Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

Happy Birthday Blues


それにしてもシェリー・フェブレーの「Big Star」は本当にいい曲ですね。YouTubeのこの画像のシェリー・フェブレーもなんともいえずかわいいし。頭の中にはこの曲ばかり流れています。この夏はこの曲で決まり、っていうくらい大好きになりました。もう1回貼っておきます。

「Big Star」は作曲がシャーマン・エドワーズ(Sherman Edwards)、作詞がシド・ウェイン(Sid Wayne)。考えたらこれって「See You In September」と同じなんですね。さっき気づきました。実はこの「Big Star」のかかった日の最後に「See You In September」もかかっているのですが、説明は一切なし。いつか自分で気づくでしょ、ってことだったんでしょうか。

作曲者のシャーマン・エドワーズは、あのバート・バカラックとのコンビで有名なハル・デイヴィッドとのコンビでも素敵な曲を作っています。「ゴー!ゴー!ナイアガラ」でも何回かかかっている「Johnny Get Angry」や、同じジョニー・ソマーズが歌った「When The Boys Get Together」とか。
「When The Boys Get Together」は大好きな曲。スタン・アップルバウム(Stan Applebaum)のアレンジが素敵すぎます。

ついでなので、シャーマン・エドワーズの作曲した大好きな曲をもう一つ。達郎さんもカバーした「So Much In Love」で有名なThe Tymesの「Wonderful, Wonderful!」。夏にぴったりの曲です。

この共作者はBen Raleigh(ベン・ラレイ)。ベン・ラレイという人は前に、...なんて書き出すと切りがないのでやめておきます。

さて、ナイアガラ島に来て「ゴー!ゴー!ナイアガラ」のドゥーワップ、バラード、ガール・シンガーの特集を聴いて、初めて聴いたり、今まで聴き流していたような曲で気に入ったものを集めて2枚のCDを作りました。1枚は「Doo Wop Ballads」、もう1枚が「Girl Singers」。もちろん、すべて「ゴー!ゴー!ナイアガラ」でかかった曲ばかり。自分で作ったのに言うのもなんですが、これが最高なんです。この夏はこれを聴いて過ごします。
a0285828_10534100.jpg

実は「Doo Wop Ballads」と「Girl Singers」のどちらに入れようかと悩んだ曲が1つありました。ガール・シンガー特集でかかった曲ではあるのですがスタイルはドゥーワップ。結局は「Doo Wop Ballads」の方に入れました。
曲のタイトルは「Happy Birthday Blues」、歌っているのはキャシー・ヤング(Kathy Young)。バック・コーラスはThe Innocents。これもやはり初めて聴いて大好きになった曲です。

ところで、明日は「ゴー!ゴー!ナイアガラ」をはじめ、僕にたくさんの音源を送って下さっている”ある方”の誕生日。ということなのでこの曲をその方に捧げます。詞はちょっとだけ悲しいのですが、曲が素敵なので許して下さい。

なお、次の島、I(アイ)島に旅立つため、数日間ブログを休みます。

[PR]
Commented by 39nemon at 2013-08-11 00:20 x
いつも楽しませて頂き、ありがとうございます。私もちょっと旅先で聴いてる気分で、イイ感じです!いつになく暑いのでお変わりなきよう...よい旅を!
 いよいよ来週は大瀧さんの『アメリカンポップス伝』ですね。楽しみ、楽しみ...♪
Commented by hinaseno at 2013-08-12 21:30
南の島から一時帰国しました(ウソ)。いよいよ今夜ですね。
by hinaseno | 2013-08-10 10:06 | ナイアガラ | Comments(2)