinaseno | 2014-08-30 10:50 | ナイアガラ | Comments(0)