Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

「今日はよく考えると山下の領域をかなり侵してるというそういう感じがします。ゴメン!」


今日は杉真理さんの60歳の誕生日、そして昨日は佐野元春さんの57歳の誕生日。「ナイアガラ・トライアングルVol.2」のお二人が続けさまに誕生日を迎えられました。
大瀧さんと杉さん、そして佐野さんとの出会いも不思議な「縁」に満ちあふれています。

さて、先日「ナイアガラ・トライアングル」(Vol.1の方)の話を書いて、その後で、伊藤銀次さんと山下達郎さんと、そして布谷文夫さんをゲストに迎えた(ゲストという表現とはあまりにもかけはなれていますが。布谷さんがとにかくすごい)「ゴー!ゴー!ナイアガラ」の第36回目の「ナイアガラ・トライアングル特集」を聴き、それからその前の第35回目の「御葉書特集」を聴きました。
大瀧さんが「ナイアガラ音頭」を作るきっかけとなった、ナイアガラーにとっては伝説の「くりーむそーだすい」というペンネームのリスナーの方やサエキけんぞうさんのはがきも紹介されるなど興味深い話が満載の日。大瀧さんも何度もツボにはまって爆笑の連続なのですが、それとは別にこの日かかった曲が最高なんですね。リクエストではなく、大瀧さんの好きな曲をかけています。

一応この日かかった曲を紹介しておきます。
1曲目 Turn Around, Look At Me / The Vogues
2曲目 Everything That Touches You / The Association
3曲目 Things I’d Like To Say / New Colony Six
4曲目 I Can See Love / The Parade
5曲目 Baby I’m A Want You / Bread
6曲目 Like To Get To Know You / Spanky & Our Gang
7曲目 Traces / Classics IV

その後、ソフト・ロックと呼ばれることになる曲ばかり。個人的にもある時期どっぷりとはまってしまいました。パレードが世界初で日本でCD化されたときには、確か解説(長門さんですね)に大瀧さんのことが触れられていたように思います。でも、このCD,その後に出たコンプリート盤を買ったので手放してしまいました。解説だけでもコピーしとくべきでした。その後聴いたパレードの「サンシャイン・ガール」をカバーした大瀧さんの「透明ガール」にもびっくり。『ロンバケ』の直前につくられたもの。ほぼ「君は天然色」サウンドができあがっています。



この日の特集でかかった曲の中で一番好きなのはやはりスパンキー&アワ・ギャングの「Like To Get To Know You」。番組でかかったのはオリジナルのLPバージョン。実は「Like To Get To Know You」にはいくつかのバージョンが存在するんですね。オリジナルのLPバージョンはイントロが始まる前にメンバーの会話が入っているもの(これがなんともおしゃれ)。ただし他のバージョンで聴かれるエンディングのコーダは省略(LPの最後に出てきます)。オリジナルのLPは(もっていないけど)曲の切れ目がなくすべての曲がつながっていて、大瀧さんの番組では次の「Chick-A-Ding-Ding」が出始めたあたりでフェイドアウトさせています。

興味深かったのは「Like To Get To Know You」をかけた時の大瀧さんの発言。
今日はよく考えると山下の領域をかなり侵してるというそういう感じがします。ゴメン!

もちろん「ゴメン」と謝っている相手は達郎さん。当時、達郎さんもDJを始めていて、大瀧さんは達郎さんのかけそうな曲を遠慮してかけないようにしてたんですね。ビーチ・ボーイズの特集をしなかったのもそのため。僕も結局、達郎さん経由でこれらの曲を知ったように思います(新春放談でかかった曲もありますが)。
スパンキー&アワ・ギャングの「Like To Get To Know You」も新春放談でかかりましたね。久しぶりに聴き返してみたら面白かったので、その話は次回にでも。

というわけで、大瀧さんの番組でもかかったオリジナルのLPバージョンを、と思ったのですがYouTube上に見当たりませんでした。でも、この音源はエンディングのコーダがくっついたもの。だれかが編集したんでしょうか。でも、僕は語りも好きですが、他のバージョンには入っているエンディングのコーダがつけられたこの音源は最高です。



ちなみにそのコーダの部分だけの音源も貼っておきます。この部分だけ聴いてもたまらないですね。


[PR]
by hinaseno | 2014-03-14 14:47 | ナイアガラ | Comments(0)