Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

  大瀧詠一の一人多重コーラス(その1)


今日からしばらくは、このブログを始めたときからやってみたかった大瀧さんの一人多重コーラス特集です。大瀧さんの楽曲をとりあげたブログはそれこそ山とありますが、大瀧さんの一人多重コーラスに焦点をあてたものはたぶんはじめてではないかと思います。とにかく好きなんです。大瀧さんの一人多重コーラスが。
ただ、残念ながらYouTube上に音源のないもの(特にCM用に作られた曲)が多くて、全部僕が作るのも大変ですので、どうしても聞いてもらいたいという曲を数曲だけ作ることにしました。これをきっかけにして、やはりできればCDを買って、大瀧さんの解説を読んで、曲を聴いてみてくれるのが一番だと考えています。

さて、その前に一人多重コーラスというものについて。
普通はコーラスといえば、何人かの人が集まっていっしょに歌うわけですが、それを一人でやるんですね。でも、どうやって録音をって思いますが、それができる機械があるんですね。名前は忘れましたが。パートごとに自分の声を録音してそれを重ねることができる機械が。
僕が「一人多重コーラス」なんて言葉を知ったのは、1986年に出た山下達郎さんの『ON THE STREET CORNER』というアルバムの解説を読んでのことでした。そのアルバムがまさに達郎さん一人で多重録音された曲を集めたものだったんですね。ただ実際にはこのCDは再発で、最初にそのアルバムが出たのは1980年の12月。確かその前に『ライド・オン・タイム』がヒットして、今しかないということで作ったとどこかで発言されていたように思います。もちろん僕は1980年という年にそんなアルバムが出たなんて知る由もありません。

1995年に大瀧さんの過去のアルバムが、大瀧さんの詳しい解説付きで、どっと再発された時、僕ははじめて大瀧さんも一人多重コーラスをされていたことを知ります。まさに、「聞いてみたから、わかったよ」でした。コーラスって意識して聴かないと、聴き流してしまうんですね。言われてみれば確かにそうだなと確認はできるんですが、気づきませんでした。しかも、大瀧さんは達郎さんが『ON THE STREET CORNER』のレコードを出す、かなり前から一人多重コーラスをやっていたんですね。これには驚きました。
一人多重録音のできる機械がいつ頃できたのか、それを使って最初に録音したのが誰かは知りませんが、大瀧さんはそれをやった最初の一人であったことは間違いないのではと思います。少なくとも日本のロック(ポップス)の分野では。達郎さん以後は、何人もの人がそれを普通にやるようになりましたが。

でも、なぜ一人多重コーラスをやるのでしょうか。達郎さんはかつて一緒にコーラスをやる友達がいないから、と冗談まじりに言っていたことがありましたが、大瀧さんも達郎さんもまわりにコーラスのできる人は何人もいましたから、そんな人たちがコーラスをやっている曲はいくつもあります。大瀧さんであれば、まさに達郎さんがバックコーラスをしている曲もあります。あるいはキング・トーンズというボーカル・グループがバックコーラスをつとめている曲も。でも、大瀧さんも達郎さんも一人多重コーラスを数多くするようになります。
おそらくそれぞれに一人多重録音の技術を高められたのが大きなポイントであると思いますが、何よりも声質の要素が大きかったように思います。どんなにコーラスの技術を持った人でも、あまりに違った声質だと、どうしても綺麗な響きを持ったコーラスになりません。でも、その一方で同じような声を重ねるだけでは、まるでつまらないものになる可能性もあります。やったこともないくせに偉そうなことを言っていますが、あくまでいろんな人のコーラスを聴いてきての感想なのですが。

とりあえず、今日は大瀧さんのおそらくは一番最初の一人多重コーラスの曲を。
はっぴいえんどに在籍していたときに出した最初のソロ・アルバムに収められた「おもい
」。


a0285828_20535046.jpg曲が作られたのは、なんと1972年。こんな時代に、こんなことをやっていた人は絶対に他にいなかったはず。ただ、このコーラスのアレンジは大瀧さん本人ではなく、大瀧さんと細野さんが知り合う仲介をした、細野さんと同じ立教大学にいた中田佳彦さん。ちなみに中田さんの叔父は、かの有名な中田喜直さんです。「ちいさい秋みつけた」(大好きな曲です)など数々のすばらしい童謡を作った人ですね。
[PR]
Commented by 39nemon at 2013-01-09 23:59 x
一人多重コーラスといえば、達郎さんの「クリスマス・イブ」で認識したという感じです。大瀧さんの一人多重コーラスといえば、ホント「CMスペシャル」は宝庫ですね。
by hinaseno | 2012-11-23 09:09 | 音楽 | Comments(1)