Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

荒川小学校の木山さん(2)


a0285828_14564011.jpg

先日、図書館で平成4年発行の『荒川小学校百年史』を見てきました。その最後の方に、荒川小学校に勤務していた教員の名前がずらっと並んでいます。そしてそこに「木山捷平」の名が。勤務期間も昭和2年4月から昭和3年3月。木山さんが荒川小学校に勤めていたことを示す紛れもない証拠ですね。
a0285828_10274639.jpg

文芸誌で木山さんの名前を見かけても驚くことはありませんが、姫路の外れの、近所と言ってもいい小学校の『百年史』の”教員”の名前の中に木山さんの名前が”ひょこっと”あるんですから、やはり感動してしまいます。果たしてこれを持たれている人の何人が「木山捷平」という名に目をとめたでしょうか。きっと一人もいないのでは。ちなみに本は禁帯出でしたので、この写真はコピーしたものを写したものです。

ところで、この名簿で、当時の校長の名前と、同僚の教員の名前を知ることができました。
木山さんが荒川小学校にいた当時の校長の名は井上敬二。荒川小学校の第7代校長です。校長は写真が貼られているのですが、残念ながら次の第8代校長から。
井上敬二校長は大正15年3月から昭和4年3月まで荒川小学校の校長を務めています。

荒川小学校の校長と言えば、木山捷平の父、静太が木山さんに送った手紙の中に、この校長のことがでてきます。昭和3年3月31日の手紙(『木山捷平 父の手紙』所収)。
今日この手紙を鳳君が小田へ投函したあとそなたの手紙を配達された。
任地はムヤミに変るものではない。
校長と喧嘩するものでない。そのやうな性質のそなたとは思はねど、どうせ他界のよりあひどこであるから、何処へ行つても他役所へ行つても皆他人同士の角突合ひ、暗闘ばかりだ。これが普通の世相である。あたりまへであるのだ。

木山さんは父に荒川小学校から菅生小学校へ移ることを手紙で伝えたんでしょうね。もしかしたら校長と喧嘩したようなことを書いていたのかもしれません。木山さんが転勤を希望したのか、あるいは校長が転勤させたのか。
たった一年勤めただけでの転勤ですから、校長と何らかのトラブルを起こしたと静太が推測しただけなのかもしれません。

ただ、当時の教員名簿を見ると荒川小学校に一年だけ勤務している人は意外に多いですね。せっかくですので、木山さんが荒川小学校にいたときの教員の名前を並べておきます。
田村顕二(大正11年4月〜昭和2年12月)
熊見幾二(大正11年4月〜昭和11年3月)
福島(山本)みつ(大正14年4月〜昭和5年8月)
三木シゲ(大正15年3月〜昭和2年6月)
浅田忠治(昭和2年4月〜昭和3年3月)
野村梅太郎(昭和2年〜?)
中村治三(昭和2年4月〜昭和12年3月) 
井上重雄(昭和2年4月〜昭和3年3月)
木山捷平(昭和2年4月〜昭和3年3月)
井上富士雄(昭和2年4月〜昭和4年3月)
東口まさの(昭和2年4月〜?)
吉竹一子(昭和2年1月〜昭和4年3月)
内海しげの(昭和2年4月〜昭和5年3月)

勤められた期間が不明の人もいますが、少なくとも木山さんが荒川小学校での勤務を始めた昭和2年4月時点においては、男性教員は木山さんを入れて8名、女性教員が5名。どうやら1学年に2クラスくらいはあったようですね。
[PR]
by hinaseno | 2013-09-15 10:26 | 木山捷平 | Comments(0)