Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧

小津安二郎の「早春」と三石(その3)


a0285828_1495837.jpg

「早春」の映画に出てくる、三石での池部良の生活をとらえた場面の2つ目。前日の事務所で働く場面の後、そこから自宅の下宿に戻る場面です。映画ではほんの数秒のシーン。
a0285828_9402174.jpg
手前の道のつきあたりには家が建っていますが、道はそこで左右に枝分かれしています。その画面右側の道から仕事を終えた池部良が現れます。
a0285828_940363.jpg





池部良はまっすぐこちら側に向かってきます。このとき、池部良の背後には労働者風の男が画面左側の道に入って行くのが見えます。
a0285828_9405921.jpg







で、池部良は左に曲がって、画面右にある家の中に入ります。つまり、ここが池部良の下宿なんですね。
この後、画面は家の中へと切り替わっていきます。

この間カメラは固定されたまま。背後には2本の煙突が見えます。右側のおそらく手前にあるはずの煙突はかなり太いですね、ところどころに入っている筋の様子から見ると、おそらく方形。それから左側の、おそらく後方にあると考えられる煙突は遠近感の関係があるとはいえ少し細い。画面上では太さが右の煙突の半分以下です。煙突の形状も右側のものとは違っておそらくは円形のはず。昨日載せた煙突が何本もあるカットでも、やはり横に筋の入った方形の煙突と、円形の煙突の2種類が見えます。この場面の背後にある煙突はまぎれもなく三石にあった煙突のはず。つまり、この場面は三石で撮影されたことは確かでした。

僕が「早春」と三石の研究を始めたとき、何よりもまず最初に、この場面の池部良の下宿を探さなければと考えました。手がかりは背後の2本の煙突と突き当たりで枝分かれしている道。
a0285828_9553452.jpg
でも、三石の町を通っていてわかっていたことなのですが、現在、三石には煙突がほとんど残っていません。最初に町中に入って確認することができた大きな煙突はたった1本。現在も操業を続けているこの煉瓦会社の背後に見える煙突だけでした。
実際はもう1本、かなり小さな煙突が山の中腹にあったのですが、まったくかけ離れた場所にあって、あの映画の場面に出てくる煙突ではないことは確かでした。この状況を目の当たりにして、映画のあの場面に見える煙突は2本とももうすでになくなってしまっているだろうという気持ちになりました。
ただ、道に手がかりはないかと思い、町中をあちこち歩き回り、途中で出会った郵便配達の人に訊いたりしましたが、見当がつかないということでした。道も整備されてなくなってしまっているのだろうかと諦めかけていたところ、そきほどの工場の関係者に、事務所の背後に見える煙突の隣に、もう1本、昨年、上部をかなり切りおとした煙突があることを聞きました。震災の影響で、倒壊の危険性を考慮して切ったのではないかと推測されるのですが、いずれにしても、その切られた煙突が見えそうな高台(山陽本線の土手のある側)をあちこち歩いていたら、なんと映画のまさにその場所に突然出ました。
a0285828_1003451.jpg

煙突は2本ともかなり短くなっていますが、その2本の太さも形も間違いなく、池部良の下宿の背後に映っていたあの2本の煙突です。ここを見つけたときは本当にうれしかったですね。心のなかで思わず「川本さん(川本三郎さん)、見つけました!」って叫びましたから。
a0285828_1023961.jpg
ただ残念ながら、問題の下宿のあった場所はこのように空き地になっていました。ブルーシートの下に木材が残っていますので、わりと最近まで建物が残されていたのかなと思い、後日伺ったら、ほんの数年前に取り壊されたとのことでした。一歩遅かった。
この場所にあった家は、津村さんという方の家だったとのこと。津村さんのご子息は確か三石の別の場所に住まわれているとのことでしたので、いつか機会があればお会いできたらと思っています。映画に関する、何かびっくりするようなものを持っていらっしゃるかもしれません。
a0285828_1042818.jpg
さて、あの場所にあった津村さんの家。なんとその写真が先日紹介した「瀬戸内シネマ散歩」に載っていました。右の写真です。手前の方形の煙突も切られる前で、まだ高くそびえています。
著者がここを取材されたのは4年前の2008年の夏。著者は人に聞いてこの場所に来たとのこと。ちょっとずるいですね。でも、やはりこういうのは人に聞くのではなく自分の足で探し歩いた方が楽しいことを知りました。
ちなみに、本の著者がこの家を訪ねて来たとき、家はすでに空き家になっていたとのことでした。
この家のことについては明日にでも。
[PR]
by hinaseno | 2012-09-12 10:13 | 映画 | Comments(0)