Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

“動くロビン・ワード”を発見!(3)


ちょっと話がそれる、というわけでもないのですが、東京に行って、東京の町を歩いたり、あるいは電車に乗っているときにずっと聴いていたのはこのCDでした。マーティ・ロビンス&レイ・コニフの『The Story of My Life』(Bear Family)。東京に行く少し前に、気になり始めたのがミッチ・ミラーとマーティ・ロビンスのこと。で、こんなCDが出ているのがわかって注文して届いたのが東京に行く前日でした。
a0285828_9233243.jpg

マーティ・ロビンスやミッチ・ミラーや、このアルバムに収録されている「Just Married」という曲を作ったバリー・デヴォーゾンのことなど、いろいろ調べ始めたときの大瀧さんの訃報でした。もともときっかけは昨年の3月に放送されたアメリカン・ポップス伝パート3の第1夜でした。この日の放送については、ずっと以前にロイ・オービソンとジョー・メルソンのことでこのブログに書いたことがありますが、それとはまた別の部分で興味を持ってしまったということです。
アメリカン・ポップス伝はこの先放送されることはなくなりましたが、これまで放送されたものの中には、まだまだいくつもの発見できていない宝物が埋まっています。
さて、マーティ・ロビンスとミッチ・ミラーの音楽を考える上でかかせないのが、レイ・コニフという人でした。この人の作り出したサウンドが急にたまらなくよくなったんですね。ポップ・カントリーというジャンルの先駆けというべきものでしょうか。

で、話はジャッキー・ワード(=ロビン・ワード)のことに。
「恋するカレン」の最後のコーラスに注目して、B.J.トーマスの「Rock And Roll Lullaby」にクレジットされたコーラスの名前を調べていたときのこと。
ダーレン・ラヴのいるThe Blossoms、そしてThe DiamondsのDave Sommervilleの次に書かれていたのがRon Hicklin、Tom Bahler、Gene Morfordの3人。
この3人はロスアンジェルスを中心にして活動しているセッション・シンガー(レッキング・クルーですね)で、いろんなアーティスト(たとえばパートリッジ・ファミリー)のバックでコーラスを務めているようで、おそらくブライアンにコーラスをやってもらう予定でロスに行ったらブライアンがいなくなったんで急遽彼らにコーラスを頼んだのだろうと思います。
で、彼らの関わったものを調べたらレイ・コニフといっしょに仕事をしていることがわかって、何かあるかなと思ってYouTubeで”Ray Conniff Ron Hicklin”と入れてみたら、出てきたのがこの映像でした。男性4人、女性4人によるコーラス。指揮をしているのがおそらくレイ・コニフでしょうね。
歌っている曲はB.J.トーマスのヒット曲である「Another Somebody Done Somebody Wrong Song」(いい曲です)。



で、この画像の下の説明を読んでいたら、コーラスをしている人の名前が書かれています。先程の3人の他に、女性の名前も。
その最初に書かれていたのが”Jackie Ward”。

びっくりしました。
調べてみたら彼女はRon Hicklinたちといっしょに、たとえばパートリッジ・ファミリーの曲を歌っていることがわかりました。
ということは、例えばバリー・マンが作ったこの曲も彼らが歌っていて、おそらくこの女性の声の中にジャッキー・ワード(=ロビン・ワード)がいるんでしょうね。彼らがこんな高度なコーラス、できるわけないですから。でも、きっとレコードにはRon Hicklinの名前もJackie Wardの名前も書かれてはいないはず。



ところで、先程の映像。女性が4人いますが、一人いる黒人のシンガーがMarti McCallという人であることはわかるのですが、あとの3人の中でジャッキー・ワードはどれなんでしょう。実はわからないままなんです。
左端の一番背の高い女性かなと思いつつ、逆に一番背の低い、ちょっとシャイな感じな女性のような気もするし、一番右端の女性かもしれない。
やはり実際にジャッキー・ワードにお会いされた長門芳郎さんにうかがってみないとだめなのかもしれません。

ところで、ロビン・ワードのCD(レコードからの転載)の長門さんの書かれた解説の最後には、英語でこう書かれています。
Special Thanks to Miss Jackie(AKA-Robin)Ward and Mr. Niagara-Eiich Ohtaki.

長門さんがロビン・ワードのことを知ったのは、きっと大瀧さんの「ゴー!ゴー!ナイアガラ」だったんでしょうね。

最後に、ロビン・ワードが歌ったビーチ・ボーイズ、というよりもブライアン・ウィルソンに捧げた、とびっきり素敵なこの曲を。「In My Room」のアンサー・ソングですね。
こんな詞が出てきます。
We drive along with our favorite song
On the radio



[PR]
Commented at 2014-02-07 08:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by hinaseno | 2014-01-24 09:24 | ナイアガラ | Comments(1)