Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

大瀧さんが一番好きな曲(2)


昨日、クリフ・リチャードに関するちょっと気になる情報が。
クリフについては数年前までは全くといっていいほど聴いてこなかったのですが、アゲインの石川さん経由で「Next Time」という曲を知って、その素晴らしさにすっかり心を奪われてしまいました。で、リッキー・ネルソンの「Lonesome Town」の座を奪うとまではいかないまでも、死ぬほど好きな曲の一つになりました。
そういえば一昨年の夏、石川さんが何人かで訳詞をしましょうと提案されて、そのときに候補に挙げられたのがクリフ・リチャードの「Next Time」とリッキー・ネルソンの「Lonesome Town」でした。僕はすっかり「Next Time」の魅力にはまっていたので、「Next Time」にしましょう、と返事をしました。もちろん「Lonesome Town」もぜひやってみたかったので、それは晩秋から冬にかけての時期にやりましょうともお伝えしました。結局そちらは実現しないままになってしまいましたが。「Next Time」の訳詞に僕があまりに時間をかけすぎてしまったのが一番の原因でした。
クリフといえば「ゴー!ゴー!ナイアガラ」で知った大瀧さんの大好きな「Lucky Lips」と「いつも青空(I Could Easily Fall (In Love With You))」も死ぬほど好きな曲に。クリフに何事もないことを願っています。

話は大瀧さんの一番好きな曲のことに。
僕は今まで、大瀧さんは一番好きな曲というのはもっていないだろうと考えてきました。もちろん、これまで読んだり聴いたりしてきたものから、限りなく一番に近い好きな曲はいくつか知っています。
スティーヴ・ローレンスの「Go Away Little Girl」(作曲はキャロル・キング)、ジミー・クラントンの「Venus In Blue Jeans」、クリスタルズの「Da Doo Ron Ron」、ナンシー・シナトラの「Tonight You Belong To Me」、ロビン・ワードの「Wonderful Summer」。
それから、ジェシー・ベルヴィンの「Goodnight My Love」やハンク・ロックリンの「Send Me The Pillow You Dream On」、そしてクリフ・リチャードの「Lucky Lips」などの曲も「ゴー!ゴー!ナイアガラ」を聴いて大瀧さんがものすごく好きであることを知りました。さらに言えば、大瀧さんのお母さんとの思い出にもつながる平野愛子の「君待てども」と「海が見える丘」も大瀧さんにとって特別に好きな曲になっていることも。
とてもではないけれども、これが大瀧さんの一番好きな曲だと決め付けることなんてできそうにもありません。そして大瀧さんの立場にしても同じだろうと。

でも、大瀧さんの誕生日の日に突然思ったのは、そうじゃない、大瀧さんは絶対にゆるがない一番の曲を持っている、絶対に変わることがないから、他の人が気軽に口にするように「〜が一番」という発言を絶対にしてこなかったんだということでした。

そしてその大瀧さんが一番好きな曲が、まさに僕の中で一番好きになりかけている曲。
でも、本人が公に言ってもいない曲を、その人の一番好きな曲だと判断するための作業は簡単ではありません。僕が判断の材料にしたものは、すべてこじつけ(後付け)のように思われてしまうんだろうなと。
まあ、そんなことを気にせずに書いてみます。

まず考えたのは「〜が一番」ということを軽々しく口にしない人が、一番好きな曲をどういう形で示すかということ。
「ゴー!ゴー!ナイアガラ」では、何度か「だ〜い好き」とか「ほ〜んとに好き」とかと言って曲をかけられたりしていましたが、おそらくは一番好きな曲はそういう表現もしないだろうと。それどころかコメントも一切はさまない。一番好きな曲の好きな理由を語れば切りがないでしょうし、理屈抜きに好きになっているはずなので。
そして一番好きだからこそ、逆に番組で何度もかけることはしないだろうなと。
でも、これは後付けの理由になってしまいますね。

大瀧さんの一番好きな曲を考えるときに、絶対に揺るがないだろうと思われる2つの条件がありました。一つは大瀧さんがいくつもの素敵な思い出とともに最も多くの音楽を聴いていた大瀧さんの中学2、3年、つまり1962年と1963年の曲。
そしてもう一つは言うまでもなく大瀧さんの最高のアイドルであるエルヴィス・プレスリーの曲。

そう、僕が一番好きになりかけていて、しかも勝手に大瀧さんの一番好きな曲だと考えようとしているのはエルヴィスの1962年に生まれた曲でした。大瀧さんが耳にされたのはおそらく1963年の初頭。僕が初めて耳にしたのは1年前の夏の終わり頃。
[PR]
by hinaseno | 2014-08-15 11:24 | ナイアガラ | Comments(0)