Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「風立ちぬ」の〈20分の1の神話〉(その3)


T島、トライアングル島といえば『ナイアガラ・トライアングル』。
といきたいところですが、ここでの主役は『ティーンエイジ・トライアングル』。
これですね。
a0285828_9314325.png

コルピックス(COLPIX)というレーベルに所属していた3人のアイドルの代表曲ばかりを集めたベスト盤ですね。大瀧さんの「ぼくの愛聴盤10」にも入っています。
3人の名前はジェームス・ダーレン、ポール・ピーターセン、そしてこのブログでは何度も名前が出ている紅一点のシェリー・フェブレー。

今日の話の中心は、またまたシェリー・フェブレーです。
シェリー・フェブレーは「ゴー!ゴー!ナイアガラ」では常連中の常連。彼女単独の特集はされていませんが、ガール・シンガーものの特集のときには必ず彼女の曲がかかっています。
ちなみに4回行われた「ガール・シンガー特集」、および好きなガール・シンガーの曲ばかりを集めた「My Juke Box特集」全てで曲がかかっているのはシェリー・フェブレーとジョニー・ソマーズの2人だけ。その次に多いのがダイアン・レネイ、ロビン・ワード、ナンシー・シナトラ、リトル・ペギー・マーチでしょうか。麻丘めぐみの曲も結構かかっています。

さて、先日聴いたのは、1977年8月29日に放送された「ガール・シンガー特集(その4)」。波の音をバックにして夏に放送されたものを続けて聴いていました。「波の音はバラードに合いますね」という言葉もこの日の放送で語られました。
「ガール・シンガー特集」では有名な曲もかかれば、あまり有名でない曲、全く知らない曲もかかります。先ほど書いたガール・シンガーのCDやレコードはいくつも持っているのですが、正直、その収録曲をきちんと全部聴いたことは一度しかありません。たいていはまずお目当ての曲を聴いて、他に有名なソングライターの曲はないか探して、あればそれを聴くという聴き方。1回も聴いていない曲もいくつもあるはず。で、「ゴー!ゴー!ナイアガラ」では、そんな僕の持っているCDの中には入っているのに一度聴いたかどうかわからないような曲がよくかかります。有名(あくまで僕の貧しい音楽経験の中でのということですが)とは言えない曲やら、あるいはスタンダードソングのカバーとか。いずれも軽視、あるいは無視してきた音楽ばかり。
でも「ゴー!ゴー!ナイアガラ」を聴いていると、いかに僕が偏った音楽の聴き方をしてきたかを反省させられます。単純に言えば「いいものはいい」ということですね。

「ガール・シンガー特集(その4)」の1曲目にかかるのはコニー・フランシスの「Where The Boys Are」。もちろんこれはニール・セダカの作った有名な曲。でも大瀧さんはニール・セダカが曲をかいたことを言いません。自明のことだからでしょうか。で、2曲目にジョニー・ソマーズの「Since Randy Moved Away」がかかります。これは有名とはいえない曲のはず。僕にとっては聴きとばしてきた曲です。大瀧さんの紹介によれば「メモリーズ・メモリーズ」のB面の曲とのこと。アメリカでは「Since Randy Moved Away」のほうがA面だったみたいですね。改めてよく聴くと「メモリーズ・メモリーズ」よりも「Since Randy Moved Away」のほうがずっといいですね。
「Since Randy Moved Away」を何度か聴いていたらどこかで聴いたことがあるメロディだなと思えてきます。なんだろうとしばらく考えて思いあたりました。エルヴィス・プレスリーの「エンジェル」。調べてみたら曲を書いた人が同じなんですね。Tepper& Bennett。まあ同じ人だから曲が似ているのは当たり前。でも、大瀧さんはそのあたりの説明は一切しません。
この日の5曲目にかかるロビン・ワードの「I Will Love You」はバリー・デヴォーゾンの作った曲だと紹介しています(実際にはシェルビー・フリントが作った曲のようですが)。
説明をしたり、しなかったり。とっても興味深いです。

さて、驚いたのはこの日の3曲目にかかったシェリー・フェブレーの「Big Star」という曲。やはり、僕が聴き流してきたか、聴き飛ばしてきた曲です。聴いてびっくりでした。

「風立ちぬ」のサビの後に出てくるAメロと似たようなメロディが聴かれます。
「涙顔 見せたくなくて すみれ・ひまわり・フリージア」の部分ですね。特に「見せたくなくて すみれ・ひまわり」の部分は全く同じといってもいいかもしれません。びっくりしました。
わおっ、と思いましたがネットをチェックしたら何人かの人が書いていました。う〜ん残念。でも自分で発見できたからうれしいです。まあ、「風立ちぬ」の曲を知っていて「Big Star」を耳に入れたらきっとだれでも気づくことだと思います。

ちなみにこの日の放送は「ガール・シンガー特集」なのですが8月の最後の放送ということで、エンディングにハプニングスの「See You In September」がかかります。

ところで「ゴー!ゴー!ナイアガラ」でかかったシェリー・フェブレーの別の、やはり僕が聴き流していた曲で、もう一つの驚きの〈20分の1の神話〉が発見がありました。
それはまた、後日。

Today’s Song:I Didn't Have Any Summer Romance / Carole King
この日の放送でかかった曲。有名な曲ではありませんが、死ぬほど好きな曲です。
[PR]
by hinaseno | 2013-08-07 09:34 | ナイアガラ | Comments(0)