Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「トップレス水着のお嬢さん」の本当の年齢は...。


僕が来ている南の島の名はもちろんナイアガラ諸島。ナイアガラン・アイランド(Niagaran Islands)です。その最大の島がA島。今、ちょうどV島からA島に向かっています。A島も他の島同様珊瑚礁でできているのですが、かなり険しい山がそびえているのが見えます。

A島に向かう船の中で「ゴー!ゴー!ナイアガラ」を聴きました。聴いたのはサマー・ソングを特集した「Summertime, Summertime ‘78」。
「Summertime, Summertime」特集は1977年にもされているのですが、こちらは1978年8月7日に放送されたもの。先日触れた「See You In September」特集の3回前ですね。その時と同様に、やはり全編、波の音がし続けています。ヘッドホンをはずしても波の音、つけても波の音です。

かかった曲を紹介します。実はこの日かけられる曲は例の『KAWADE夢ムック 増補新版大瀧詠一』でわかっていたのですが、いくつか変だなと思うものがあって確かめる意味もあったのですが、やはりいくつか間違われていました。正しいものをこちらに載せておきます。あの本をお持ちの方は訂正しておいて下さい。

1. Summertime, Summertime / Legendary Masked Surfers
2. Summer Means Fun / Bruce & Terry
3. Beach Party / Annette Funicello
4. Gonna Hustle You / Legendary Masked Surfers
5. Ride The Wild Surf / Jan & Dean
6. One Piece Topless Bathing Suit / The Rip Chords
7. All American Girl / The Hondells
8. I Want To Take A Trip To The Islands / The Surfaris
9. Hawaii / The Beach Boys
10. Surfin' U.S.A. / The Hot Doggers
11. I Live For The Sun / The Sunrays
12. Surfer's Stomp / The Mar-Kets

訂正箇所というのは1曲目が少しだけかけられていたのに記載されていないこと、4曲目の曲名、7曲目のアーティスト名が間違っていること。それから、6曲目のリップ・コーズのつづりも違っていました。
誤解されてほしくないのですが、僕は作成した方のミスをいろいろとつきつけるつもりはありません。今みたいにパソコンも様々な資料もほとんどない時代に、ラジオの放送だけで曲名を聴き取るのがいかに大変かは僕自身も経験していることですので。でも、できればこういうリストは正確である方がいいと思いますので、かなり遅れてきたナイアガラ―ですが、ときどきは気づいたことがあれば報告したいと思います。

さて、今回聴いてみて面白かったのは6曲目のリップ・コーズの「One Piece Topless Bathing Suit」。邦題は「トップレス水着のお嬢さん」。タイトルは結構どきどきするのですが、実はこのお嬢さんの年はなんとたったの4歳。知らなかった。でも、ネットで確認したら94歳となっています。こちらもすごいですが、でもネットの歌詞は間違っていますね。どう聴いても”only four years old”と歌っています。聴いてみて下さい。

と思ったのですが、YouTubeに音源はありませんでした。でも、間違いなく4歳です。

おかしいなと思って調べてみたらジャン&ディーンもこの歌を歌っていて、そちらの方の歌詞は94歳になっていることがわかりました。ここにジャン&ディーンの方を貼っておきます。

ちゃんと”only ninety-four years old”と歌っています。このプロモーションビデオにはおばあちゃんも登場してますね。このおばあちゃん、あの「パサディナのおばあちゃん」のジャケットに載っているおばあちゃんのような気がします。94歳にはなっていないと思いますが。

それにしても大瀧さんって、歌詞の細かいところ聴き取ってますね。この曲はリップ・コーズのもジャン&ディーンのも何度も聴いていましたが全然気づきませんでした。歌詞だけとったらちょっとした冗談音楽だったんですね。 どっちのバージョンが先なんだろう?

でも、4歳なら微笑ましいけど、94歳となるといくらなんでも...。
ということをいろいろ考えているうちに、どうやらA島に到着したみたいです。

そういえば大好きなビーチ・ボーイズの曲もかかりました。大瀧さんは「ビーチ・ボーイズ」と言わないで「ウィルソン・ブラザーズ」と言っています。ウィルソン家の兄弟たち。時々この表現をする人がいるのは知っていましたが、まさか大瀧さんが使っていたとは。

「ゴー!ゴー!ナイアガラ」の七不思議の1つ、いや2つは、大好きなはずのビーチ・ボーイズ特集とリッキー・ネルソン特集をしなかったこと。ぜひ、一度訊いてみたいです。

Today's Song: I Want To Take A Trip To The Islands / The Surfaris
バック・コーラスはハニーズ。ブライアン・ウィルソンの最初の奥さんがいたグループですね。
[PR]
by hinaseno | 2013-07-31 13:26 | ナイアガラ | Comments(0)