Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

“だけど”君にあげよう Rock’n’Roll お年玉


実は正直このブログもしばらくは休止しようと考えていたのですが、意を決して。

新年最初といえば、やはり大瀧さんのこの曲ですね。
『ナイアガラ・カレンダー』の1曲目に収められた「Rock'n' Roll お年玉」。



何度か書いたような気がしますが、僕は大瀧さんの曲の歌詞カードをじっくり見たことはありません。何かの機会に歌詞カードを見て、全く違う言葉を覚えていたりしていることがあってびっくりしたり。
今朝、このブログを書こうと決意して、タイトルを「だけど君にあげよう Rock’n’Roll お年玉」という歌詞の一節をいただこうと思って改めて歌詞を確認したら「だけど...」なんてどこにも歌われていない。あれれっ、でした。「だから君にあげよう Rock’n’Roll お年玉」に、「だけど今年は何もする気なく怠惰」の「だけど」がくっついて記憶していたようです。
改めてこの部分のフレーズの歌詞を見てみると、なんだか笑えました。落語好きの大瀧さんならではの”オチ”があります。今年の初笑い。
1番は
「そこで君にあげよう Rock’n’Roll お年玉」

2番は
「だから君にあげよう Rock’n’Roll お年玉」

ここまでは結構強気。ところが3番になると、急に弱気になります。
「どうにもならない Rock’n’Roll お年玉」

実は僕の記憶では、ちょっと弱気になりかけた4番あたりで「だけど君にあげようロックンロールお年玉」と気持ちを持ち直して歌っている気がしたのですが実際にはこうなっていました。
「どしたらいんだろ Rock’n’Rollお年玉」

迷いの境地に陥っています。で、5番はさらにこんな言葉に。
「だから僕にもちょうだい Rock’n’Roll お年玉」

なんと、おねだりに変わっています。もう聴いた回数は1000回は超えているのではないかと思っているのですが(もしかしたらその3割ほどかも?)、ぼんやり聴いているだけでは気づかないものです。

というわけで、明けましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしく。
天国にいる大瀧さんもときどきは覗いて下さい。と言いつつ、きっと大瀧さんのことだから天国とはまた別の居場所を見つけられているでしょうけど。誰も知らないような秘密の隠れ家のような場所。
でも、もちろん真先にエルヴィスにはお会いされたんでしょうね。
[PR]
by hinaseno | 2014-01-01 11:10 | ナイアガラ | Comments(0)