「ほっ」と。キャンペーン

Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

A Little Girl, A Little Boy, A Little Moon


昨日、木山捷平が昭和2年に書いた「男の子と女の子」という詩を紹介しました。
明るい月の光のもと、幼い男の子と女の子がいっしょにおしっこをするユーモラスな詩。改めてもう一度引用します。
そら
ええか
一、二、三……

わしと
とみちゃん
石崖の鼻にならんで
ふるへながら小便ひつた。

わしの小便と
とみちゃんの小便
二本ならんで
芋の葉つぱへぱりぱり落ちた。

「とみちやん、わしの方がちつとよけい飛んだぞ!」
「そら、あんたのはちつと突き出とるもん」

山も
野も
あかるいあかるい月夜であつた。

さて、昨日、月の曲をチェックしていたら、まさにこの詩のためにあるようなタイトルの曲を見つけました。

「A Little Girl, A Little Boy, A Little Moon」。

曲を作ったのはハリー・ウォーレン、詞をかいたのはロバート・キング。ハリー・ウォーレンの詞を書いている人といえば、マック・ゴードンかアル・デュービンがほとんどで、ロバート・キングが詞を書いているのはこの曲だけ。

「A Little Girl, A Little Boy, A Little Moon」という曲は、以前石川さんに送っていただいたハリー・ウォーレンのコンピレーションCD(Harry Warren Songbook Vol.3)に収められていました。ただ、それはハル・ケンプという人がリーダーを務めるジャズ・バンドが演奏したものでしたので、だれか歌ったものはないかと調べたら、ダイアナ・パントンという人が歌っているものがありました。この曲です。これが素晴らしくって。

この曲は彼女の2010年に出た『If The Moon Turns Green...(邦題は「ムーンライト・セレナーデ〜月と星の歌」)』というアルバムに収められています。実は、これ、以前、知人に借りて録音してCD-ROMに落としていました。でも、作曲者のチェックはしてなかったんですね。
月と星に関する曲ばかりを収めているとても素敵なアルバム。ダイアナ・パントンという女性の声がまた魅力的なんですね。「星の王子様」をイメージしたアルバムのジャケットもいいですね。一時期、本当によく聴いていました。「A Little Girl, A Little Boy, A Little Moon」も何度も聴いてたんです。

この曲、調べたら森山良子さんも最近出したアルバムで歌っているようです(共同プロデューサーは鈴木慶一)。どうやらダイアナ・パントンの歌ったものを気に入っただれかが(鈴木慶一さんでしょうか)、森山さんに歌ってみてはと提案したようですね。

と書きつつ、ダイアナ・パントンのこと、それから森山良子がカバーしたものがあること、以前、石川さんと電話でハリー・ウォーレンの話をしていたときに、石川さんが教えてくださっていたような気が...。

昔の人でこの曲を歌っている人はだれかいないのか気になります。パソコンで探してみましたがどうも見当たりません。

いずれにしてもこの曲がハリー・ウォーレンが作ったものだと知って、昨日からずっと聴き続けています。木山さんの「男の子と女の子」にもつながっていますからね。
ただ、こちらの A Little GirlとA Little Boyは彼らよりはもう少しだけ年齢が上。曲も素敵ですが、詞がなんともロマンチック。“A little〜”のついた言葉がいくつも出てきます。” A little"No", a little"Yes"”なんて言葉にはぐっときますね。
歌詞を日本語に訳してみようと思ったのですが、うまく訳せそうにないのでそのまま歌詞を載せておきます。
Scene, a park, after dark

'Neath the moonlight mellow

Just a glance, then romance

What a lucky fellow


A little girl, a little boy, a little moon

A little nook, a little brook, a night in June

While the little stars are gleaming

They're dreaming and scheming


A little walk, a little talk, a little bliss

A little"No", a little"Yes", a little kiss

And very soon, a little church, a wedding tune

A little girl, a little boy, a little moon



Time, a year, June is here
Park is left behind them

Happy he, happy she

This is where you'll find them



A little lane, a little house upon a hill

A little Jack, who hurries back to meet his Jill

At the little door they're kissing

But someone is missing



A little ma, a little pa creep up the stair

A little lad who looks like dad is sleeping there

And through the trees, they hear the breeze

It seems to croon

A little girl, a little boy, a little moon

a0285828_102236.png

[PR]
by hinaseno | 2013-09-21 10:32 | 木山捷平 | Comments(0)