Nearest Faraway Place nearestfar.exblog.jp

好きなリンク先を入れてください

Talks About Music, Books, Cinema ... and Niagara


by hinaseno
プロフィールを見る
画像一覧
カレンダー

大村雅朗作品集として最初に作ったのは(次があるかどうかはわからない)松本隆作詞、大村雅朗作曲で松田聖子が歌った曲を集めたもの。

作詞が松本隆さんではなくて大村雅朗が作曲して松田聖子が歌ったものや、松本隆作詞で大村雅朗作曲だけど歌ったのが松田聖子ではないものは省きました。やはりこの松本隆、大村雅朗、松田聖子というコンビが僕にとって最も思い入れの深いものなので。


収録したのは全部で15曲。大村雅朗が作曲した曲は1曲の例外を除いてすべて彼自身が編曲しています。

収録した曲を発表された年代順に紹介しておきます。


  1. 1. 「真冬の恋人たち」

1982年11月10日発売のアルバム『Candy』のB面の最後に収録。

何から何まで最高に魅力的な曲なのですが、この曲の魅力をさらに引き上げているのが途中で聞かれる男のパートの声。

「可愛いね 君」「ねぇ ひとりきりなの」の部分ですね。これを歌っているのが『ナイアガラ・トライアングルVol.2』のメンバーである杉真理さん。杉真理さんには本当は曲を提供して欲しかったんだけど、でもこの声は奇跡のように魅力的なものでした。


ところで、『作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997』を読んでいたら、その部分についてあっと驚くエピソードが書かれていました。それは大村雅朗がアレンジした曲でキーボードを演奏していた山田秀俊のインタビュー。実は山田さんはキーボードを演奏していただけではなくコーラスもやっていたんですね。しかも一人多重コーラス。『Candy』でも大瀧さん作曲の2曲以外のほとんどの曲で山田さんはコーラスをしています。大村さんのお気に入りの声だったみたいです。

山田さんのコーラスでとりわけ素晴らしいのが細野晴臣作曲の「ブルージュの鐘」。ここでは山田さんはまるでビーチ・ボーイズのような綺麗なファルセットの一人多重コーラスをやっているんですね。ちなみにあの「SWEET MEMORIES」でも山田さんの素晴らしい一人多重コーラスを聴くことができます。


で、その山田さんが「真冬の恋人たち」についてこんなことを語っていました。


 僕なんて「真冬の恋人たち」で♪かわいい~ねきーみ♪って歌ったんだけど、出来上がって聴いてみたら杉真理に差し替えられてんの。だから「これどうしたの?」ってスタッフの人に聞いたら「山田さんの声がオジサンくさくていやらしかったから……」って言われて。

声の差し替えをしたのはどうやら大村さんのようですね。

ちなみに「真冬の恋人たち」のクレジットを見るとChorusのところには杉真理と山田秀俊の名が併記されています。

a0285828_12355194.jpg


「可愛いね 君」「ねぇ ひとりきりなの」の部分は杉さんに差し替えたけれど、それ以外のところで聞かれる男性のコーラスはすべて山田秀俊さんの一人多重コーラス。今聞くとちっともおじさんくさくなくてとても爽やかなファルセットなんですが、でも、やっぱりあそこは杉真理さんのエンジェルヴォイスがあってこそです。


ところで本の冒頭の松本隆さんのインタビューでも、やはりこの「真冬の恋人たち」について触れられていました。松本さんも一番のお気に入りのようです。


彼(大村雅朗)はそんなに器用な人じゃなくて、どっちかっていうと朴訥とした曲を作る感じかな。いちばん印象的なのは「真冬の恋人たち」なんだけど、これは名曲。詞もかなりいいのが書けて、とっても好きですね。


彼の曲に詞をつけていると、物語とか場面とかがパーっと浮かんでくる。風景が浮かんでくるのは僕の詞の特色でもあるんだけど、特にそれが喜んで出てくるっていうのかな。「真冬の恋人たち」は自分でも映画を観ているような感じだね。そういうのは得がたい。あと「セイシェルの夕陽」もいい。


ということでその「セイシェルの夕陽」まで紹介するつもりでいましたが、ちょっと時間がないので今日は結局「真冬の恋人たち」1曲だけの紹介になってしまいました。


[PR]
# by hinaseno | 2017-07-21 12:36 | 音楽 | Comments(0)

『作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997』は発売日の翌日に書店で購入。アマゾンに注文しようかと思ったけど、やはり書店で買いたかったので。本が置かれていて(たった1冊あっただけ)ほっとしました。

購入して最初に読んだのは巻頭に収められた松本隆さんのスペシャル・インタビュー。で、次に読んだのが巻末に収められた松田聖子のインタビュー。やはり大村雅朗といえばこの2人です。

他にも渡辺美里、八神純子、大江千里、大沢誉志幸、小室哲哉、辛島美登里といった大村雅朗が編曲者として関わったアーティストや、大村さんのアレンジした楽曲を演奏したミュージシャンのインタビューがずらっと並んでいます。

個人的におっと思ったのは広谷順子さん。

それはさておきもう一人ぜひインタビューしてほしい人がいたのですが、その人の名前はありませんでした。僕が松田聖子の曲を聴いていた時期に、大村雅朗によって編曲された曲を何度も何度も聴いていたアーティスト。

そのアーティストの名は佐野元春。佐野さんのことについてはまた後日ということにします。


『作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997』でうれしかったのは巻末に収録された大村雅朗の編曲一覧。松田聖子以外にもよく知っているものもあれば、へえ~、あの曲も大村雅朗がアレンジをしたんだと驚かされたものも多数。吉川晃司が出てきたときにサウンドは佐野さんのパクリだなと思ったけど、その編曲者がまさに佐野さんの初期の曲の編曲をしていた大村雅朗その人だったとは。


リストを見ながらふと思ったのは大村雅朗が編曲者として関わった曲にこれだけの多くのヒット曲がありながら、大村雅朗の作品集がひとつも出ていないんだなということ。まあ日本ではアレンジャーというのは、かなり低く見られているのでアレンジャーの作品集を出すことはめったにないんでしょうけど。でも、大村雅朗のアレンジがあってこそヒットしたと思える曲も少なくないので、なんとも歯がゆい気持ちに。

ってことで、じゃあ、僕が作ってみようかと思ったものの、あまり好みではない作詞家や作曲家の書いた曲を、あまり好みではない歌手が歌ったものを聴くのは正直しんどいので、結局作ったのはこれでした。ジャケットは本の表紙をそのまま使わせていただきました。今、こればっかり聴いています。

a0285828_15005088.jpg



[PR]
# by hinaseno | 2017-07-20 15:01 | 音楽 | Comments(0)

雨が恋しいなんて書いたら久しぶりに雨。梅雨はまだ明けていなかったようです。

なんて書き出しで始めていたのは昨日アップする予定だったもの。でも、昨日はブログのメンテナンスとのことでログインできない状態が延々と続いて、結局アップできませんでした。ということで、今日は昨日アップしようと思っていたものに書き足すことにしたのでかなり長くなります。


ちなみに今日は青空が広がっています。

青空を見る最高のシチュエーションといえば、どこか南の島の海辺の木陰に吊るしたハンモックの上。そこに寝そべって、文庫本(たとえば池澤夏樹の『南の島のティオ』、あるいは『夏の朝の成層圏』)なんかをうとうとしつつ読みながら、日が沈むまで空と海を眺めることができたら最高。音楽はやっぱり歌のない『NIAGARA SONGBOOK』。

南の島といえばカナリア諸島…、いや、セイシェル諸島の方がいいかな。


ところで最近、久しぶりに松田聖子の曲をいろいろと聴いています。

彼女のアルバムで、アルバム全体を通して針を落とす回数が最も多かったのは何かというと、おそらく『Candy』(2番目はたぶん『Pineapple』。『風立ちぬ』はレコード盤に穴が開くくらい聴いたけど、それは大瀧さんがプロデュースしたA面だけ)。

『Candy』が発売されたのは1982年10月21日。もちろん発売日(あるいは発売日の前日)に買いました。

ここにLPの歌詞カードがあります。

こちらがA面。

a0285828_12590153.jpg


で、こちらがB面。

a0285828_12590153.jpg


アルバム全体を通して何度も聴いたのは、大瀧さんの曲がA面とB面にそれぞれ1曲ずつ入っていたからでしょうね。もしこの2曲が片面だけに収録されていたら、そっちだけを重点的に聴くことになったはず。

ただし、改めていうまでもなく、ある時期の松田聖子のアルバムには大瀧さん以外にもたくさんの優れたソングライターが競うように素晴らしい曲を書いていました。『Candy』にも細野晴臣さんが2曲、南佳孝さんが2曲、そしてチューリップの財津和夫さんが3曲提供していました。作詞は全て松本隆さん。当時はあたりまえのように思っていましたが、今から考えると贅沢の極致。

ってことで『Candy』はA面の1曲目から、それぞれの曲の演奏を含めてほぼ完璧に脳内再生することができます。

そういえばこのアルバムは全部で10曲。先ほど並べたアーティストは当時ソロやグループで大活躍していた人たちですが、もう1曲、B面のラストに収録された曲を書いた人はそんな名のある人ではありませんでした。


その人の名は大村雅朗(まさあき)。

『Candy』のラストに彼が提供した曲がこの「真冬の恋人たち」。




この曲がとにかく最高なんですね。死ぬほど好き。『Candy』で一番好きな曲はと問われれば迷うことなくこの曲をあげます。

そして実は大村雅朗はその「真冬の恋人たち」もそうですが、この『Candy』のほとんどの曲のアレンジをしているんですね。正確に言えば、大瀧さんが提供した2曲以外のすべて。大瀧さんの2曲は多羅尾伴内というペンネームを使って大瀧さん自身がアレンジをしていました。

大村雅朗は松田聖子のデビュー曲の「青い珊瑚礁」から彼女の曲のほとんどのアレンジをしていました。僕が松田聖子に惹かれるきっかけとなった「チェリーブラッサム」ですが、そのアレンジもやはり大村雅朗。


後でいろいろと調べてわかったことですが、1981年くらいから84年にかけて、僕は大瀧さんのナイアガラサウンドとともに大村雅朗サウンドを浴びるほどに聴いていたんですね。でも、当時は正直そんなには評価していませんでした。彼のことを意識するようになったのは彼が今からちょうど20年前に46歳という若さで亡くなったということを知ってから。


ただ、「真冬の恋人たち」で彼のことを意識するようになったけれど、松田聖子の新しいレコードが出るたびに期待していたのはやはり大瀧さんが新しい曲を書いてくれないかということでした。でも、結局『Candy』が最後だったけど。

大村雅朗は「真冬の恋人たち」以降、編曲だけでなく作曲も手がけるようになっていました。どうやら作詞家の松本隆さんの要望でもあったようです。『Candy』の次のクリスマスの企画盤『金色のリボン』に2曲、「ジングルベルも聞こえない」「星のファンタジー」。いずれもなかなかの佳曲。ちなみに『金色のリボン』は2枚組のLPでしたが、1枚目の『Blue Christmas』と題されたLPは全曲大村雅朗のアレンジ。つまりこのLPは大村雅朗サウンドによるクリスマスアルバムになっているんですね。


さて、翌年の夏に出た待望のオリジナルアルバム『ユートピア』(1983年6月1日発売)。この中に大村雅朗の最高に素晴らしいバラードの曲が収録されていたんですね。「真冬の恋人たち」に勝るとも劣らない名曲。それが「セイシェルの夕陽」でした。




セイシェルのことはこれで知って、確か写真集も買いました。「セイシェルの夕陽」は今では『ユートピア』の中で一番好きな曲。

ちなみにこれはネットで拾ったセイシェルの夕陽の写真。白い船が岬を回っています。

a0285828_13112220.png


で、その年の8月、大村雅朗が作曲した曲がはじめて松田聖子のシングルに採用されます。ただし最初はB面。A面は細野晴臣作曲の「ガラスの林檎」。でも、B面に収録された大村雅朗の曲がテレビのCMに使われて評判を呼んで、のちに両A面の曲として発売されるんですね。

そのB面の曲というのが「SWEET MEMORIES」。この曲が使われたCMというのがこれです。このペンギンがかわいいんですね。




結果的にはこれが大村雅朗の最も有名な曲となったんですが、当時僕はこの曲よりも「真冬の恋人たち」や「セイシェルの夕陽」のほうがはるかに好きだったので「SWEET MEMORIES」が(というか「SWEET MEMORIES」だけが)大村雅朗の代表曲として語られることにはかなり違和感を覚えていたものでした。もちろんすばらしい曲だけど。

ちなみに僕は「SWEET MEMORIES」はこの「Mr. Lonely」を下敷きにしているだろうと思っています。例のジェットストリームのテーマソングですね。




名曲を下敷きにすると名曲ができる、と大瀧さんが語っていましたがまさにその通り。ただし才能がなければ名曲を下敷きにしても名曲にはなりません。ところでさっき調べたら「Mr. Lonely」を下敷きにしているという指摘がネット上にたくさんありました。まあ、途中で同じメロディが出てきたりとかなりわかりやすいけど。


その大村雅朗さんの20年目の命日から数日後の7月7日に『作編曲家 大村雅朗の軌跡 1951-1997』という本が発売されたんですね。発行日は彼の命日6月29日になっています。この本が出るという情報を得てからどれほどこの日を待ちわびたことか。

a0285828_13044853.jpg


[PR]
# by hinaseno | 2017-07-19 13:05 | 音楽 | Comments(0)

青空の話だったので、次は雨空の話。

基本的には青空好き。でも、雨空も嫌いではありません。梅雨の後半の激しい雨はとても外に出られるものではないですが、梅雨入りした頃の雨というのはいいものですね。その頃には僕の好きな紫陽花も咲いていて。

紫陽花と雨と、そして傘をさしている人の組み合わせというのはなんともいいものです。

というわけで今年、梅雨入りが発表された日に読んだのが高橋和枝さんの『あめのひのくまちゃん』でした。物語も素敵だし、いい絵ばかり。

表紙の、傘をさして空を見上げているくまちゃん(くまくまちゃんではありません)の姿は何度見ても胸が締め付けられるような気持ちになってしまいます。そして、目の前には大きな紫陽花。

a0285828_12090434.jpg


これを読んだ日には、わが家の庭にも色づきかけた紫陽花が咲いていたのでそれを小さな瓶に入れて机に飾りました。

a0285828_12104178.jpg


そういえば『あめのひのくまちゃん』の家族はどうやらおかあさんぐまとこぐまの二匹暮らしみたいですが、実は今年になってときどき海外にいるくまの家族(ベア・ファミリー)からエアメールが届くようになりました。つい先日も。

a0285828_12105219.jpg


情報は全て音楽。専門はロックンロールとカントリー。ロックンロールとカントリーが好きなくまというのもいいですね。このくまの家族が届けてくれる音楽はとても信頼度が高いので、もう何十年もお世話になりっぱなし。

さて次は何を買おうか。


ところでここ数日雨が降っていないけど、もう梅雨は明けたのかな。ちょっと雨が恋しくなっています。


[PR]
# by hinaseno | 2017-07-16 12:11 | 雑記 | Comments(0)

ここで「青空のように」のシングル盤の歌詞カードに掲載された歌詞を。作詞はもちろん大瀧さん。


ニコニコ顔 しかめっ面 きみはお天気屋さん
笑顔が欲しい ぼくの心 いつでもきみのもの

猫の目 きみの顔  くるくる変るたび
ぼくの目は 風車 ぐるぐる回るよ

不機嫌な時を 御機嫌な時に
変えるために ほほえみかけておくれ

ニコニコ顔 しかめっ面 きみはお天気屋さん
笑顔が欲しい ぼくの心 いつでもきみのもの

気まぐれ お日様 雲の隙間から
片目をつぶって ごあいさつ

青空のように さわやかな気分に
させてくれる ほほえみ投げておくれ

ニコニコ顔 しかめっ面 きみはお天気屋さん
笑顔が欲しい ぼくの心 いつでもきみのもの

この「きみ」を「恋人」ととるならばこれはラブソングということになりますが(もちろんそうとっても全然構わない)、シングル盤のジャケットに大瀧さんの子供が写っていることを考えると、この「きみ」は大瀧さんの子供(写真に写っている息子さん。下の娘さんはこの時には生まれていたっけ?)と考えた方が自然でしょうか。ということで歌詞は子供が喜びそうな絵本っぽいというかマンガっぽいものになっていますね。

ちなみに『ナイアガラ・カレンダー』のオリジナルアルバムに入っていたプロダクション・ノートを見るとこの曲の「Dedication」としてこんな名前が記されています。


P、チビ、チイタン、ミスター・長島


「チビ」とはおそらくジャケットに写っている息子さん。確か「ゴー!ゴー!ナイアガラ」でも「うちのチビが」みたいな話をしていたような気がします。「チイタン」は娘さん、かな? 最初の「P」ってだれでしょう。スペクター・サウンドの曲を作ったということでフィル・スペクター(Phil Spector)のことでしょうか。最後には長島さんが入っていますね。このアルバムを作った1977年には長島監督率いる巨人はリーグ優勝しているみたいだけど、なんでここに長島さんの名が入っているんでしょうね。

まあ、長島さんはだれがみてもお日様のような人ですが。


さて、「青空」つながりの話。2008年2月に行われた『ナイアガラ・カレンダー』のインタビューで大瀧さんはこんなことを語っていました。聞き手は湯浅学さん。


湯浅:途中で入っている手拍子はどういう意図ですか。
大瀧:あれは「いつも青空(I Could Easily Fall)」(クリフ・リチャード)を入れなきゃまずいと思って」
湯浅:青空つながりで。
大瀧:千夜一夜も入れりゃよかったかな。(青空)球児・好児は入っているけど(笑)。デイヴ・クラーク・ファイヴも入ってる。いつも言うけど、世界中でデイヴ・クラーク・ファイヴと球児・好児を一緒にできるのはナイアガラだけだ(笑)。だから「いつも青空」のパチーンっていうのを入れないと三題噺として完結しないから。

「千夜一夜も入れりゃよかったかな」というのは青空千夜・一夜という漫才コンビのこと。青空一門というのがあったんですね。で、「(青空)球児・好児は入っている」と。

青空球児・好児といえば「ゲロゲ~ロ」が有名ですが、さすがにそこまでのおふざけはしていない。どういう形で青空球児・好児を入れているのか考えていたけど、結局わかりませんでした。

それからデイヴ・クラーク・ファイヴ。

デイヴ・クラーク・ファイヴには邦題に「青空」が入っているものがいくつかあるんですね。「You Got What It Takes(邦題:青空の恋)」、「Everybody Knows(邦題:青空が知っている)」、そして「A Little Bit Now(邦題:青空がちょっぴり)」。

正直言えばこれっていうのが見つかりませんでしたが、あえて探せばこの「Everybody Knows」でしょうか。この曲、1976年12月に放送された「ゴー!ゴー!ナイアガラ」のデイヴ・クラーク・ファイヴ特集でかかったもの。正確なタイトルは「Everybody Knows (I Still Love You)」。




この曲で効果的に使われている「ダ・ダ・ダ」というドラム。これが「青空のように」のイントロの最初に使われているのではないかと。


ところが、それをちょっと自慢げに書こうかと思ったらとんでもないことがわかりました。デイヴ・クラーク・ファイヴには「Everybody Knows」という曲が2曲あって「青空が知っている」という邦題がついている「Everybody Knows」はこちらの方だということがわかったんですね。




「青空のように」との接点はなさそうですね。

もしかしたら大瀧さんも「Everybody Knows (I Still Love You)」を「青空が知っている」だと勘違いして取り入れたのかもしれません。


いずれにしても結局、「青空のように」についてはなんら新しい発見というべきものはありませんでした。まあ、それもよしです。


それにしてもナイアガラの世界は奥が深い。


[PR]
# by hinaseno | 2017-07-14 13:08 | ナイアガラ | Comments(0)